FC2ブログ
 
  

納得のブルックナー、インバル&東京都交響楽団@東京文化会館 2015.3.18

音楽にはこれぞ正解という演奏は滅多にないと思いますが、それを創り上げる人間たちが前のめりになって一心に打ち込む姿にはいつも心を打たれます。まして、東京都交響楽団の名人たちがプライドとかこれまでの実績とかを考えずに、一人の指揮者インバルのコントロールの下、新しい響きを創り上げようと必死になって演奏するのを見て、大変な感銘を受けました。
昨年までのインバルと創り上げてきたマーラーの素晴らしい演奏はもう既に過去のこと。一瞬で消え去る音楽は未来に向かって、また、新しく築き上げていくものだという厳しい現実があります。インバルはブルックナーを演奏するために、マーラーとはまったく異なる響きを都響のメンバーに要求したのでしょう。今日の都響の響きはこれまでに聴いたことのないようなものでした。マーラーを演奏していたときの弦の繊細な美しい響きはもう、そこには聴けません。都響のアンサンブルで感じるのは、《強靭な響き》ということです。各声部がしっかりと強く音を響かせて、アタックも明確にして、意欲的なスタイルで演奏していました。これがインバルの考えるブルックナーの響きなんでしょう。都響から新たな響きを引き出すインバルの指揮者としての力量には舌を巻きます。優れた指揮者はそういう魔法も使えるのですね。

インバルが創り上げたブルックナーの音楽ですが、至上のブルックナーとまでは言えませんが、特に強奏の素晴らしい響きは納得できる演奏でした。これに弱奏での美しい響きが加われば、最高のブルックナーとも思えたのですが、そこまでは達していなかったと感じました。しかし、日本のオーケストラがここまでのブルックナーを演奏したのは画期的にも思えました。これまではどのオーケストラでも弦の美しさは感じられても、金管の力強さが不満でしたが、今日はとても弦と金管のバランスがよかったと思います。

なお、今回、予習したCDは以下のものです。(未聴のものを中心に聴きました。)

 ハイティンク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 1965年
 ベーム指揮ウィーン・フィル 1973年
 ヨッフム指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 1975年
 アーノンクール指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 1997年
 ヴァント指揮北ドイツ放送交響楽団 2001年

いずれも素晴らしい演奏ですが、特にアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の3つのCDはオーケストラの素晴らしい響きに感銘を受けました。やはり、ブルックナーはオーケストラの美しい響きが重要だと感じました。アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団とミュンヘン・フィルが2強でしょうか。

最初に演奏された《トリスタンとイゾルデ》の「前奏曲と愛の死」ですが、冒頭のトリスタン和音から、甘美さを取り除いた強靭さが感じられたのは、後半のブルックナーへの助走だったのでしょうか。こういうトリスタンも決して悪くないのですが、やはり、もう少し、陶酔感を味わいたいとは思いました

今日のプログラムは以下です。

  指揮:エリアフ・インバル
  管弦楽:東京都交響楽団

  ワーグナー:楽劇《トリスタンとイゾルデ》より「前奏曲と愛の死」

   《休憩》

  ブルックナー:交響曲第4番 変ホ長調 WAB104 《ロマンティック》 (ノヴァーク版:1878/80)

久しぶりのインバルの指揮でしたが、やはり、聴き応えがありました。期待にたがわぬ演奏でした。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR