fc2ブログ
 
  

ラインの旅:ドイツ編~ケルンの駅の驚きのコインロッカー!

ケルンの街一番の繁華街ホーヘ通りHohe Straßeを歩いて駅に戻ります。今までの古い街の雰囲気とは一変しますが、それほどモダンな感じの商店街には見えないのは何故でしょう。これは駅とは反対の方向。


KoTm4mOFE_40e0.jpg



駅の方に向かって、お店を横目で覗きながらぶらぶら歩きます。


spWVVDRbgve332.jpg



ふと目にとまったのは、大きなパン屋さんBäckerei Merzenichの店先です。同じ種類のパンが膨大に積み上げられていて、どんどんお客さんが買っていきます。


TVRpwsVcj5826d.jpg



配偶者がひどく気になったようで、いったん店を通り過ぎましたが、また戻ってそのパンを購入。Berlinerという名前のパンで、2つで1ユーロとお手軽な価格です。2個買って、後で電車の中で食べましょう。

駅近くに戻ると、観光用のプチトランが停まっています。このケルンも観光地なんですね。


HXjYFr1F0w5040.jpg



駅前のお土産物屋さんで、買い損ねていた大聖堂の絵葉書を買い(何故、買い損ねたかはお分かりですね・・・)、切手はどこで買えるかしらと聞くと、国際郵便でしょと言いながら切手を出してくれました。気の利くお土産物屋さんですね。ついでにポストの場所も教えてもらい、無事デルフトで出しそびれていた絵葉書を出すことが出来ました。


XbbRQfaJvi5eeb.jpg



駅構内に入る前に、もう一度、衝撃のケルン大聖堂の姿を脳裏に刻みつけておきます。本当に圧倒的な重量感です。


Cqy92QK0Emd036.jpg



ホーヘ通りを通って、ケルン中央駅までの散策ルートを地図で確認しておきましょう。


2013070701.jpg



駅構内には、定番のお寿司屋さんもありますが、これはパス。


fVOxuBiXV6163b.jpg



では、コインロッカーから荷物を取り出して、次の目的地ボンに向かいましょう。
駅のコインロッカーの前に来て、アレ?どこに入れたかよく思い出せません。持っているロッカー開扉用カードには番号が書いてありますが、それに対応したロッカーが見当たりません。


0FrmB67kXJe898.jpg



困っているsaraiに、適当にカードを入れてみれば駄目ならはじかれるよというのが配偶者の意見。それもそうだと適当なロッカーにカードを入れると、スルスルと吸い込まれてしまいます。


iGtU64sG8ida41.jpg



大正解でこれが荷物を入れたロッカーだったのかと思っていると、液晶表示に荷物が運ばれてくる絵が流れます。


L3ze44ssPs025a.jpg



そこで、ようやくこのコインロッカーの仕組みに気付きました。車の立体駐車場と同じなんですね。空いているロッカーと思っていたのは自動の受付ロッカーで、どこに入れても同じだったのですね。この地下に大きなロッカーの収納庫があるのでしょうか。凄いですね。さすが、ドイツです。
しばらくすると、無事にコインロッカーの扉が開き、そこには預けた荷物がちゃんとありました。


GONbvPbhwt28ce.jpg



これがそのコインロッカーシステムの一部です。こういう受付ロッカーが3~4セットは並んでいます。


epJnqymmrtb539.jpg



荷物をゲットし、ホームに移動します。
途中で、saraiが美味しそうな果物の売店の前で足が止まります。ジュースが飲みたくなったので、この美味しそうな生フルーツジュース屋さんで適当にリンゴとバナナを注文。


kQypa3DkvU1edb.jpg



手渡されたのは、リンゴソースと細かく切ったバナナの乗った暖かいカップ。エッ?・・・。


T84XMDDRR4a0c3.jpg



全く思いが違ったのですが、仕方がないですね。恐る恐る食べてみると、甘い牛乳おかゆにリンゴソースとバナナが乗っかったようなもので、これが意外に美味しい!新たなお米の食べ方を発見というところです。
もう一度店先のポスターを見ると、ちゃんとミルク粥(Milchreis)って書いてありました。


htQge_vt4w461f.jpg



驚きの連続のケルンでした。
ホームに行くと、予定したインターシティがやってきました。


eVIL24etnO4c66.jpg



ファーストクラスはがらがらです。もっとも指定席を取ってありますので、安心して乗車。


Kb8f5wlqT0245d.jpg



席に座ると、早速、配偶者が先程パン屋さんで買ったパンをテーブルに広げます。


hSi6pA1xNr860e.jpg



ふわふわした食感の美味しいパンでした。オランダもドイツもパンの文化ですね。種類も多く、どれも美味しい!


bhorI5xj6c0bfd.jpg



インターシティの車窓から、駅の向こうに大聖堂の《2本》の尖塔が頭を出しています。


oYACIJXfJe8d8e.jpg



ケルン中央駅を離れても、まだ尖塔が見えています。


w2_uUoScoY5212.jpg



遂に建物の陰に尖塔が隠れそうです。この大聖堂は一生忘れられない思い出になりそうです。


ZYCCnqGq615edd.jpg



発車後、すぐに検札です。金髪のポニーテールの車掌さん。ドイツでは、すぐ検札・・・分かっていますよ!


e2LVq_Uuuc8918.jpg



ボンはすぐに到着するでしょう。ボンの到着後のことは次回で。




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR