FC2ブログ
 
  

スペイン鉄道の旅:セヴィーリャを出発

2014年6月2日月曜日@セヴィーリャ~バルセロナ/1回目

旅の8日目です。今日はセヴィーリャからマドリッド、ヴァレンシアを経由してバルセロナまで鉄道で大移動します。スペイン国鉄RENFEのご自慢の高速列車を乗りまくります。今日は1日、俄か鉄ちゃんになります。
スペインの端から端までの鉄道移動を地図で確認しておきましょう。
 ① セヴィーリャからマドリッド
 ② マドリッドからヴァレンシア
 ③ ヴァレンシアからバルセロナ

2015030501.jpg


一気に高速列車でセヴィーリャからバルセロナまで行く手もあったんですが、何だかつまらないし、それに高価なんです。地中海沿いの路線も走りたかったし、ヴァレンシアでパエリアも食べたいということで、このルートにしました。早朝乗って、夕方に到着します。

セヴィーリア出発は7時45分で少々早いですが、駅はホテルの目の前ですから、それほど大変ではありません。7時半に部屋を出れば良いでしょう。と考えたのが甘かった。ホテルのチェックアウトはすぐにでき、ホテルを出たのは発車10分前。ところが見えている駅が遠~い。駅の構内が広~い。ホームに出て、荷物の検査を済ませ、チケットを見せてホームの時計を見たら発車1分前。今日乗るスペイン国鉄RENFEの誇る高速列車AVEのCLUBという最高級クラスの車両は一番前です。長~いホームを走りました。入り口でスタッフの女性がこちらを見ているので、置いて発車はしないだろうとは思いましたが、焦りました。列車に飛び乗ると同時に発車しました。今日は3本の電車を乗り継ぐのに、ここで乗り遅れたらどうしようもありませんね。
この列車のチケットはこれ。セヴィーリャからマドリッドまで、たった2時間20分。料金は1人95ユーロとお高いですが、最高級クラスのシートです。それにネットで早目に購入したので、大変な割引料金なんです。

2015030502.jpg


席につくと、早速ウエルカムドリンクです。美味しいヴァレンシアオレンジを飲んで一息つきます。

2015030503.jpg


AVEはセヴィーリャの街を颯爽と駆け抜けていきます。

2015030504.jpg


ほんの5分ほどで街を通り抜け、郊外の畑の中に出ます。

2015030505.jpg


朝日を浴びる緑の畑の中を走り抜けていきます。

2015030506.jpg


車内を見回すと、さすがに早朝の電車は空いています。

2015030507.jpg


車内の状況を見定めて、saraiは配偶者に4人がけの席に移れないかなと提案。この列車はマドリッドまでノンストップだから、今空いている席には誰も来ないはずですからね。配偶者もそりゃ4人がけの方がゆったり出来るし見張らしも良いよねって、同意。その方向で考えましょう。
そんなこんなしているときもAVEは高速でひた走り、朝日の野原を駆け抜けていきます。

2015030508.jpg


どこまでも広い平原です。

2015030509.jpg


saraiが乗務員から許可をもらい、4人がけの席に移動します。良い判断でしたと配偶者からお褒めの言葉。
見晴らしの良くなった席で前方を見ると、ちょうどアンダルシアの朝日が上ってくるときでした。少し眩しいですが、我慢して車窓の眺めを楽しみましょう。

2015030510.jpg


コルドバへ向かいますが、車窓にはヒマワリ畑が現れます。

2015030511.jpg


アンダルシアのヒマワリもこれで見納めでしょう。しっかりと心に刻み付けておきます。

2015030512.jpg


4人がけの席はゆったりしているだけではなく、テーブル付きで何かと便利です。

2015030513.jpg


テーブルの照明まで付いています。

2015030514.jpg


白い建物が密集する街を通り過ぎていきます。コルドバの街でしょう。本当は途中下車して、メスキータくらいは見ておきたかったのですが、限られた時間の旅であれもこれもと欲張るのは無理ですね。車窓からの眺めだけで満足します。

2015030515.jpg


快適な鉄道旅はまだ始まったばかり。AVEの旅を満喫します。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR