fc2ブログ
 
  

ラインの旅:ドイツ編~シニア割引でラインクルーズチケットを購入・・・でも、複雑な気持ち??

リューデスハイムの駅に到着し、KDラインのクルーズ船の船着き場に向かいます。
ライン通りを歩いていくと、左手にワイン畑が広がります。朝早くから、畑の手入れ作業している人たちがいます。


r9ZEYnrnjOd327.jpg



ワイン畑の入り口は綺麗なアーチになっています。


ISSldHflUufeb7.jpg



ワイン畑の前には古い石造りの建物があります。ブレムザー城Brömserburgです。このお城は現在ワイン博物館Rheingauer Weinmuseumになっていて、ワインに関する展示やワインの販売が行われています。


MpOmDRFR9293f7.jpg



ワイン畑の奥には大きな建物が見えます。ボーゼン城Boosenburgです。現在はワイン業者の個人所有で見学できません。


YzhQIaeLUr7f30.jpg



まだまだ寒い春ですが、美しい花が咲き誇っています。まるで桜のように見えますが、何の木なのかは分かりません。


tuFtAOVM6Zb38a.jpg



ライン通りを進み、街並みにはいってきました。船着き場に近づいたのですが、ライン川河畔へは踏切はあっても皆固く遮断機が降りていて、通れないようになっています。どこまで行っても、電車の線路を超えて河畔にいけません。配偶者が、道行く人に、向こうに行くにはどうすればよいのかと尋ねると、道を戻って踏切を渡ればよいと言います。当然のお答なのですが、駅近くまで戻るのは抵抗がありますね。
しかし、結局はアドバイスに従って、また駅の方に戻ります。駅近くの踏切の前で、車と一緒に踏切が開くのを待って、ようやく川岸に行けました。


QbdSNCvw3Z7675.jpg



川岸を船着き場の方に進んで行きます。小さな観光船も停泊しています。


FokG5tVNsW48d1.jpg



先ほど通れないと思って、通るのをあきらめた踏切の前に来ると、固く閉じていた筈の遮断機が今は上がっています。どうも、ひっきりなしに貨物列車が通るので、私達が通りかかる時にたまたま閉じていただけのようです。苦笑してしまいます。街のかたのアドバイスは何だったんでしょうか。


fUveEAJiBG6dc9.jpg



その上、チケット売り場の近くには、線路をくぐる地下通路まであることを発見。どうも、取りこし苦労をしてしまったようで、ちょっぴり悔しい思いです。時間に余裕があるからよかったものの、そうでなかったらと思うとぞっとします。


pglbvzmGqLd64a.jpg



ようやくチケット売り場に到達でき、乗船券を購入しました。


s3L0OQEIdx71f2.jpg


鉄道駅からチケット売場まで、踏切を渡れずに無駄足を踏んだルートを地図で確認しておきましょう。


2013072101.jpg



チケット購入時、saraiが60歳以上なんだけどというと、すんなりシニア割引で30%オフしてくれました。かなりお得なので嬉しかったのですが、身分証明書の提示も求められずすんなり認めてもらえて、ちょっぴり複雑な心境です。そんなに見かけが間違いなく60歳以上に見えるのかしらね?
これがシニア割引のリューデスハイムからコブレンツまでの乗船券です。通常2人で68.2ユーロのところ、47.8ユーロでした。


v4MPqBz9fL2e0b.jpg



もう、船着き場にはクルーズ船が停泊しています。


yqfPHM8Z_V2ef7.jpg



しかし、まだ乗船時間まで40分程余裕があります。折角の機会ですから、リューデスハイムの街をさっと散策しましょう。歩きはじめると、日本人と思えるご夫婦に出会いました。おはようございますと声を掛けると、向こうのご夫婦も嬉しそうに返事をしてくれます。阪急交通社のツアーだそうです。私達と同じ船でラインクルーズをして、クルーズ後、今日の夜の航空便で日本に帰るとのこと。沼津の近くの函南の方ということで、話が盛り上がりました(saraiは昔、沼津に住んでいたことがあるんです)。ご夫婦と別れて、散策を続けます。
この後は次回で。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR