fc2ブログ
 
  

ラインの旅:ドイツ編~古城ホテルの豪華なディナー

オーバーヴェーゼルにある古城ホテル:ブルクホテル・アウフ・シェーンブルクBurghotel auf Schönburgに滞在中です。

可愛いガーデンの散策の後はディナー。素晴らしい古城に合わせて、2人ともドレスアップして食事を頂くことにします。
古城ホテル内のレストランルームは雰囲気たっぷり。


qOjWno6zhy245c.jpg



そもそも、このホテルの高価な料理をいただくことにしたのは否応なしのことなんです。というのも、古城ホテルの宿泊プランにはディナー付のプランしかなかったんです。じゃあ、料金はさぞや高額かと言えば、1人135ユーロで夕食・朝食付きですから、それほどでもありません。2人で日本円換算で3万2千円ほどです。saraiの基準で言えば、1泊2人で1万円目標ですから、2万円オーバー。ディナーが1人1万円ということで納得しましょう。もっとも、山の上には古城ホテル以外にレストランなんてありませんから、親切なおもてなしともいえますね。

今日は4コースディナーということで、テーブルセッティングも賑やかで、期待してしまいます。


IHUdSJtKjE8cd8.jpg



まずはドリンクのオーダー。これはもちろん、別料金。白ワインに目のないsaraiとしては何の迷いもなく、地場のオーバーヴェーゼル産のリースリンクの白ワインを注文。冷たく冷やされた白ワインがデカンタで供されます。これは美味しい! フランケンのワインに優る美味しさです。後でボトルを拝見しましょう。


ohmTr_GvB9571a.jpg



これがメニュー。4コースの献立をチェック。英独併記なので助かります。


AJytcT1FkI2c84.jpg



メニューの表紙も綺麗です。


IqIV1sbDko088a.jpg



温かいパリッとしたフランスパンとバター。もちろん、グッド!


6L0HlIVXvo3907.jpg



まずは、メニューにないサービスのお皿です。鴨のコンフィ・・・だったかな。


rCxcneoAku94b8.jpg



前菜はシュリンプとアボガドのカクテル、グリーンハーブソース添えです。美味しいですが、結構な量です。


kDLuvyIddlf0d0.jpg



ビーフコンソメスープ。これも大変美味しいですが、たっぷりとあります。


iMf6n4kOvJ3df4.jpg



ここで、またメニューにない口直しの冷たいものが出てきました。とても豪華です。


QLbMJKzVdL69d0.jpg



スタッフにお願いして、ワインのボトルを見せてもらいました。


Wr7mKSM3Iqa2d5.jpg



ラベルをズームアップ。2011年のトロッケンです。ワイナリーはGoswin Lambrich。


8_qCAeuiBbfba5.jpg



メインは仔牛のフィレ、グリーンアスパラガスとポテト添えです。この肉のジューシーで美味しいこと! 野菜も美味しい!


jIfGt83tM66317.jpg



デザートはアップルタルトとチョコレートとミントのアイスクリーム。これまた美味しい。


voWR8ouLYA6b6b.jpg



どれもとっても美味しかったのですが、種類も量も多く、残念ながら結局完食できませんでした。saraiは、すっかり美味しいワインに酔いが回り、ウツラウツラ・・・配偶者が呆れています。
ところで、なんともう2組の日本人がご一緒でした。たった22室しかないホテルなのにびっくりです。言葉は交わさないままでした。

部屋に戻る途中、先ほど写真を撮るのを忘れていた立派な糸巻をパチリ。


BfQBdvF6Kac5bc.jpg



saraiは部屋に戻るとそのまま気持ちよさそうにお休み。仕方なく、またまた配偶者がせっせとブログ書きです。この旅では、これが定番になっています。ごめんなさい!
配偶者は部屋の備品チェックにも励んだようです。
戸棚を開けると、扉の裏に針と糸がさりげなく用意されています。気が利いていますね。


SCuQYFnfPdf400.jpg



何と傘も部屋の中に用意されています。


JVaN6YJgH29dcf.jpg



至れり尽くせりっていう感じだと、配偶者は感心しきり。

一方、saraiはと言えば、旅の贅沢極めたり・・・という心境に達して幸福感に浸っています。こうして、saraiと配偶者それぞれのライン川古城の夜は更けていきました。実に長い1日、ラインのハイライトとも思える1日でした。

明日はライン川をさらに遡り、マイン川との合流点の街マインツ、そして、近くの温泉地ヴィース・バーデンを巡ります。


次回を読む:8日目:オーバーヴェーゼル~マインツ~ヴィースバーデン

前回を読む:6日目:ボン~コブレンツ~コッヘム(モーゼル川)




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR