FC2ブログ
 
  

ネーメ・ヤルヴィ+ウィーン交響楽団@ウィーンコンツェルトハウス 2011.4.9

さて、今日のコンサートの報告です。
先ほど偵察したコンツェルトハウスです。初めて中にはいります。今日はウィーン交響楽団の演奏会で指揮はネーメ・ヤルヴィ。CDでだけは特にショスタコーヴィチの交響曲を聴いてきた大指揮者です。あのころは彼の新しいショスタコーヴィチのCDを心待ちにして、聴いていました。当時はショスタコーヴィチ演奏の大本命でした。

ところで彼の息子のパーヴォとクリスティアンも若手のばりばりの指揮者です。息子たちの生演奏は聴いていますが、肝心の父親の生演奏は初めて。期待してしまいます。

今日のプログラムは前半が北欧音楽。

 ・グリーグ:抒情組曲
 ・スヴェンセン:弦楽合奏のための2つのスウェーデン民謡
 ・シベリウス:交響詩「クオレマ」より
         第2曲《鶴のいる風景》
         第1曲《悲しきワルツ》
 《アンコール》
 ・シベリウス:アンダンテ・フェスティーヴォ

後半は休憩をはさんで

 ケルビーニ:レクィエム ハ短調

ウィーン風の美しい弦の音色とネーメ・ヤルヴィの骨太かつ繊細な指揮がぴたっと合い、素晴らしい演奏でした。特にアンコールのシベリウスの素晴らしさには感動してしまいました。初聴きの曲だったにもかかわらずです。弦の響きと指揮が見事にマッチしての奇跡の演奏ともいえます。

さて、最初の北欧音楽はもともと抒情的な曲ばかりで、情緒に流された演奏だとBGM風にしかなりません。ネーメの指揮は芯の通った抒情性なので映画音楽のようにやわな音楽にはなりません。ウィーン交響楽団の美しい弦の響きをいかしつつ、底に秘めた音楽の本質をしっかりとつかみだしてきます。
特に顕著だったのが、《悲しきワルツ》です。息子のパーヴォは何故か、どんなオーケストラを指揮しても決まってアンコール曲は《悲しきワルツ》。演奏は美しいのですが、今日のネーメの演奏を聴いていると、パーヴォは若さの勢いで美しいだけの音楽にしていたことに気が付きました。ネーメは抑えた表現で内面的なやるせなさからくる抒情を見事に表現していました。これが年輪でしょうか。そして、その演奏に魅了されていると、突如、アンコール曲のアンダンテ・フェスティーヴォで一気に美しさの極みをウィーン響の弦から引きだしてしまいました。感涙ものの演奏でした。

後半のケルビーニ。初めはなぜこんなにマイナーな曲を選んだのか不思議でしたが、実に美しいレクィエムで聴き入ってしまいました。心に沁みとおってくるような演奏でとくに静かな部分は最高でした。特に変わった曲ではありませんが妙に胸をうつのはなぜだったんでしょうね。いずれにせよ、ウィーンでこそ聴けた曲で有り難いことでした。

パーヴォも頭で考えすぎることをやめて早く父親の域に達すればいいのにとsaraiの年相応の感想をいだいた素晴らしいコンサートでした。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR