FC2ブログ
 
  

スペイン鉄道の旅:ヴァレンシアの駅前からはどうやって街の中心へ?

しばらく他の記事を書いていましたが、久しぶり(20日ぶり?)にスペインの旅の記事に戻ります。スペインの旅は、マドリッドから高速列車AVEに乗って、ヴァレンシアに着いたところです。

2014年6月2日月曜日@セヴィーリャ~バルセロナ/5回目

ヴァレンシアValenciaの駅に降り立ちました。バルセロナ行の電車が出発するまでの3時間を最大限、有効に活用しましょう。というより、ピューッと市内に出て、美味しいと評判のお店エル・ラルEl Rallで絶品の海鮮パエリアPellia de Mariscoをいただくためにわざわざ設けた乗り換え時間ですから、その目的をきちんと果たさないとね。パエリアと言えばヴァレンシア風パエリアのことを指すくらい、パエリアはヴァレンシアが本場。しかもパエリアはお昼いただくものだそうですから、絶好のタイミングなんです。お店は1時開店ですから、開店と同時にパエリアを首尾よくいただきましょう。今は12時半ですから、30分ほどでお店に着ければバッチリです。

駅のプラットホームから出口に向かいます。ヴァレンシア駅は新しくて大きく、立派な建物です。

2015032901.jpg


ホームを出ました。ホームは荷物のセキュリティチェックの検査台で仕切られています。

2015032902.jpg


ヴァレンシアの街に向かう前に、荷物を何とかしないとね。コインロッカーを探しますが見つかりません。ない筈はないし・・・駅員に訊くと、ホームの方を指差します。ありました! 手荷物検査のセキュリティチェックで隔たれたホームの側にあります。日本の文化では予想できないことです。再びセキュリティチェックを受けてホーム内に入り、荷物をコインロッカーに格納します。コインロッカーはとってもきれいで立派です。

2015032903.jpg


大型のロッカーがあり、2個のスーツケースを余裕で入れられました。ロッカーのキーロックの使い方は、ちゃんと日本語でも表示されます。素晴らしいですね。

2015032904.jpg


身軽になったところでパエリアのお店に向かって出発です。駅舎から外に出ます。ヴァレンシアの明るい陽光と青空が出迎えてくれました。前途洋洋といった感じです。

2015032905.jpg


これがヴァレンシアのホアキン・ソローリャ駅Estación de JOAQUÍN SOROLLAの駅舎の出入り口です。

2015032906.jpg


次の問題は、パエリアのお店への移動です。ヴァレンシアの街の中心にお店はあるのですが、この駅からは意外に遠いようです。タクシーで往復すれば簡単でしょうが、saraiのこだわりの性分がこれを許せません。まずは公共交通機関のバスにチャレンジです。街のことはほとんど調べていないので、行き当たりばったりです。駅から見えたバス停に行きます。バス停でバス路線をチェックしますが、よく分かりません。

2015032907.jpg


バス停にいた地元のおばさんに聞くと、街の中心に行くバスは来るようです。多分そんなことを言ったのだと思います。saraiもスペイン語は全く分からないけど、地元のおばさんたちも英語はダメみたいです。ですから、ガイドブックを見せながらの身振り手振りでの会話です。最初に話しかけたおばさんは途中のバス停までしか行かないようで、我々の行きたい場所まで行く別のおばさんに我々の案内をお願いしてくれたようです。地元の人達の親切に感謝です。しばらく、バス停でバスの到着を待ちます。

2015032908.jpg


やがてバスが到着し、おばさん達とバスに乗り込みます。27番のバスです。バスのチケットはバスの運転手から購入します。

2015032909.jpg


バスは街の中を走っていきますが、一体どの辺りを走っているのか、さっぱり分かりません。でも、おばさんがついているので安心です。

2015032910.jpg


余裕で、バスの車窓から街を見物します。綺麗な教会の前を通過します。サン・アグスティン教会iglesia de san agustinのようです。

2015032911.jpg


というわけで、無事に最寄りのバス停の中央市場Mercat Central に到着です。地元のおばさん達、ありがとう! ヴァレンシアは大きな街ですね。この市場前広場Plaça del Mercatには多くの屋台が並び、青空市場になっています。

2015032912.jpg


この立派な建物は、ヴァレンシア中央市場のファサードです。

2015032913.jpg


中央市場の前に青空市場ってなんだか変ですが、これも文化なんでしょう。青空市場には色んなお店が並んでいます。これは衣料品のお店。

2015032914.jpg


ヴァレンシアらしく、新鮮な果物のお店もあります。なにか欲しいところですが、これからランチですからやめときましょう。

2015032915.jpg


街の見物をしながら、パエリアのお店の方に向かいます。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR