fc2ブログ
 
  

対照をなすベートーヴェンの交響曲、第6番と第5番を完璧に表現 広上淳一&新日本フィルハーモニー交響楽団@ミューザ川崎シンフォニーホール 2023.8.6

今日、満員の聴衆のほとんどは井上道義の最後になるかもしれないベートーヴェンの交響曲第6番と第5番の演奏が聴きたくて、チケットを買った人たちでしょう。saraiもその一人です。普通はこの有名曲の組み合わせのコンサートはウィーン・フィルの来日公演とか、よほどのことがなければ、敬遠するでしょう。残念ながら、井上道義氏は急病で入院されて、タクトを振れなくなりました。幸い既に退院されて元気になられたようなので、もしかしたら、またの機会があるかもしれません。
ということで、今日は普通はチケットを買わないコンサートになってしまいました。ところが、何と井上道義の当初のたくらみがそのまま踏襲されて、素晴らしいコンサートになりました。当初のたくらみというのは、交響曲第6番は第1ヴァイオリン・第2ヴァイオリンがそれぞれ6人ずつという小編成のオーケストラによる演奏。交響曲第5番は16型の大編成のオーケストラによる演奏で弾き比べをするというものです。ここで気付かれたかたはいると思いますが、第6番はオリジナル演奏、第5番はモダン演奏で弾き分けるのかということです。井上道義の当初のたくらみは分かりませんが、実は編成は違っていてもどちらもモダン演奏だったんです。意外に井上道義の当初のたくらみもその路線だったかもしれません。それはそれで意外性がありますものね。

最初の第6番《田園》は小編成ですが、新日本フィルの弦がよく鳴って、小編成とは思えない響き。それでいて、小編成のメリットであるアンサンブルがすこぶる揃って、素晴らしく美しい演奏です。広上淳一の指揮も見事で活き活きとした演奏で、第6番のふわっともたつくところもなく、気持ちよく聴けます。特上レベルの演奏です。第1楽章、第2楽章は美しい響きに聴き惚れて、第3楽章からは追加の金管も加わって、響きがリッチになります。さすがに第4楽章は大編成オーケストラのような迫力は不足しますが、その分、アンサンブルが美しく響きます。第5楽章は金管も加わったままの響きで、美しく荘厳な響きで厳粛な音楽が奏でられました。
素晴らしい演奏に魅了されました。

後半の第5番《運命》は16型の大編成オーケストラ。ミューザ川崎の広いステージがオーケストラに埋め尽くされます。先ほどの倍以上の編成。ベートーヴェンが想定していなかったスケールの大オーケストラです。では響きも倍以上のレベルかというと、そんなことはありません。それはそうですね。先ほどは小編成でばりばり弾いていた弦も大編成だと余裕の演奏で抑えて響きを調整しています。ですから、大編成とは思えない素晴らしいアンサンブルで完璧に揃った演奏を展開します。第1楽章はトゥッティが多いですが、驚異的に揃った演奏です。逆に言うと、こんなに大編成にしなくても、小編成でも十分に響きは確保できる印象です。よく考えてみれば、マーラーやブルックナーのような大編成の音楽と違い、ベートーヴェンは古典派の音楽ですから、大編成のオーケストラは必要ないことが納得できます。てなことを考えながら、第3楽章まで聴いていました。第5番はハ短調に始まり、ハ長調に転じる勝利の方程式の開祖となる音楽です。第4楽章に至り、すべての悩みは解消されて、高らかに勝利の音楽に帰結します。ここで大編成オーケストラの能力は一気に開放されます。凄い迫力です。そして、アンサンブルもぴたっと揃っています。怒涛の迫力でコーダがこれでもか、これでもかと歌い上げられます。

成程ね。第6番は小編成で穏やかに音楽が展開し、第5番は大編成で怒涛のコーダに流れ込むというわけです。名曲のつぼを押さえた井上道義のたくらみはそのあたりにあったんでしょうか。井上道義の指揮であったとしても、大筋はこんな演奏だったのかな。でも、音楽の深さはそれだけではありませんね。やはり、井上道義の指揮で聴きたかった・・・。


今日のプログラムは以下です。

  フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 2023

  指揮:広上淳一(井上道義の代演)
  管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団  コンサートマスター:崔文殊

  ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調 「田園」 Op. 68
  
   《休憩》

  ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 「運命」 Op. 67


最後に予習について、まとめておきます。

ベートーヴェンの交響曲第6番/第5番は以下の録音を聴きました。

 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィル 1954年5月23日、ベルリン、ティタニア・パラスト ライヴ録音
  (TAHRA、「残響付加無し、24bitリマスター盤」4枚組FURT1054/57)

フルトヴェングラーの最晩年のこの2曲(ベートーヴェンの交響曲第6番/第5番)の最後の録音です。ベートーヴェンの交響曲で数々の名演を残したフルトヴェングラーですが、最晩年は枯れた芸風になります。saraiはそれを好んでいます。フルトヴェングラーはとりわけ、ベートーヴェンの交響曲第3番/第5番/第9番で途轍もない名演を残しており、第5番《運命》は全部で12種類の録音が残っています。すべてが聴き逃がせない名演ばかりです。1926年のベルリン・フィルに始まって、この1954年のベルリン・フィルとの最後の録音まで、ほぼ30年の軌跡です。
フルトヴェングラーのベートーヴェンの交響曲第5番の一連の録音の詳しい感想は以下のブログ記事に書きました。

 https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-245.html



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!









関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR