FC2ブログ
 
  

ラインの旅:ドイツ編~ボンを出発し、ライン川沿いにコブレンツへ

旅の6日目(2013年4月9日(火)@ドイツ・ボン)です。

今日はボンBonnを出て、ライン川をさらに遡り、コブレンツKoblenzを経由し、そこから、モーゼル川Mosel沿いのコッヘムCochemまで足を延ばしてみます。コッヘムからはまたコブレンツに戻り、1泊します。コブレンツはモーゼル川がライン川に合流する街です。
今日の行程をラインの旅の全体地図で確認しておきましょう。


2013071101.jpg



この行程の鉄道チケットはネットで購入済みです。この周遊に近いチケットはとてもお得な料金でゲットできました。


lg_rL2o8if7c8e.jpg



朝起きて、部屋のテラスから外を眺めると、見えるのは建設中の建物の無骨な姿のみ。これにはがっくり。


HWdkGRvJyr5225.jpg



まず、ボンのホテルで遅めの朝食をとります。遅めのせいか、朝食ルームはがらーんとしています。


fx9buvvGvIcaee.jpg



手早く、パン、飲み物、ハム、チーズなどを選びます。


oJG3Cq4_zI2a8b.jpg



特にこれと言った特色もありません。さっさと朝食を済ませましょう。


Wb7cqzuNJpaad0.jpg



10時頃にホテルをチェックアウト。荷物を持って、駅に向かいます。ボンの街の様子は分かったので、ホテルの前からトラムで駅に向かいます。歩いてもたいした距離ではありませんが、なるべく疲労を溜めないように心がけます。ずい分、余裕のある時間にボン中央駅に到着。


H5Uaswel46489e.jpg



時間があるので、駅の様子を観察します。いったん、駅舎を出て、ボン中央駅の駅舎を撮影。なかなか、重厚な建築です。


nrC_utUzmi3485.jpg



駅前の広場には綺麗な花(桜?)が咲いています。


2cmHTLN1Z09cce.jpg



再び、駅構内に戻り、列車の発着予定を確認します。10時37分のインターシティでコブレンツに向かいますが、10分ほど遅れて到着すると表示されています。既にEメールでDB(ドイツ国鉄)から遅延情報が来ていたので、この遅れは折り込み済です。


gbJmLZ5wkV20d5.jpg



この遅れの時間を利用して、ケルンで書いた絵葉書を投函します。郵便ポストは駅の正面入り口の左手にあります。


nY85X_1ech5eeb.jpg



そろそろ、プラットホームに上がりましょう。ホームに着きました。もう10分足らずで電車がやってくる筈です。


NSMmdnN9r1a670.jpg



10分遅れでインターシティがホームに滑り込んできました。


sKuMc53DZMdce1.jpg



停車して電車に乗り込みます。今日はセカンドクラスですが、ちゃんと指定席は取っているので、あわてて乗り込む必要はありません。


Ejvoya1Uk07246.jpg



インターシティはボンの駅を発車。列車はライン川沿いに進むのですが、線路はライン川からかなり離れているので、川は見えません。


0u21tOLwivcac8.jpg



それでも発車後10分ほどすると、コブレンツへの途中1か所だけ、数分間、ライン川沿いに走るので、そのときはカメラのシャッターを切り続けます。


hasFg3405S640f.jpg



昨日の夕食を食べたレストランから見た通り、このあたりのライン川は川幅が広く、橋もありません。川は船が行き交っています。


wGc2wYWYkxa853.jpg



曇り空の下、ライン川は湾曲して流れています。


uS_G8_mbkh2d77.jpg



低い丘にも囲まれて、ライン川の景色は悠々たるものです。


EKpNAIcqR6c206.jpg



たっぷりした量感のあるライン川を二人は惹きつけられるように見続けていました。


dPs8zvjmVW38b3.jpg



ライン川の行く手は霞んで朦朧たるものです。とても素晴らしい雰囲気です。


0PRty5q_2of068.jpg



Remagen駅に停車し、いったん、ライン川は視界から消えます。


s4dJ9RXTruac0d.jpg



また、ライン川に沿って、インターシティは走りますが、この後は次回で。



↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR