FC2ブログ
 
  

サロネン&フィルハーモニア管の素晴らしいシベリウス・・・ヒラリーは?@みなとみらいホール 2015.3.8

ヒラリー・ハーンのヴァイオリンを聴きたくて、サントリーホール、今日のみなとみらいホールと2度もコンサートに足を運びましたが、結果、サロネンの創り出したシベリウスの音楽にすっかりと魅了されることになりました。サントリーホールでのシベリウスの交響曲第5番は最高の出来でしたが、今日の交響曲第2番も素晴らしい音楽を聴くことになりました。サロネンのシベリウスはスコアの隅々まで把握し、自信にあふれた指揮を見せてくれます。そのサロネンのスケール感と繊細さに満ちた指揮に鋭敏に反応したフィルハーモニア管弦楽団の演奏も見事でした。最高のシベリウスが聴けました。おまけにアンコール曲の《悲しきワルツ》はサントリーホールでの演奏と同じく、パーフェクトな音楽。響きも音楽的な表現もこれ以上の美しさは考えられないほどです。以前聴いたネーメ・ヤルヴィの演奏も素晴らしかったですが、それを上回る出来にうっとりと聴き入りました。前半で演奏された《フィンランディア》、サントリーホールでの《トゥオネラの白鳥》、いずれも素晴らしい演奏でした。サロネンのシベリウスにどっぷりとつかり込んで、幸せな時を過ごしました。

ところで肝心のヒラリー・ハーンのヴァイオリンですが、サントリーホールでの残念な演奏に比べると雲泥の出来。いつものヒラリーが戻ってきたと言いたいところですが、そこまでの演奏ではありませんでした。第2楽章での美しい響きには陶然としましたが、全体として、感銘を受けるまでの演奏ではありませんでした。ヒラリー・ハーンも人間ですから、こういう時期もあるのでしょう。次回の来日での素晴らしい演奏に期待しましょう。

ところで、今日のプログラムは以下です。

  指揮:エサ=ペッカ・サロネン
  ヴァイオリン:ヒラリー・ハーン
  管弦楽:フィルハーモニア管弦楽団

  シベリウス:交響詩「フィンランディア」Op.26
  ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.77
   《アンコール》J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番 から「ジーグ」

   《休憩》

  シベリウス:交響曲第2番 ニ長調 Op.43

   《アンコール》
     シベリウス:悲しきワルツ


ヒラリーにつられて、シベリウスイヤーの今年、サロネンの最高に素晴らしいシベリウスが聴けました。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!

関連記事
       ヒラリー・ハーン,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR