FC2ブログ
 
  

琵琶湖逍遥:琵琶湖1周に向けて、一面の雪の中、試練のドライブ 2015年3月

第3日目(3回目)、運航休止中の今津港から、うらめしく竹生島の姿を眺めました。

今津港を出発し、湖岸に沿った今津の古い街並みを過ぎていきます。

2015032401.jpg


道路脇の雪の高さは少しずつ高くなっていますし、雪も舞いますが、道路上には雪はありません。ここまできたからには行けるところまで行ってみようという気分になっています。途中にある、メタセコイアの並木に寄ります。今の時期、どうせ枯れ木の並木だろうと思っていましたが、意外や意外。実に美しいです。天を突くようにすくっと大木のメタセコイアがずっと並んでいます。

2015032402.jpg


観光目的に植えたのでしょうか。良い雰囲気です。メタセコイアの並木道はまっすぐに続いています。

2015032403.jpg


観光バスも来ています。雪の舞うなか、記念撮影に小走りでバスから降りていきます。saraiは早々に見物を切り上げ、Uターンして今来た道を戻ります。しばらく走ると、荒涼とした雪の野になります。大丈夫でしょうか。不安を抱きつつ、琵琶湖の北端に向けて車を走らせます。

2015032404.jpg


湖西線の高架線が見えてきました。まわりは雪でいっぱいです。琵琶湖東岸の長浜の黒壁スクエアをナビに入力していますが、果たして到達できるのでしょうか。

2015032405.jpg


道路脇の畑は一面雪に覆われています。昨日はかなり降ったようですね。トラックの後に付いて走ります。トンネルを抜けるたびにヒヤヒヤしながら進みます。が、道路はきれいに除雪されていて、走行には問題ないようです。一安心です。北陸道への案内板には、金沢方面はチェーン着用となっています。北陸はまだまだ雪が降っているようですね。やがて、山中の道を抜けて琵琶湖の最北端に到着。右手に琵琶湖が見えてきました。

2015032406.jpg


琵琶湖は霞んで、あまり見えません。この辺りはまだまだ雪模様の天気が続きます。早く雪雲を抜けて、青空を見たいものです。

2015032407.jpg


無事に長浜に到着です。ここからも竹生島には行けるのですが、雪のため運休してます。長浜の黒壁スクエアは以前に行ったことがあるので、チャッチャッと街並みを見て歩きましょう。空は青空になっています。

2015032408.jpg


曳山博物館があります。大きな倉庫も見えました。ずい分立派な山車があるようです。長浜曳山祭りは4月の中旬に催されます。1か月後には大変賑わうのでしょう。

2015032409.jpg


長浜というと豊臣秀吉が初めて居城を築いた地です。お店の軒に太閤ひょうたんがぶらさがっています。さすがに秀吉ゆかりの街ですね。

2015032410.jpg


これくらいで見物は終了ですが、魚屋さんには立ち寄ります。店内は琵琶湖の魚の佃煮などの加工品がずらっと並んでいます。珍しい子アユの串焼きがあります。香ばしくて美味しそう。購入です。今晩のワインのお供にしましょう。これがその魚屋さんの魚三です。

2015032411.jpg


黒壁スクエアの駐車場を出て、長浜駅前のごちゃごちゃした道を抜けていきます。

2015032412.jpg


湖岸近くになると、長浜城が見えます。もちろん最近、再建されたものです。豊臣秀吉の出世ストーリーの最初を飾る記念すべき城ではあります。車の中から眺めるだけに留めます。

2015032413.jpg


長浜港に寄っていきます。本来ならば、ここからも竹生島への船が出ています。

2015032414.jpg


観光船乗り場に停泊している船が見えますが、これが竹生島行の船でしょうか。

2015032415.jpg


湖岸の道を彦根城に急ぎましょう。彦根城は意外に近いです。

2015032416.jpg


傾きかけた太陽の光が琵琶湖の湖面にぎらぎらと照り付けています。先ほどまでの雪景色がうそのようです。

2015032417.jpg


彦根城に到着です。4時半を過ぎています。彦根城といえば桜が有名ですから、この時期に観光する気はなかったのですが、来てしまえばお城を見てみたいですね。駐車場に車を入れると、駐車場の係のおばさんが寄ってきます。天守閣は5時半までに行けばよいから、まだまだ時間的に大丈夫とのこと。では、しっかり観光してきましょう。
表門から内堀を渡ります。

2015032418.jpg


表門橋の先には立派な石垣が見えます。

2015032419.jpg


橋の上には雪が残っています。内堀はたっぷりした水が綺麗です。

2015032420.jpg


表門の入り口でチケットを買うと、お庭は5時までだからちょっと無理だけど、天守閣は大丈夫だよとの案内です。エ~、お庭も見たいよと言うと、それなら急いで、先にお庭から見てねとのこと。お庭はいったん内堀の外に出て、お堀沿いに周り込んだところにあるそうです。配偶者と目を合わせて、いきなりダッシュです。果たして、お庭の入場時間には間に合うでしょうか。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico

kicoさん、初めまして。saraiです。

心配ですね。私はそのまま、沈静化するのを待っています。シュターツオーパーのチケットも購入しました。何としても行こうとは思って

03/09 22:12 sarai

はじめまして。私も同じ時期にウィーン滞在の計画をしており、楽友協会でのベルリンフィルのチケットを購入しました。が、新型コロナの件で、そもそも旅行に出られるのかど

03/09 16:59 kico

お役に立てて、なによりです。我が家では今でもメインのCDプレーヤーとして活躍しています。ただ、最近はCDはいったんリッピングしてHDDに格納し、USBオーディオでオーディ

01/18 15:18 sarai

父からアンプとセットで譲り受けたもののトレイが動かず困っていましたが、
ブログを見て自分で購入・修理することができました。
利益目的でもなくまた素人でも分かる記事

01/18 13:50 hisa

のりしんさん

saraiです。コメントお寄せいただき、ありがとうございました。
同じ追っかけ仲間、今後ともよろしくお願いいたします。
彼女の声は素晴らしいですね。

12/01 12:07 sarai

私も中村さんの追っかけやっております。昨日の演奏も圧倒的でしたね。中村さんの歌を聴いていると、なぜか涙腺が緩んで来ます。

12/01 09:39 のりしん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR