fc2ブログ
 
  

濃厚なロマンに満ちたブラームスの弦楽五重奏曲をカルテット・アマービレが熱演@ハクジュホール(Hakuju Hall) 2023.7.11

ハクジュホールで進行中のBRAHMS Plusシリーズの4回目。2回目までは聴き逃がしましたが、第3回目以降は聴いています。
今回はモーツァルトとブラームスの弦楽五重奏曲を中心としたプログラムです。

最初はモーツァルトの弦楽四重奏曲 第21番。安定したアンサンブルでモーツァルトの名曲を好演。うっとりと魅了されました。

次はモーツァルトの傑作中の傑作、弦楽五重奏曲 第4番。この名作は実演で聴けそうで聴けないもので、saraiの記憶のある限り、ライナー・キュッヒルとウィーン・フィルのメンバー、ミッシャ・マイスキーという豪華メンバーの演奏を聴いただけです。今日のカルテット・アマービレの演奏は第1楽章が早めのテンポで哀愁に満ちた音楽を奏でて、なかなかの演奏。第2楽章も雰囲気に満ちた美しい演奏。そして、第3楽章は抒情に満ちた抑制的な演奏で味わい深いもの。第4楽章は冒頭の悲哀に満ちた演奏に惹き付けられ、その後、一転して、明るい表情の美しい演奏で進行して、あっさりとフィナーレ。魅力にあふれた演奏でした。

後半はいつものように女性3人はドレスを着替えて登場。前半のモーツァルトとはまったく別のアンサンブルで、ブラームスの重層的な深い響きを聴かせてくれます。ともかく、ブラームスの弦楽五重奏曲 第1番の第1楽章の濃厚なロマンの響きに圧倒されました。各楽器で旋律がリレーされるように表現され、それぞれの味わいの深さにうっとりと魅了されます。中でもヴィオラの中 恵菜の演奏は白眉。中低域のアンサンブルが支えた構築性のある音楽はブラームスならではの素晴らしさを感じます。長大な第2楽章は緩徐楽章ですが、その抒情の深さに加えて、テンポの早い中間部での変化で、複雑な色合いを出しています。最後の第3楽章は田舎のお祭りのような賑わいを感じさせる意外性に満ちた音楽。ブラームスの諸相をたっぷりと堪能させてもらいました。

アンコールのモーツァルトは本編の演奏以上にとても美しい演奏で、単独で聴くとモーツァルトの天才性を感じさせてくれるものでした。

カルテット・アマービレの充実ぶりは今日もたっぷりと味わうことができました。彼らの今後にさらなる期待を寄せましょう。


今日のプログラムは以下です。

  カルテット・アマービレ BRAHMS Plus 〈 Ⅳ 〉

  弦楽四重奏:カルテット・アマービレ
   篠原悠那vn   北田千尋vn   中 恵菜va   笹沼 樹vc
  ヴィオラ:村上淳一郎

  モーツァルト:弦楽四重奏曲 第21番 ニ長調 K.575
  モーツァルト:弦楽五重奏曲 第4番 ト短調 K.516

   《休憩》

  J.コズマ(武満徹編):枯葉
  ブラームス:弦楽五重奏曲 第1番 ヘ長調 op.88

   《アンコール》
   モーツァルト:弦楽五重奏曲 第4番 ト短調 K.516 から 第3楽章 変ホ長調 Adagio ma non troppo


最後に予習について、まとめておきます。

1曲目のモーツァルトの弦楽四重奏曲 第21番は以下のCDを聴きました。

  アマデウス四重奏団 1969年 ベルリン セッション録音
 
定番中の定番。素晴らしいです。


2曲目のモーツァルトの弦楽五重奏曲 第4番は以下のCDを聴きました。

 アマデウス四重奏団、セシル・アロノヴィッツ  1969年9月、ベルリン、ミヒャエルスハイム セッション録音
 
これまた素晴らしいモーツァルト。アマデウス四重奏団の見事な演奏に耳を傾けるまでです。


3曲目のJ.コズマ(武満徹編)の枯葉は音源の見当がつかず、予習していません。


4曲目のブラームスの弦楽五重奏曲 第1番は以下のCDを聴きました。

 アマデウス四重奏団、セシル・アロノヴィッツ  1968年4月、ベルリン セッション録音
 
これもアマデウス四重奏団の演奏で聴きました。素晴らしい演奏です。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!








関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       カルテット・アマービレ,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR