fc2ブログ
 
  

マイセン:マイセン大聖堂とアルブレヒト城

2008年5月5日月曜日@ドレスデン~マイセン/5回目

今年の旅はドレスデンDresdenとライプツィヒLeipzigとプラハPrahaが目的地。
今日はドレスデンの4日目です。

今日はモーリッツブルグ城Schloss Moritzburgというドレスデン郊外の狩猟の館を訪れた後、急遽、マイセンMeißenまで足を延ばしました。

マイセンの旧市街から丘の上にあるアルブレヒト城Albrechtsburg Meissenまで登ってきました。
お城と隣り合わせているマイセン大聖堂Dom zu Meißenです。

2023061101.jpg



この丘の上からはエルベ川を見下ろす風景が望めます。エルベ川のクルーズ船が停泊していますね。

2023061102.jpg



折角来たので、アルブレヒト城と大聖堂の内部をチケットを購入して、見学することにします。コンビチケットを購入します。

2023061103.jpg



まず、大聖堂の内部に入場。ゴシック様式の高い天井の空間です。

2023061104.jpg



大聖堂の内部は比較的、簡素です。ステンドグラスの美しさが印象的です。

2023061105.jpg



次にアルブレヒト城の内部に入ります。仄暗い広い空間広がっています。

2023061106.jpg



お城の中は壁画などの素晴らしい装飾が施されていて、今は博物館のようになっています。

2023061107.jpg



天井のアーチ状のヴォールトが見事です。

2023061108.jpg



お城には小部屋もあります。かつて、錬金術師のベドガーがこの城に幽閉されて、白磁のマイセン陶磁器を開発させられたことを思い起こさせます。

2023061109.jpg



ということで、ここでの見学は早々に終えて、本命のマイセン陶磁器工房に急行しましょう。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!









関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR