fc2ブログ
 
  

旅の最終日、プラハ城へ。

2008年5月7日水曜日@プラハ/1回目

今年の旅はドレスデンDresdenとライプツィヒLeipzigとプラハPrahaが目的地。
今日はプラハの2日目、旅の最終日です。

この日がプラハの最終日で、この旅もおしまい。今夜のプラハ発の飛行機に乗り、フランクフルト経由で日本に帰ります。最後は少し気が緩んで、朝もゆっくりします。今回の旅はホテルの朝食が全て付き、ずっとビュッフェ形式で美味しくて、満足です。

2023063001.jpg



朝食をたっぷりいただいたところで元気に出かけましょう。
その前にホテルをチェックアウトするために部屋を片付けて、荷物をまとめましょう。
部屋は剥き出しの煉瓦の壁で、清潔なベッドが置かれています。

2023063002.jpg



今更ながら、この部屋にはちゃんとバスタブがあります。なかなか、よいホテルでした。

2023063003.jpg



片づけるといいながら、それは配偶者の担当で、saraiは最後までPCを開いて、情報検索にいそしんでいました。駄目ですね。(配偶者にごめんなさい!)

2023063004.jpg



窓の外は絶好の青空です。いい加減、出かけましょう。

2023063005.jpg



ホテルから通りに出たところが丁度、トラムの停留所、ホレショヴィッチェ駅Nádraží Holešoviceです。まだ、昨日購入した1デイチケット(というよりも24時間有効チケット)が使えるので、そのまま、乗車。昨日の帰りはカレル橋の旧市街側の停留所からホレショヴィッチェを通る路線のトラムでしたが、今日はプラハ城Pražský hradに行くので、ホレショヴィッチェからヴルタヴァ川のプラハ城寄りに走る路線、12番のトラムに乗ります。プラハはいろんな路線のトラムが走り、路線図さえあれば、地下鉄よりも便利です。街自体もそう大きくないので、なおさらです。なお、トラムやバス、もちろん、地下鉄の路線図や時刻表はネットで公開されており、日本で事前にプリントしておきました。準備が肝要ですね。さて、トラムはスムーズに走り、結構、狭い道を登っていきます。最寄の停留所、マラー・ストラナ広場Malostranské náměstíに着きます。近くには聖ミクラーシュ教会Kostel sv. Mikulášeがあります。プラハで最も有名なバロック建築の教会です。教会では18世紀製作のパイプオルガン・コンサートが年間を通して開催されています。入口にコンサートの垂れ幕がかかっています。

2023063006.jpg



ここから歩いてプラハ城を目指します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR