FC2ブログ
 
  

いざ、マドリッド:ミュンヘンで豪雨、お蔭で深夜過ぎに超遅れてマドリッド入り

2014年5月26日月曜日@東京~マドリッド/2回目

羽田空港からミュンヘン空港までのフライトは出発から9時間以上が経過し、いよいよヨーロッパ大陸に近づいていきます。
これまでは窓のブラインドを閉めさせられたのでなかなか外の様子が分かりませんでしたが、シベリヤはずっと真っ白だったようです。しかし、ヨーロッパ大陸の上空に出ると、上天気で景色が楽しめます。


Ia4jDDZBvl7428.jpg



バルト海沿岸です。海岸線が美しいですね。


15edV0FgyZ63b7.jpg



すっかり大地は緑で覆われています。大陸の上を飛行していくと、雲が増えてきました。


RArqTVjvzZc161.jpg



また、海岸線に出ました。これは砂洲でしょうか。とても綺麗な地形です。


0ZO7q_IMozb859.jpg



2度目の食事は、前回のお詫びということで先に配られ、和食がゲット出来ました。牛肉の筑前煮です。


vpAPyoIlEob8d2.jpg



そろそろミュンヘンが近づいてきました。ドナウを飛び越え、どんどん降下します。この辺りのドナウ川は蛇行しています。


U30AxrCF0n8a00.jpg



雲が増え、機内アナウンスではミュンヘンは小雨とのこと。降下していくと、美しい田園風景が広がります。


8VG_qEjXZz2b3c.jpg



ミュンヘン空港に無事に到着。雨は降っていませんでした。これがミュンヘンまで乗ってきたルフトハンザのエアバス340-600です。


o2A8ssy7hg0ff9.jpg



マドリッドへの乗り換えで、広大なミュンヘン空港内を移動します。


Cv5MELVL_61e0d.jpg



空港内を歩いていると、雷と共にものすごい雨が降ってきました。良かったね、こんな雨の中の着陸でなくて。このときはまだ笑顔でいられた配偶者でした。


WdiigaX64Ob9d5.jpg



マドリッドへの出発までには止んで欲しいな。ルフトハンザの無料飲み物を頂きながら、待合室でブログを書きながら出発を待ちます。
自分の都合の良いことを考えていましたが、豪雨で離発着が難しく空港が全面ストップしたようで、軒並み遅れが発生。どの飛行機も既に出発が30分以上遅れています。


3okaB2O30nbf28.jpg



しばらくすると、ほとんどDELAY(ドイツ語ではVerspätet)の5文字が表示されるようになりました。マドリッド行も同様に2時間半の遅れ。私達のマドリッド行きは、リンツからの機材を使用とのことで、大幅な遅れとなってしまいました。日本時間で言えば、もう深夜を過ぎました。ホテルに着くのは早くても真夜中の12時過ぎと観念。ホテルのチェックインが心配になります。ホテルの締め出しをくらったらたまりません。思い余って、ミュンヘン空港から、チェックインが遅れる旨をマドリッドのホテルまで携帯で国際電話。ホテルのスタッフからノープロブレムという返事が返ってきたときには嬉しかったです。
後はただただ出発のアナウンスを待ちます。周りの人達も観念して、静かに椅子に座っています。


sTa3QteIE6412c.jpg



やがて空港の離発着が始まり、saraiは窓の外を見ながらリンツからの機材の到着を祈るような気持ちで待ち続けていました。ずい分待ちましたが、どうやらこれがリンツからの飛行機のようです。やったね。


D1x3wiabz2ebff.jpg



ようやく、マドリッドへの飛行機の出発準備が始まりました。


BIum5F4KwF1be9.jpg



搭乗開始のアナウンスがあったときには、盛大な拍手が起きました。乗客は皆黙々と搭乗口に向かって動き、搭乗完了。離陸のゴーサインが出るまでまた待たされましたが、遂に出発です。飛び上がってからも、気流の乱れでサービスが滞ります。3時間ほどのフライトですが、それでも温かい食事がでました。


W2FYn8poljd160.jpg



もう食事をしてるのか寝てるのか・・・の感じでマドリッドに到着しました。空港はもはや閑散としています。


sZ39PlcWfzecb0.jpg



荷物は無事にゲット出来ました。ヨーロッパ時間でも深夜を過ぎました。当初は地下鉄を乗り継いでホテルに向かうつもりでしたが、そんな状況ではありません。配偶者は単純にタクシーにのせてもらえそうだと喜んでいます。人のよさそうなタクシードライバーのおじさんがホテルを見つけてくれて、無事にチェックイン。真夜中12時半でした。


hqJU3Hce048372.jpg



ホテルは街の中心のグランヴィア通りから路地にちょっと入ったところにあるPetit Palace Cliper - Gran Viaです。名前のとおり、こじんまりしたホテルです。部屋は清潔で綺麗な部屋。今日から3泊します。


9P1YmO5vEsb1e3.jpg



書きもの机は使いやすそうです。早速、無料のWIFIに接続。ブログをアップして、無事に到着のメールを出します。


MweKeOnZVj2fdc.jpg



これで長い1日が終わりました。実に長い1日で疲れたので、最低限のことだけやってぐっすり眠ります。

明日はセゴヴィアで豚の丸焼きを食べて、夕方からプラド美術館の予定です。




↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR