FC2ブログ
 
  

琵琶湖逍遥:琵琶湖大橋を渡って、湖西道路を快適ドライブ 2015年3月

第3日目、琵琶湖逍遥も実質、今日が最終日。何とか、琵琶湖1周を果たしたいものです。

昨日は、全国的に荒れ模様だったようです。今朝は綺麗に晴れていますが、予報ではまだまだ油断できないようです。
今津の観光船乗り場に電話してみると、大変なことが判明。竹生島への船は、冬季運休中。なんとも調査不足でした。ただ、雪は降っていないようです。長浜の観光船乗り場(今津とは別の観光船会社)に電話してみると、こちらは雪のため運休とのこと。悩ましいですが、ともかく行けるところまで行ってみようということになり、出発です。
昨日行った浮御堂の先の白髭神社を目指します。同じ道をいくのもつまらないので、カーナビに琵琶湖大橋を経由するルートを指示します。まずは湖岸の道路を走ります。

2015032101.jpg


やがて近江大橋が見えてきましたが、それはパスして、その先の琵琶湖大橋に向かいます。

2015032102.jpg


30分ほど走って琵琶湖大橋に到着。この橋の通行は有料で、料金所が見えます。普通車は通行料200円でした。現在、通行料の無料化の議論がさかんになされているようで、この6月頃に結論が出るようです。近江大橋は既に無料開放されたとのこと。利用者の立場からは、料金所がなくなれば車の流れがスムーズになりそうな気がします。

2015032103.jpg


料金所を抜けて、いよいよ琵琶湖大橋に入ります。

2015032104.jpg


片側2車線の綺麗な道です。

2015032105.jpg


眺めはというと、これはよくありません。高い手すりが邪魔して、琵琶湖がよく見えません。よそ見運転しての事故にはなりませんね。

2015032106.jpg


橋は中央部分が高くなっています。琵琶湖を運航する船を通しやすくしているんですね。一番高いところは湖面から26.3mもあるそうです。車はいいですが、自転車などは大変でしょう。

2015032107.jpg


最高点を過ぎると、対岸が見えてきました。昨日散策した堅田の辺りでしょう。

2015032108.jpg


この最高点からは、まっさかまに落ちていくような感じです。

2015032109.jpg


橋の端まで走ってきました。その先は賑やかな街になっています。橋の経済効果でしょうか。

2015032110.jpg


橋を渡り終えて少し進んだところで、真野ICで湖西道路に入ります。この道路は2005年に無料開放された道路で、平日はすいすい走れます。それでも、ゆずり車線が見えてきました。休日は渋滞するそうで、その対策として設置されたそうです。

2015032111.jpg


自動車専用道路なので、がんがん走れます。やがて、行く手に雪を抱く山が見えてきます。まるで山岳道路みたいな雰囲気です。左側の車線はゆずり車線です。

2015032112.jpg


ゆずり車線もなくなって、いよいよ雪山も迫ってきました。琵琶湖の近くはこんなに山がちなんですね。この山は比良山系でしょうか。

2015032113.jpg


青空の先は雪雲が見えます。琵琶湖1周に暗雲が立ちこめているみたいです。

2015032114.jpg


配偶者が山を観察しています。まるで冬山です。

2015032115.jpg


やがて、道は湖岸の方に向かいます。道を下っていくと湖岸に達します。

2015032116.jpg


湖岸をしばらく走って、白髭神社に到着。1時間ちょっとのドライブでした。琵琶湖大橋経由の湖西道路のドライブは快適でした。駐車場に車を停めて、ビックリです。神社の屋根に雪が積もっています。昨日、浮御堂で引き返して正解でした。雪がうっすらと積もった本殿は実に美しいです。屋根のカーブが見事です。

2015032117.jpg


本殿の前に立ち琵琶湖を眺めると、鳥居の先にまた鳥居。その鳥居はなんと琵琶湖の湖中に立っています。

2015032118.jpg


陸地に立つ鳥居と本殿はこんな感じ。この白髭神社は全国にある白髭神社を総べる総本山で、創建から2000年以上経つという古来ゆかしい神社です。

2015032119.jpg


この本殿と琵琶湖の間には国道161号線が走っています。猛スピードで走り抜けていく車の合間を見計らって、急いで国道を走って渡ります。湖岸に出ると、湖中に立つ鳥居がよく見えます。驚きの光景です。

2015032120.jpg


しばらくはこの風景を楽しみます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR