fc2ブログ
 
  

ラインの旅:ドイツ編~古城ホテルの部屋って、どんな感じ?

オーバーヴェーゼルにある古城ホテル:ブルクホテル・アウフ・シェーンブルクBurghotel auf Schönburgに到着です。


MJ0zoydR8hc826.jpg



まずは、チェックインです。サインだけでOK。ホテルのスタッフの手厚い歓迎を受け、素晴らしい古城ライフのスタートです。部屋に案内してもらいましたが、恐れていたようにエレベーターがない部屋ではなく、エレベーターで4階の部屋にご案内です。この広いお部屋(27.5㎡)に付属しているバルコニーからは、遥か下を流れるライン川を望めるはずです。事前にメールでライン川の見える部屋をリクエストし、OKをもらっていたんです。
まずはお部屋をチェックしましょう。

部屋はお城の上層にあるので、屋根の傾斜が反映されて壁が斜めになっています。それに恐ろしく厚い壁です。コンパクトなソファも可愛いですね。


I1vE6baCGS8c5c.jpg



ベッドも広い。


SU3XdPjaGz75c2.jpg



部屋の隅も有効に活用されています。


iTwiF7KnnNecc3.jpg



水回りも清潔ですが、残念ながらバスタブはありません。


1C7pIijv8y8b1d.jpg



窓からはライン川がよく見えます。


NhsMZwPwZn7728.jpg



いよいよ、バルコニーに出てみましょう。


qxqCQUJKP71e11.jpg



バルコニーからはライン川の絶景が望めます。


yLxrHxiE3N74f3.jpg



身を乗り出して、ライン川と対岸のワイン畑の風景を眺めます。


mlGU8dfabU342a.jpg



城の中の建物も見えます。


XHiO9Lwzhjb0c3.jpg



部屋の中に戻りテーブルの上を見ると、りんごとリキュールが置いてあります。遠慮なくいただきましょう。


Q4YlK4rSOC37da.jpg



ベッドの上に置いたのは、宿泊記念の綺麗なデザインの宿泊証です。もちろん、saraiの名前入りです。持ち帰って、我が家に飾りましょう。


gVOv6h1ddK6c7c.jpg



壁に簡素なライン川の絵の額がかかっています。もしや・・・


fg7uDsOrhH699b.jpg



隠し金庫かと思いきや、何と隠しテレビです。そうですね、テレビはこの部屋には似合いませんね。


7lE01xzRKD6697.jpg



何が隠されているのか分からないので、色んな扉を開けてみます。
これはミニバーでした。


QidJdTfzTl82e7.jpg



重厚なキャビネットの中に収められています。


TN54Hn2ovR42d7.jpg



そして、このキャビネットの上段の扉を開けると、何とオーディオ装置が出てきました。


AXaXUP_eKQead3.jpg



部屋の設備は至れり尽くせりです。CDも置いてあったので、さっそく音楽をかけてsaraiは大満足です。城の厚い壁に音が反響して、美しい音で部屋が満たされます。
窓辺には綺麗な花が飾ってあり、ホテルのスタッフの心配りが感じられます。


8lwxtdPEra559b.jpg



机の上には、アンティークな電話機が置いてあります。極力モダンなものは置かない、あるいは目立たないように努力していることが分かります。これでこそ、古城ホテルの味わいですね。


SphDAalfYO7d82.jpg



リキュールをいただきながら、寛ぎましょう。部屋のキーも重い金属製の騎士像に付けられています。そうそう、キーにナンバーが付いていますが、この部屋は20号室です。この古城ホテルの部屋はすべて城の中にあり、わずか22室しかないんです。ここに泊まるのは貴重な経験です。


EIGm71wgbjeeb4.jpg



リキュールは、バルコニーでいただきましょう。


ET7vhB6rZk8a0b.jpg



古城ホテルで、はしゃいでいるsaraiでした。
次回はホテル、すなわち古城の中を探検してみます。




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR