FC2ブログ
 
  

年末も・・・ネトレプコ

思いがけず、年末にNHKからビッグプレゼント。
よく内容の分からないまま録画してみれば、なんと!

オペラ・ガラ・コンサート in バーデン・バーデン祝祭劇場
 2007年7月28、31日、8月3日

で、出演は超豪華な

アンナ・ネトレプコ
エリーナ・ガランチャ
ラモン・ヴァルガス
リュドヴィク・テジエ

特に人気・実力最高のソプラノのネトレプコは言うに及ばず、メゾ・ソプラノで一番の注目株のガランチャが出演とは! 彼女たちの初共演だったそうです。来年のゴールデンウィークのウィーンでは、カルメンで彼女たちの共演がオペラファンの間での最大の話題といっても過言ではありませんが、こんなかたちで実現していたのですね。
ところで、この放送を見逃されたかたは既にDVDが出ていますから、ご安心を。

当日の曲目は

・ベッリーニ:『ノルマ』より「清らかな女神よ」
  ネトレプコ
・サン=サーンス:『サムソンとデリラ』より「あなたの声にわが心は開く
  ガランチャ
・ドリーブ:『ラクメ』より「花の二重唱」
  ネトレプコ、ガランチャ
・ドニゼッティ:『愛の妙薬』より「人知れぬ涙」
  ヴァルガス
・ビゼー:『カルメン』より「闘牛士の歌」
  テジエ
・ビゼー:『真珠とり』より「聖なる神殿の奥深く」
  ヴァルガス、テジエ
・ベッリーニ:『ノルマ』より
 聞いて、ノルマ
  ネトレプコ、ガランチャ
・ベッリーニ:『清教徒』より「お前を失ってしまった」
  テジエ
・ロッシーニ:『チェネレントラ』より「不安と涙のうちに生まれ」
  ガランチャ
・ヴェルディ:『ドン・カルロ』より「共に生き、共に死ぬ」
  ヴァルガス、テジエ
・ヴェルディ:『ルイザ・ミラー』より「静かな薄明かりの夕べに」
  ヴァルガス
・ヴェルディ:『ドン・カルロ』より「終わりの日は来た」
  テジエ
・プッチーニ:『ラ・ボエーム』より「ああ、麗しの乙女」
  ネトレプコ、ヴァルガス
・ヴェルディ:『リゴレット』より「愛する美しい乙女よ」
  ネトレプコ、ガランチャ、ヴァルガス、テジエ
・レハール:『ジュディッタ』より「私のくちびるは熱いキスを・・・」
  ネトレプコ
・ロッシーニ:「踊り」
  ヴァルガス
・ヴェルディ:『椿姫』より「乾杯の歌」
  ネトレプコ、ガランチャ、ヴァルガス、テジエ

なかなか、曲目も素晴らしいでしょう。しかしながら、テレビでは以下の曲目は省略されてしまい、少し、残念!

・カタラーニ:『ワリー』より「さようなら、ふるさとの家よ」
  ネトレプコ
・マスネ:『ル・シッド』より「統べたまえ、裁きたもう御父よ」
  ヴァルガス
・チャピ:『セベデオの娘』より「私が愛を捧げたの」
  ガランチャ

なお、DVDでも「ワリー」は省略されているようですし、「踊り」も収録されていないようです。

で、内容についてですが、ネトレプコは普通の出来ですが、まだまだ、出産前の時期で実に美しい(歌とは関係ありませんね)。ラ・ボエームの愛の二重唱はsaraiがもっとも好きな歌で、ヴァルガスの歌に続いて、ネトレプコのターラターラターララーと高音のメロディが入ってくると、パブロフの犬並みにウルウルです。
また、ガランチャとの「花の二重唱」の美しいこと、この上なしです。
アンコール前の最後の曲、『リゴレット』ですが、豪華な4人の共演にしびれます。こんなリゴレットなら、是非、全編聴きたいものです。ただ、マッダレーナ役を今をときめくガランチャがやるなんてことはあり得ませんね。でも、こんな役でもガランチャの素晴らしいこと。
ガランチャといえば、『チェネレントラ』が絶品でした。これこそ、いつか、全編を聴かなくっちゃね! もちろん、生で。バルトリも素晴らしいですが、saraiはガランチャを聴きたいモードです。

アンコールでは、ネトレプコが例によって、お得意の『ジュディッタ』をノリノリで踊ってました。あまり、ノリ過ぎて、途中で歌がストップというハプニングもまあネトレプコのファンとしては、かえって嬉しいくらい。

思いがけず、年末にネトレプコとガランチャが聴けて、幸せなsaraiでした。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR