FC2ブログ
 
  

愉悦のバッハの室内楽、バッハ・コレギウム・ジャパン@東京オペラシティ・リサイタルホール 2015.3.20

今日のリサイタル、一言でいえば、《満足》っていう感じです。それにしても、日本人の古楽奏者の名人芸、ヴィルツオーソぶりといったら、その素晴らしさに驚嘆してしまいました。何故、これまで聴かなかったんだろうと今更ながら、後悔してしまいました。

最初のヴァイオリンのためのソナタ ホ長調 BWV 1016ですが、最初のヴァイオリンの一音で惹き付けられてしまいます。自然で無理のない響きは彼女の師匠のクイケンを超えるとも感じます。大きな振幅の表現はありませんが、心地よい音楽に浸り込んでしまいます。チェンバロとの息もぴったり。長年一緒にやってきた者同士の阿吽の呼吸というところでしょう。大好きな第3楽章も魅惑的とも思える幽玄の世界に引き込まれてしまいます。天上の音楽というよりも、生身の人間のゆったりした精神の深さが感じられます。少しもエキセントリックなところがないのが古楽の演奏の素晴らしいところです。こういう音楽を聴くと、自分の心が解き放たれる思いがします。もちろん、saraiは古楽でない普通の演奏も好きですが、古楽は古楽のよさがあります。それにしても若松夏美さんの生演奏は初めて聴きましたが、とても素晴らしいです。名人の域に達しています。

なお、今回、予習したCDは以下のものです。

 アドルフ・ブッシュ、ルドルフ・ゼルキン 1943年
 ヘンリック・シェリング、ヘルムート・ヴァルヒャ 1969年
 ジギズヴァルト・クイケン、グスタフ・レオンハルト 1973年

いずれも素晴らしい演奏です。ブッシュのヴァイオリンの憂愁に満ちた音色は何ものにも代えがたいものがあります。シェリングとヴァルヒャの美しい演奏は非の打ちどころがありません。毎日でも聴いていたい名演奏です。クイケンとレオンハルトは現代の演奏のスタンダードと言えるかもしれません。古楽ならば、これでしょう。

次はフルートのためのソナタ ロ短調 BWV 1030。これは菅きよみさんのフラウト・トラヴェルソがあまりに素晴らしくて、大変な感銘を受けました。saraiも若い頃に吹けないフルートで懸命に吹いていた曲でもありますが、こんな名人技を聴かされると、自分が遊んでいた曲と同じものに思えません。フラウト・トラヴェルソの素朴な味わいは格別です。相当のテクニックを駆使して演奏しているのに、音楽表現はあっさり自然なものに聴こえてしまいます。能ある鷹は爪を隠すじゃありませんが、これみよがしに技巧を見せつける演奏とは対極にあるような演奏です。感想を言うとすれば、《参った》という感じ。これが聴けただけでも今日のリサイタルを聴いた甲斐がありました。

なお、今回、予習したCDは以下のものです。

 オーレル・ニコレ、カール・リヒター 1973年
 フランス・ブリュッヘン、グスタフ・レオンハルト 1975年
 ステファン・プレストン、トレヴァー・ピノック 1975年

モダン楽器のニコレの演奏の素晴らしさは今更、強調することもないでしょう。もっとも、saraiは日頃はランパルの2種類の演奏を楽しんでいますけどね。古楽器ではブリュッヘンが見事な演奏を聴かせてくれます。プレストンの演奏も同等に素晴らしいものです。

前半の最後は『われ天の高きところより来たりぬ』に基づくカノン風変奏曲BWV 769aです。これはオルガン独奏曲なので、演奏前に鈴木雅明さんからレクチャーがありました。バッハのカノンと言うと、後半に演奏される《音楽の捧げ物》以外にはこの曲だけなので、あえて、オルガン独奏曲から編成を変えてまでして、演奏してくれるそうです。今日はカノンがテーマだということです。
ということで、耳馴染みのない曲ですが、ヴァイオリンの若松夏美さんの名人技に聴き惚れてしまいました。ほかのメンバーの演奏も見事でした。元々はクリスマス用の単純な曲ですが、こういう風に演奏されるととても複雑な曲に思えます。

なお、予習はオルガン独奏を聴くのはあまり参考にならないので、ストラヴィンスキーのオーケストラ編曲版を聴きました。

 小澤征爾指揮ボストン交響楽団

休憩後、今日のメインの演目である《音楽の捧げ物》です。いやはや、名人揃いの演奏をすっかり堪能させてもらいました。チェンバロの鈴木雅明さん、ヴァイオリンの若松夏美さん、フラウト・トラヴェルソの菅きよみさんの達人ぶりは驚異的です。見事な演奏が続きました。
演奏順は普通とかなり違っていましたので、以下に示しておきます。出版のかたまり4つを順に演奏したそうです。冒頭に3声のリチェルカーレが演奏されないので、ちょっと違和感がありました。

 《王の主題による各種のカノン》
  (1) 2声の蟹カノン
  (2) 2つのヴァイオリンのための同度カノン
  (3) 2声の反行カノン
  (4) 2声の拡大カノン
  (5) 2声の螺旋カノン
   5度のフーガ・カノニカ

 《3声のリチェルカーレとカノン》
  3声のリチェルカーレ
  王の主題による無限カノン

 《6声のリチェルカーレとカノン》
  6声のリチェルカーレ
  2声のカノン
  4声のカノン

 《王の主題のよるソナタとカノン》
  トリオ・ソナタ
  無限カノン

チェンバロ独奏で演奏された2つのリチェルカーレは見事な演奏でした。ここまでの演奏になるとは・・・期待を上回りました。そして、やはり、トリオ・ソナタはヴァイオリンの若松夏美さん、フラウト・トラヴェルソの菅きよみさんの両名人が素晴らしい演奏を聴かせてくれました。バロックのお手本のような、よい意味で《ひなびた》演奏です。特に第2楽章には、しびれました。もちろん、有名な第1楽章も素晴らしかったんですが、第2楽章はもっと素晴らしかったんです。室内楽の悦びを満喫させてもらいました。

なお、今回、予習したCDは以下のものです。

 カール・リヒター、オーレル・ニコレ、オットー・ビュヒナーほか 1963年
 ニコラウス・アーノンクール指揮コンツェントゥス・ムジクス・ヴィーン 1970年
 カール・ミュンヒンガー指揮シュトゥットガルト室内管弦楽団 1976年
 ラインハルト・ゲーベル指揮ムジカ・アンティクア・ケルン 1979年
 クイケン・アンサンブル、ジギズヴァルト,ヴィーラント,バルトルドの3兄弟およびローベル・コーネ 1994年

これらもすべて高水準の演奏ばかりです。ヨーロッパの音楽文化の底深さを感じます。ミュンヒンガーは室内オーケストラの演奏で他と一線を画していますが、音楽としての美しさは際立っています。今はこういう演奏も少なくなってきましたから、かえって価値があるでしょう。音楽性で言えば、カール・リヒターは最高です。特にニコレとビュヒナーが独奏するトリオ・ソナタはこれ以上の演奏はありえないと思わせるものです。現代では、クイケン・アンサンブルの演奏が規範となるべきものでしょう。もはや、古楽による演奏しか考えられないのが現代です。その先駆けになったアーノンクール指揮コンツェントゥス・ムジクス・ヴィーンも忘れてはならない演奏です。

今日のプログラムは以下です。

  チェンバロ:鈴木雅明
  ヴァイオリン:若松夏美
  フラウト・トラヴェルソ:菅きよみ
  ヴァイオリン/ヴィオラ:荒木優子
  チェンバロ:懸田貴嗣

  J.S.バッハ:オブリガート・チェンバロとヴァイオリンのためのソナタ ホ長調 BWV 1016
  J.S.バッハ:オブリガート・チェンバロとフルートのためのソナタ ロ短調 BWV 1030
  J.S.バッハ:『われ天の高きところより来たりぬ』に基づくカノン風変奏曲BWV 769a(鈴木雅明編)

   《休憩》

  J.S.バッハ:音楽の捧げ物 BWV1079[全曲]

あまりの演奏の素晴らしさにイースターに演奏されるマタイ受難曲を聴きたくなりました。ただ、聖金曜日の4月3日のオペラシティでの公演は既に都響の新音楽監督の大野和士のお披露目公演が重なっています。その翌日に所沢でバッハ・コレギウム・ジャパンがマタイ受難曲を演奏するそうなので、現在、チケットを手配中です。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       バッハ・コレギウム・ジャパン,

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR