fc2ブログ
 
  

ザルツブルクで音楽三昧:サウンド・オブ・ミュージックの舞台ノンベルク修道院へ

2014年6月9日月曜日@ザルツブルク/1回目

旅の15日目、そして、ザルツブルグの実質5日目です。今日はザルツブルグ精霊降臨音楽祭の5日目。最終日です。

ザルツブルグに到着した夜は雨上がりでしたが、それからずっと雲一つない快晴続き。ありがたいことですが、ここまで快晴が続くと空気そのものが暑くなり、日陰でも熱風です。蒸し暑さこそないですが、もう真夏という感じで、観光客はうんざり顔です。でも、今日も元気に遊びましょう。

連日朝寝坊をきめこんでいます。配偶者は少々早く9時には起きて、ブログのチェックをしていたそうです。コンコンと控え目なノックの音がします。そっとドアを開けると、いつも朝食のお世話をしてくれている女性が、まだ寝てるのと聞いてきたとのこと。配偶者はsaraiがまだ寝てることを伝えます。そのやり取りでsaraiが目をさましました。もう9時半だから食事に行かないと彼女が困るわよと配偶者にせきたてられて、朝食ルームに出掛けます。朝食ルームではまだなん組か食事をしています。私達がテーブルについたときに、さらに3組の客が現れました。昨夜は皆さん、夜更かしをしたんでしょうか。大したものはないのだけど出されているパンが本当に美味しい。ホテルの目の前がパン屋さんなのですが、そこから焼きたてが届くのでしょうね。朝食を頂いていると、後からやって来た3組にチェックアウトは10時よと注意が与えられます。私達はまだもう一泊するので、注意はありません。でも、みんな慌てる様子もなく朝食を楽しんでいます。

午後4時からのオペラ公演に先立ち、最後のザルツブルグ散策に出掛けましょう。ホテルを出ると、物凄い日差しです。なるべく建物の陰を選んでバス停に向かいます。

2015052501.jpg


今日はサウンド・オブ・ミュージックでマリアが修道女見習いをしていたノンベルク修道院に行ってみましょう。バスが旧市街に入り、メンヒスベルクMönchsbergの丘の前のムゼウム広場Museumsplatzを通過。後でこのメンヒスベルクに上りたいものです。

2015052502.jpg


モーツァルト広場近くのバス停モーツァルトシュテークMozartstegでバスを降ります。ザルツァッハ川沿いの通りルドルフスカイ Rudolfskaiにあるバス停の前にはモーツァルト小橋ozartstegが見え、対岸の丘の上にはカプツィナー修道院も見えます。

2015052503.jpg


モーツァルト広場Mozartplatzを過ぎて、カイ通りKaigasseに入ります。通りの右側の大きな建物は新レジデンツです。

2015052504.jpg


カイ通りを進んでいきます。周りにはお洒落なレストランが並んでいます。

2015052505.jpg


人だかりがしているお店があります。アイスクリームを販売しているお店です。今日はとても暑いですからね。

2015052506.jpg


通りの先に丘の上に建つホーエンザルツブルグ城が見えてきました。

2015052507.jpg


通り沿いのお店のショーウィンドーはお洒落に飾り付けられています。

2015052508.jpg


カイ通りを歩いていくと、右の方に長い階段が見えてきます。

2015052509.jpg


この階段ノンベルクシュティーゲNonnbergstiegeを上っていくと、ノンベルク修道院につくはずです。

2015052510.jpg


この階段を上ります。雰囲気のよい階段ですが、かなりきついです。

2015052511.jpg


道標を見ながら、一休み。

2015052512.jpg


途中、一緒に上っていたカップルと写真を撮り合います。さあ、頑張って上りましょう。

2015052513.jpg


階段を息を切らしながら上りきると、絶景です。頑張って上ってきたものへのご褒美ですね。ザルツァッハ川越しに、対岸のカプツィナー山とその山を囲む城壁が見えます。

2015052514.jpg


カプツィナー山の右手にはガイスベルクGaisbergのこんもりとした山頂が見えます。時間があれば、ガイスベルクの山頂からの眺めを楽しみたかったのですが、これは今後の楽しみにとっておきましょう。

2015052515.jpg


ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2015052516.jpg


この後はノンベルク修道院にはいってみます。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR