FC2ブログ
 
  

桜を愛でる旅2015春:畑のしだれ桜、湖東の百済寺

今日もリアルタイム旅の緊急記事をアップします。これで5日目の桜の名所巡りです。今日は横浜の自宅への帰途、滋賀県で見られる桜の名所を訪ねます。今年の桜を愛でる旅も今日でおしまい。

まずは信楽の山間の村にあるしだれ桜、畑(はた)のしだれ桜を見に行きます。大津から車で1時間程のところです。正確な地図もないので、おおよその見当をつけてナビに場所を入力。近づくと、道に案内板が立っています。もうすぐだと思って車を走らせていると、配偶者が「あそこにあるよ!」って言う声を聞きましたが、少し通り過ぎてしまいます。慌てて車を方向転換して、戻ります。畑の傍らにあった駐車スペースに車を停めて配偶者が指さす方を見ると、近くの小高い丘に綺麗なしだれ桜が見えます。なかなかいいですね。それに満開です。

2015041501.jpg


まずは駐車場からズームアップして撮影。見事な桜です。

2015041502.jpg


近くまで歩いていって、間近に見ます。いやあ、素晴らしい桜です。この桜の謂れが看板に書いてあります。昔、平安後期に都落ちした平家の身寄りの人が都を偲んで、都の桜の原木を植えたという言い伝えがあるそうです。この桜の実際の樹齢は400年くらいなので時代が合わず、江戸時代の初期に植えられたもののようです。いずれにせよ、長い歴史を重ね、周りの人が手入れしてきた結果がこの桜の古木ですから、人々の心のこもったしだれ桜です。

2015041503.jpg


少し、角度を変えて見てみます。とても綺麗です。

2015041504.jpg


そばの小高いところからも桜を見下ろせるようになっています。桜は、見る角度を変えたり、見上げたり見下ろしたり、近くから見たり遠くから見たり、様々な見方で楽しめます。畑のしだれ桜を見下ろして楽しみ、これで満足して鑑賞完了。

2015041505.jpg


次は琵琶湖に移動。湖東の古刹、百済寺(ひゃくさいじ)の桜を見に行きます。ところで、今年の9月にはsaraiが最も尊敬する巨匠ハイティンクがロンドン交響楽団と来日し、得意のマーラーの交響曲第4番を聴かせてくれます。これはどうしても聴き逃せません。そのチケットの先行発売が今日の12時からなんです。百済寺に到着したのは12時少し過ぎ。慌てて車の中でWimaxルーターを起動すると、なんとかネットに接続できます。急いでPCを起動し、無事チケットをゲット。ほっとしたところで、百済寺の境内に向かいます。とても美しい参道に目を惹かれますが、現在、養生中で通れません。

2015041506.jpg


別の入り口から境内に入り、まずは庭園を拝見。池泉回遊式庭園から見上げた山の斜面に桜の花が見えます。

2015041507.jpg


こちらの山の斜面にも桜。

2015041508.jpg


その山の斜面の散策路に上ると庭園に咲く桜が見下ろせます。その向こうには琵琶湖東岸の景色も見渡せます。

2015041509.jpg


これは近くで見た山の斜面の桜。

2015041510.jpg


次に苔むした石段を上って、お寺の本堂に向かいます。

2015041511.jpg


途中、桜とミツマタの花が競演しています。綺麗ですね。

2015041512.jpg


これが本堂。

2015041513.jpg


本堂も満開の桜が綺麗です。

2015041514.jpg


本堂の隣にある鐘堂も桜とミツマタで飾られています。

2015041515.jpg


本堂の先では満開の桜が帰路を見送ってくれました。

2015041516.jpg


これで京都周辺の桜見物は終了。

桜自体の美しさ迫力では、一本桜の素晴らしさに魅了されました。しかし、日本の桜の美しさは、お城やお寺と一体になっての風情も捨てがたい魅力に満ちていることも再認識できました。春の桜の花見を愛する心は昔から日本人に受け継がれてきた、なにかしら根源的なものかなと一人で納得したsaraiのサクラ旅でした。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR