FC2ブログ
 
  

ザルツブルグで音楽三昧:カプツィナー修道院でシュテファン・ツヴァイクと運命的な出会い

2014年6月5日木曜日@ザルツブルグ/4回目

カプツィナー修道院Kapuzinerklosterの教会の内部に入ります。実に簡素な空間です。フランシスコ会系だからなのかな。

2015050201.jpg


マリア像はとても素晴らしい雰囲気です。思わず頭を垂れてしまいます。

2015050202.jpg


教会の外に出ると、カプツィナー山Kapuzinerbergの案内図がありました。山(丘?)を巡る散策路が整備されているようです。少し歩き回ってみましょう。

2015050203.jpg


カプツィナー修道院の横に銅像が立っています。一体、誰の銅像なのかなって、近寄ってみます。
これがsaraiとシュテファン・ツヴァイクとの運命的な出会いでした。今や、シュテファン・ツヴァイクはsaraiの大事な旧友という感じの存在です。このときは、そういう名前の作家もいたねっていう軽い感じでした。この後、ウィーンでの出会い、日本への帰りの飛行機の中の体験と偶然が重なっていきます。シュテファン・ツヴァイクは、ユダヤ系のオーストリア市民で大変な知識人。ナチスの台頭で故郷のオーストリアに居られなくなり、イギリス、アメリカ、そして、最後はブラジルへと放浪を余儀なくされます。古き良きヨーロッパ文明の終焉に絶望し、さらに旧日本軍によるシンガポール占領に大変なショックを受け、1942年にブラジルのペトロポリスで妻と共に自殺というのが彼の最期でした。彼の最高の著作《昨日の世界》(みすず書房、上下巻)を読み、改めて戦争の非人間性を実感しました。それにしても、最近の日本の右傾化、戦争に向かっての傾斜には心を痛めるばかりです。シュテファン・ツヴァイクについては、またブログで触れたいと思います。彼と知り合ったのはこの旅の大きな収穫でした。

2015050204.jpg


ここにシュテファン・ツヴァイクの記念碑があるのは、彼がこのカプツィナー山の古い屋敷に1919年から1934年まで住んでいたからです。今もこの辺りに、その屋敷シュテファン・ツヴァイク・ヴィラStefan Zweig Villaが残っています。現在は個人所有らしく、見学できないのが残念です。シュテファン・ツヴァイクが住んでいた頃は有名なヨーロッパの知識人がひきも切らずに訪れていたそうです。ちょうどその頃にザルツブルク音楽祭も始まったので、多くの音楽家も訪れたとのことです。

散策を続けると、また別の銅像があります。

2015050205.jpg


ここはモーツァルト広場で、モーツァルトの像が立っています。ここには以前、モーツァルトがオペラ《魔笛》の一部を作曲した《魔笛の小屋》が、ウィーンから移築されていたそうです。現在は同じザルツブルグのモーツァルテウム大ホールの裏手の「バスチオン(砦)庭園」に移設されたそうです。

2015050206.jpg


ここからは森の中の散策路になります。その先に要塞として建てられたフランツィスキ城がレストランになっていて、絶品料理を出してくれるらしい。今日のランチはそこにしましょう。

2015050207.jpg


大木の茂る緑の美しい森の散歩は気持ちがいいです。小鳥の声も聞こえます。ちょうど1時の鐘が鳴り渡ります。気分は最高です。美しい散歩道です。所々で視界が開け、眺望が楽しめます。ザルツァッハ川の対岸のホーエンザルツブルグ城も見えます。同じくらいの高さにありますね。

2015050208.jpg


ここではザルツァッハ川の流れが見下ろせます。

2015050209.jpg


要塞の塀にぶつかりました。

2015050210.jpg


この塀に沿った階段が始まります。もう地理は分かりませんが、この階段を上っていくしかありません。

2015050211.jpg


階段が延々と続きます。かなりきついです。ヒーヒーいいながら上ります。

2015050212.jpg


案内標識が出てきましたが、カプツィナー修道院まで20分という情報以外はほとんど役に立ちません。

2015050213.jpg


ここまで、こんなに階段を上ってきましたが、まだ先は見えません。

2015050214.jpg


ようやく建物が現れました。カプツィナー修道院から40分かかりました。目指すレストランのフランツィスキ城のようです。

2015050215.jpg


果たして、このレストランは営業中でしょうか? 不安な気持ちで建物の前に向かいます。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR