fc2ブログ
 
  

ライプツィヒの1日:ICEはザクセンの大平原を疾走

2008年5月4日日曜日@ライプツィヒ/1回目

今年の旅はドレスデンDresdenとライプツィヒLeipzigとプラハPrahaが目的地。
今日はドレスデンの3日目です。

今日は丸1日、近くの町ライプツィヒに出かけます。何故、ライプツィヒかというと、バッハ、メンデルスゾーン、シューマン、ゲーテなどの由緒が深く、文化の薫り高い町で、音楽好きのsaraiには見逃せないからです。

これまで、ドイツに来ていても未体験のドイツ新幹線のICE(ドイツ語の発音でイーツェーエーっていいます)も合わせて、体験しましょう。ここドレスデンとライプツィヒを走っているICEは何種類かあるICEのうち、ICE-Tという旧東ドイツの旧式なカーブの多い区間を走る振り子型の電車ですが、車内の作りは他のICE2,ICE3などとそう変わらないようです(その後、色んなタイプのICEに乗りましたが、内部の作り、乗り心地は同等です)。
既にネットでDB(ドイツ国鉄)のサイトで往復ともファーストクラスの指定席をラウンドテーブル付き(3人分)を予約済です。セカンドクラスでもよかったのですが、日曜の往復チケットは50%割引だったので、これはラッキーと贅沢してしまいました。ただし、これがあとで若干のトラブルになります。

朝、早起きして、7時にホテルを出て、ホテルの近くの停留所からトラムに乗ります。ところが日曜はトラムの本数が少ないらしく、到着予定時間を表示する電光掲示板では20分近く来ないことになっています。もともと、次の停留所で乗り換える予定だったので、そこまで歩くことに。その停留所はDRESDEN MITTEというSバーンの駅でもあり、すぐ近くに見えていたので、数分で到着。ここは大きな乗換駅でトラムの停留所もいくつかあります。
ドレスデン中央駅に向かう筈の番号のトラムも停車していますが、無人に見えますし、第一、方向が違うようです。おかしいなと思い、近くに寄ってみましたが様子が分かりません。と、突如、この無人に見えたトラムが動き始めます。それもドレスデン中央駅とは逆の方向です。呆然としていると、トラムはその先の交差点で右折。ハッと気がつきます。きっと、このトラムは並行しているもうひとつの道に右折して、こっちに戻ってくるに違いありません。さっと、連れに合図しながら、トラムが戻ってくるであろう道に向かって、ダッシュ!! 何とかセーフ。予想通りです。あとはこのトラムがICEやSバーンが走る高架線に沿って、ドレスデン中央駅まであっという間に着きます。

2023051801.jpg



ドレスデン中央駅は初めてです。とても大きな駅です。トラムの停留所から駅の入口に向かって歩いていきます。

2023051802.jpg



ドレスデン中央駅は地図上では、ターミナル駅になっていませんが、実際はSバーンが通過するだけで、長距離のICEなどはターミナル駅の形式になっています。実はこれも間違いで、あとでプラハに移動するときにまごまごすることになるわけです。
駅に着いたのは、結果的にはかなり早い時間ですが、プラットホームには既にICEが入線しています。ドレスデンが始発なので、早めに入線していたのでしょう。流線形の美しい車体です。

2023051803.jpg



予約では車両番号は3桁ですが、実際は8両編成くらいで、予約車両は先頭車両です。予約席はやはりテーブルを囲む3人席でコンパートメントではありませんが、気楽です。

2023051804.jpg



発車時刻になると音もなく出発。スムーズです。ゆっくりとドレスデンの街が車窓に流れていきます。ほどなく、ICEはSバーンの線路とは離脱していきます。成程、納得。このICEは中央駅から北のほうに向かいますが、ドレスデンのもうひとつの駅、ノイシュタット駅には停車しないことになっています。それもその筈で、ノイシュタット駅を通過せずに、別の線路を通るわけです。実はsarai達が泊まっているホテルの脇に線路がありますが、この線路がそれでノイシュタット駅を迂回する線路です。何故、そんなシステムになっているか分かりませんが、ICEによって、ノイシュタット駅経由(経由すると必ず停車するらしい)するものとそうでないものがあるようです。ノイシュタット駅のそばのホテルにお泊りで乗降されるかたは注意がいりますね。因みに、帰りのICEはノイシュタット駅経由で停車しました。
すぐに車掌さんが検札にまわってきます。チケットを取り出しますが、チケットといっても、ネットのDBのサイトで予約した際に自宅のプリンタで印刷したA4の紙1枚(3人分で1枚)。それも往復で1枚。本当にこんなものでよいかと思いながら、差し出すと、これでOK。紙の一部に検札印を押しています。これであとはゆっくりとICEを楽しむだけ。記念に押し出しの立派な車掌さんと一緒に記念撮影。

2023051805.jpg



車窓にはエルベ川が見えています。昨日、エルベ川クルーズを楽しんだことが最早、古い記憶のようです。

2023051806.jpg



ドレスデンの街を出て、ほどなくすると、ICEは次第にスピードを上げていきます。ICEはザクセンの大平原をゆっくりと進んでいるような感覚ですが、車両の端にあるディスプレイの表示では、200kmに達します。まわりが広い平原のせいか余りスピード感はありません。

2023051807.jpg



やはり、鉄道の旅は楽しいものです。しばらく、初乗車のICEを楽しみましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR