fc2ブログ
 
  

ジルダを歌ったハスミック・トロシャンの清楚で美しい歌唱に魅了されまくりで素晴らしい公演 《リゴレット》@新国立劇場 2023.5.21

覚えていないくらい久々にこのヴェルディの中期の傑作オペラ《リゴレット》を聴きましたが、何とも素晴らしい出来にすっかり満足しました。ソプラノ好きのsaraiとしてはジルダを歌ったハスミック・トロシャンの清純な歌唱のとりこになってしまいました。アルメニア出身の美人ソプラノなんですね。まったく知らないソプラノですが、その澄み切った清楚な声はこのジルダにぴったり。第1幕の有名なアリア《慕わしい人の名は》は呆然として聴き入りました。そのほか、2重唱も4重唱も彼女の声が素晴らしく響き、超満足。それにしてもヴェルディの作ったどの曲も素晴らしいです。
無論、タイトルロールのリゴレットを歌ったロベルト・フロンターリの深い声、表現力も見事です。ですから、ジルダとの2重唱が最高に素晴らしかったんです。ただ、うっとりとして聴いていたと言えば、誤解されそうですが、ヴィクトル・ユーゴー原作のそれぞれの人物の彫りの深い描き方、そして、劇的なドラマ展開もじっくりと味わうことができました。このオペラの素晴らしさを初めて体験する思いです。
【マントヴァ公爵】のイヴァン・アヨン・リヴァスは出だしは少し金属的な響きにあれっと思いましたが、次第に声が落ち着き、素晴らしいテノールの歌唱を聴かせてくれました。
ということで、ジルダを中心に主要な3人の歌唱が素晴らしかったんですから、今日の《リゴレット》はよいに決まっていますが、おまけもついてきます。東フィルを振ったマウリツィオ・ベニーニの指揮がまさにプロフェッショナルなオペラ指揮者そのもので実に素晴らしく、その指揮する姿にも見入ってしまいました。歌手の歌唱にオケを合わせる絶妙さはもちろん、ここぞというところで煽り立てるような指揮の見事さ。ただ、大きな声で歌いながらの指揮はどうもね。まあ、愛嬌ですけどね。
演出はオーソドックスで美しい舞台装置、それに衣装も美しいです。あくまでも音楽を引き立てるという演出です。やはり、こういう演出が一番、音楽を楽しめます。
そうそう、今日も新国立劇場合唱団が素晴らしかったことを忘れずに言っておきましょう。ヴェルディのオペラには不可欠です。

ということで、今日もヴェルディの素晴らしさを満喫しました。前回の《アイーダ》以上に素晴らしい公演でした。新国オペラはドイツものも素晴らしいですが、イタリアものも素晴らしいです。海外に遠征しなくても、それなりにオペラが楽しめてハッピーです。


今日のキャストは以下です。

  ジュゼッペ・ヴェルディ
   リゴレット<新制作>  全3幕

  【指 揮】マウリツィオ・ベニーニ
  【演 出】エミリオ・サージ
  【美 術】リカルド・サンチェス・クエルダ
  【衣 裳】ミゲル・クレスピ
  【照 明】エドゥアルド・ブラーボ
  【振 付】ヌリア・カステホン
  【舞台監督】髙橋尚史
  【合唱指揮】三澤洋史
  【合 唱】新国立劇場合唱団
  【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団 コンサートマスター:近藤薫
  
  【リゴレット】ロベルト・フロンターリ
  【ジルダ】ハスミック・トロシャン
  【マントヴァ公爵】イヴァン・アヨン・リヴァス
  【スパラフチーレ】妻屋秀和
  【マッダレーナ】清水華澄
  【モンテローネ伯爵】須藤慎吾
  【ジョヴァンナ】森山京子
  【マルッロ】友清 崇
  【ボルサ】升島唯博
  【チェプラーノ伯爵】吉川健一
  【チェプラーノ伯爵夫人】佐藤路子
  【小姓】前川依子
  【牢番】高橋正尚

最後に予習について、まとめておきます。

以下のヴィデオを見ました。

メトロポリタンオペラ・ライヴビューイング

ヴェルディ:歌劇『リゴレット』全曲

 ピョートル・ベチャワ(マントヴァ公爵)
 ジェリコ・ルチッチ(リゴレット)
 ディアナ・ダムラウ(ジルダ)
 ステファン・コツァン(スパラフチーレ)、他
 メトロポリタン歌劇場管弦楽団&合唱団
 ミケーレ・マリオッティ(指揮)

 演出:マイケル・メイヤー

 収録時期:2013年2月16日
 収録場所:ニューヨーク、メトロポリタン歌劇場(ライヴ)

舞台を1960年頃のアメリカ、ラスヴェガスに移した演出ですが、これがピタッとはまっています。ダムラウのジルダが見事な歌唱力で印象的です。異色と言えば、異色のリゴレットです。偶然ですが、指揮のミケーレ・マリオッティは来月の東響のサントリー定期で聴きます。初聴きになります。シューベルトの《ザ・グレート》を指揮します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR