FC2ブログ
 
  

ベルヒテスガーデンへ小旅行:ロープウェイの旅・・・ヴァッツマン山の圧巻の絶景!

2014年6月7日土曜日@ベルヒテスガーデン/8回目

イェナー山のロープウェイのゴンドラが出発し、民家の屋根近くを上昇していきます。

2015051501.jpg


麓駅からだんだんと離れていき、反対方向のゴンドラともすれ違います。

2015051502.jpg


やがて木々の上に顔を覗かせたのは、先ほどまで滞在していたケールシュタインの岩山のようです。

2015051503.jpg


ゴンドラはケールシュタインの方向にぐんぐん進んでいきます。真下には草原が広がっています。

2015051504.jpg


ロープウェイはまだ平坦地の上を進んでいきます。上りにかかるのは、まだまだこれからです。

2015051505.jpg


ケールシュタインの岩山はだんだんと左にそれていきます。目指すイェナー山はずっと右の方です。

2015051506.jpg


隣のゴンドラには親子が乗っているようです。金髪の少年が一心に外の風景に見入っています。

2015051507.jpg


おや、右手の山の上に顔をちょっと出しているのはヴァッツマン山のようですね。

2015051508.jpg


ヴァッツマン山は次第に明確にその姿を現してきました。ヴァッツマン山はベルヒテスガーデンのランドマークですね。

2015051509.jpg


後続のゴンドラに乗っている人は、相変わらずハングライダーの大きな荷物をしっかりと抱え込んでいます。結構大変でしょうね。

2015051510.jpg


ゴンドラはぐんぐんと上昇を続け、出発した山麓がだいぶ低く見えるようになってきました。

2015051511.jpg


右手にはヴァッツマン山もしっかりと視界に入っています。

2015051512.jpg


さらに上昇を続け、手前の山が邪魔にならずにヴァッツマン山が見渡せます。

2015051513.jpg


傍らの小さな湖(池?)が青く輝いています。周りの木々が水面に映りこんで美しい風景になっています。

2015051514.jpg


そして、この湖越しにヴァッツマン山が聳え立ちます。圧巻の絶景です。水面には薄くヴァッツマン山の山影が映り込んでいます。この風景を見るだけでも、このロープウェイJennerbahnに乗る価値があります。

2015051515.jpg


ロープウェイの空の旅はまだ半分ほど終わっただけです。どんどんイェナー山に上っていきます。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR