fc2ブログ
 
  

緊急報告:上高地、楽しみ尽くすも・・・疲れた!

昨日から新緑の上高地を訪れています。
今日は梓川周辺の景勝地を体力と天候の許す限り、歩き尽くすつもりです。

その前に今回の旅に参加した仲間の有志が朝4時に早起きして、穂高連峰の朝焼けを見ると張り切っています。無論、極端に朝の弱いsaraiは参加しませんが、配偶者は早起きして、参加。朝焼けはなかったそうですが、穂高の日の出の光景に満足したそうです。

2023060801.jpg



さて、フツーの朝に宿泊している帝国ホテルからハイキングに出発します。まず、梓川に出ると、田代橋でおサルさんのお出迎え。

2023060802.jpg



橋を渡り、梓川沿いに歩き、上高地観光のメッカ、河童橋に到着。朝から多くの人で賑わっています。

2023060803.jpg



河童橋の上からは、今日も雲一つない穂高連峰を見渡せます。昨日の田代池付近からよりもずっと近くて迫力があります。

2023060804.jpg



さて、これから明神池のほうに向かいますが、途中、飲食店がないので、ここで早めの昼食をいただきます。軽くお蕎麦をいただいて、エネルギー補給したところで出かけます。歩き始めるとすぐ、先ほどまで晴れ上がっていた穂高連峰に何と雲がかかってきます。

2023060805.jpg



では、これ以上先に進んでも景色が楽しめません。ここで戻ろうかと相談しているところに先に明神池に行っていた仲間の夫婦がちょうど戻ってきます。話によるとこの先に綺麗な水風景があるそうです。では、そこまで行って、引き返すことにしましょう。
歩いていると、何とまた、雲が晴れてきます。では、明神池まで行ってみましょう。途中、綺麗に整備されて遊歩道が続いています。尾瀬を思い出すような木道もあります。

2023060806.jpg



結局、頑張って、明神池まで歩き通しました。明神池には明神岳が映り込んで素晴らしい風景を作っています。これが見られただけでも歩いた価値がありました。

2023060807.jpg



嘉門次小屋で美味しいイワナの塩焼きをいただき、エネルギーを再充填したところで帰路に着きます。だんだん、お天気があやしくなりますが、無事、河童橋まで戻ってきます。穂高連峰にはすっかり雲がかかっています。

2023060808.jpg



最後はヘロヘロになりながら、ホテルにたどり着きます。途中、怖くて封印していた歩数計を見ると、何と2万5千歩も歩いていました。久々の2万歩超えです。
お風呂に入って、さっぱりしたところでベッドに倒れ込み、ぐっすり。
配偶者にディナーの時間だと起こされます。そうです。今夜は帝国ホテルのメインダイニングでフレンチのフルコースディナーをいただくんです。一夜限りの超贅沢!
ドレスアップして、メインダイニングで夢のような時間を過ごしました。
食後、部屋に戻った仲間から、次のようなLINEメッセージが届きました。このご夫婦は毎年、ヨーロッパで贅沢なグルメ旅をしているんです。

=======================

感動です〜

フランスなら
美食を求めて人がやってくる、
人里離れた美味しいレストランのあるホテル、という感じでしょうか?

帝国ホテル、を楽しみに来たのですが、
ここのレストラン、なんと、素敵
お料理も、ホント、おしゃれー♪

最高〜

舞い上がっています〜

=======================

明日は午前中、天気がよければ、歩き残した大正池を巡り、次の目的地、小海に向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!







関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR