fc2ブログ
 
  

ラインの旅:ドイツ編~コッヘムの旧市街散策、そして、古城ライヒスブルクへ

コッヘムのSesselbahnのリフトで山頂に上って、展望台からモーゼル川の風景を楽しみました。

再び、フード付きリフトに乗って麓に下ります。


BMVKxZeUuDc0fb.jpg


麓のリフト乗り場が見えてきました。


aLxUWowl87265d.jpg



展望台に立っていた十字架(ピンナー・クロイツ)も見えます。


KZFEBJ441a12b2.jpg



傍らの崖に生えている木の枝に綺麗な鳥が留まっています。豊かな自然にあふれたモーゼル川の流域です。


ggKrJyAQ_D42d8.jpg



麓の建物がはっきりと見えてきました。


YA2jpduOmG597d.jpg



麓に到着です。


Uk7bixGVli3cab.jpg



リフトを降りて、山を見上げると、山頂に十字架(ピンナー・クロイツ)が小さく見えています。


Hrsq_nMtpbac17.jpg



コッヘムの街の中心のほうに戻り、コッヘムの街を散策します。エンデルト通り(Endertstrasse)から、雰囲気のよさそうな裏通りにはいります。


o1OxdOZARP30f9.jpg



裏通りの先にはエンデルト門 (Enderttor)があります。この門は旧市街の市壁の門(Altes Stadttor)です。門をくぐって、旧市街にはいります。旧市街側から振り返って、門を眺めます。実に重厚な石造りの城門ですね。門の右側のクリーム色の建物はホテル Alte Thorschenke。このホテルはハーフチェンバー様式(half timbering)のドイツ最古のワインハウスの一つです。


SR9Uqcx4DP4080.jpg



それまで、ほとんど人がいなかったのに、旧市街は観光客で賑わっています。平日なのに驚きです。


WTvd7hUODnea15.jpg



旧市街の賑やかなベルン通り(Bernstrasse)を進んでいきます。ベルン通りの先には聖マルティン教会の塔(Tor des Kirchtums von St. Martin)が見えます。


CyTUs1ZBuP1df6.jpg



聖マルティン教会の塔の前に出ました。この塔の下の門をくぐって先に進みます。


7YkmlLIit36c66.jpg



マルクト広場(Marktplatz)です。この広場はコッヘムの旧市街の中心です。ハーフ・ティンバー様式の木組みの家(half-timbered houses) が並んでいて、綺麗ですね。


aPMjqnc_I1b816.jpg



マルクト広場からヘレン通り(Herrenstrasse)の先を右に折れて、シュロス通り(Schlossstrasse)にはいります。ここからは急な上りの坂道です。


ciqlJTp7K8faa6.jpg



このシュロス通りにはいって、すぐ右手にワインショップ Walter J.Osterがあります。ツーリスト・インフォメーションで紹介してもらったワインショップのひとつです。ちょっと様子を窺いながら、とりあえず先に進みます。


OG90EWLQLLb914.jpg



この坂道はさっき展望台から見えたお城ライヒスブルク(Reichsburg)に続いています。saraiの希望で、少しお城の方に歩いてみることにしました。しかし、すごく急な坂道です。


OBu6jHbmMR5f7f.jpg



途中で引き返すことも考えましたが、お城の見えるところまでは行ってみましょう。やがて、丘の斜面は一面、ワイン畑になってきました。さすがにモーゼルワインの本場です。そして、そのワイン畑の向こうにお城が顔を覗かせました。


o3D7h0f3xG938a.jpg



少し上ると、お城の全景が見えます。なかなか美しいですね。もう、ここまで来たら、引き返すわけにはいきません。


LJLJCIM69C214f.jpg



リフトSesselbahnから、この古城ライヒスブルクの下までの散策ルートを地図で確認しておきましょう。


2013071601.jpg



さあ、お城まで上ってみましょう。それについては次回、ご紹介します。



↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR