FC2ブログ
 
  

琵琶湖逍遥:三井寺の美しい建築 2015年3月

第2日目(4回目)、堅田の路地散策を終えて、本当は琵琶湖一周に向けて北進する予定でしたが、天候が思わしくないために延期して、今日はこれから三井寺に向かいます。

先ほど走った道を戻ります。途中、大きな建物があります。琵琶湖のボートレース場です。建物の裏に水路があるようです。

2015031501.jpg


浜大津駅前の交差点に差し掛かると、目の前を坂本行の京阪電車が出ていくところでした。ちょうど1年前にこの電車に乗って、坂本経由で比叡山に上ったことを思い出します。

2015031502.jpg


三井寺の駐車場の場所が分からずちょっとうろうろしましたが、何とか門前の大きな駐車場に車を入れ見学開始です。駐車料金は500円もとられました。

2015031503.jpg


参拝入り口の仁王門の前に行き、配偶者が参拝料金を支払いに行きます。saraiは仁王門を観察。

2015031504.jpg


仁王門の横には境内の案内図があり、おおよその参拝ルートを頭に入れます。仁王門を起点に釈迦堂、金堂、三井の晩鐘、・・・と参拝順番が1から順にふられていて、分かりやすいです。

2015031505.jpg


仁王門は徳川家康によって、甲賀の常楽寺から移築し寄進された歴史あるものです。堂々たる門構えです。

2015031506.jpg


仁王門というからには門の中に仁王像があるだろうと思って近づくと、鳥よけの網に囲われて仁王像が見えます。これは左側。

2015031507.jpg


こっちは右側。

2015031508.jpg


門を抜けて境内に足を踏み入れると、配偶者が参拝券と案内パンフレットを手に戻ってきました。ご苦労様。
境内に入ったところで振り返って仁王門を見ると、仁王門は既に入り口ではなく出口になっています。当たり前か・・・。

2015031509.jpg


仁王門を入って右手には、釈迦堂の優美な姿が見えます。仁王門も釈迦堂も重要文化財の指定を受けている建物です。釈迦堂は室町初期の建築というのですから古いですね。

2015031510.jpg


ちょっと近寄って、美しい建物を眺めましょう。日本建築は屋根の優美な曲線が見事ですね。かなりの芸術家がデザインしたのでしょう。

2015031511.jpg


参道を進んでいくと、石段とその先に金堂が見えてきます。

2015031512.jpg


石段の手前には、お決まりの手水があります。saraiは手水の習慣がないので、そのまま素通り。

2015031513.jpg


石段の下から金堂を見上げます。威圧感とか重厚さはあまり感じない美しい建物です。これが仏教の特徴かもしれません。キリスト教の巨大なカテドラルとは対極にあるようです。

2015031514.jpg


石段を上がって、間近に金堂の姿を見ます。四隅の屋根の反りが実に美しく感じられます。現在の建物は北政所によって、慶長四年(1599年)に再建されたものです。桃山時代を代表する建築で国宝に指定されています。

2015031515.jpg


屋根組を仔細に眺めますが、見事なものだと感嘆します。

2015031516.jpg


金堂の傍らには鐘楼があります。近江八景の《三井の晩鐘》として知られる銘鍾です。宇治の平等院、高雄の神護寺とともに日本三銘鍾に数えられています。慶長七年(1602年)に再建されたものです。これまた、姿が美しいですね。

2015031517.jpg


金堂の前には印象的な石灯篭が立っています。何か気になる石灯篭です。

2015031518.jpg


石灯籠の前から金堂を眺めます。先ほど石段を上ったところは金堂の正面ではなく、周り込んだこちらが金堂の正面でした。

2015031519.jpg


真正面から金堂を眺めます。手前の三つの石灯籠を従えて、金堂の姿が本当に美しいです。完璧とも言っていいフォルムに感動します。

2015031520.jpg


これから金堂の中も拝観しましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR