fc2ブログ
 
  

ラインの旅:フランス編~ストラスブールの美味しいタルト・フランベを初体験

ヴォーバンの堰からのストラスブールの絶景を十分に楽しんだところで、そろそろお昼にしましょう。プティット・フランスの中心の方に移動します。建物にトンネルのような通路が抜けています。いかにも昔の街らしい風景です。


prTpid30yEc9f1.jpg



レストランの並ぶ通りにやってきました。ちょうどお店がありますが、閉店中のようです。


OCuMrodmIg4431.jpg



これから何を食べるかということですが、友人からの情報で、ストラスブールのタルト・フランベが美味しいとのこと。どうもピザのようなものみたいです。ということは窯がなければ提供できないはずで、どのお店にもあるというわけにはいきませんね。昨夜の散策の折に目を付けておいたお店に行きます。この辺りでしょう。


GFfQF31S3Hb8c5.jpg



好天の土曜日とあってか、どっと繰り出した観光客で、どこのお店の前のテーブルも賑わっています。が、その狙いのお店の前は誰もいません。ちょうど日陰になるせいなのかもしれませんが不安です。でも、思い切って入ります。お店の中もガラーンと空いていますが、お店はやっているようです。


X9qZ5J55Jtb8c5.jpg



このレストランはアルザス料理のLe Thomsienというお店です。


I32cz66paa7c0a.jpg



注文を取りにきたお店のスタッフにタルト・フランベはあるかと訊くと、色んな種類のタルト・フランベがメニューにあるとのこと。もっとも一般的そうなものを注文すると、お店の奥の厨房で調理が始まったようです。


cCIj9ucLGu5f40.jpg



saraiは、最後の最後までアルザス・ワインにこだわってみます。まずはワインを飲みながら料理を待ちます。


1ma5rYNkct5422.jpg



料理が運ばれてきました。出されたタルト・フランベは思った通り、見た目はピザです。でも、生地が紙のように薄い!ベーコンと玉ねぎとチーズのみで、トマトやオリーブオイルはつかっていないようです。木のヘラの上に載せられて出てきましたが、30センチ四方はあると思われる大きさです。


7EUweQqrfUee05.jpg



まずは、食べてみましょう。初体験です。


ScLDHwHteQ0cee.jpg



これが、なんとも美味しい。完食です。
美味しいレストランなのに、何故かお店は空いたままです。


lnIXOG0qE4e2c6.jpg



空いているというよりも、誰も客がいません。謎です。


0nMNOVaEe5e2f4.jpg



saraiがリンゴのソルベを食べようよと言い、配偶者もお付き合いしてくれます。


SdFvU4fS7w766a.jpg



これもまたまたたっぷりの量ですが、saraiが配偶者の分も手伝って完食。美味しかったです。

残された時間は後少々。観光客でごった返す中を、聖トーマ教会堂に向かいます。


ZYZfaPtduD2c18.jpg



聖トーマ教会堂の近くまで来ました。


RcXb_2agKV9593.jpg



聖トーマ教会堂の全景が見えます。


6dje88IO8f2e95.jpg



すぐ下で見上げると大きな建物です。壁の石がモザイクのようになっています。ここも戦災で再建したんでしょう。


aJJDbD1uJs80bd.jpg



内部にはいると、天井のリブ・ヴォールトと束ね柱が目にはいります。典型的なゴシック様式です。13世紀にゴシック様式に改装されたそうです。


CA5ogP013e2871.jpg



この聖トーマ教会堂で有名なのは、パイプオルガンです。1778年にモーツァルトがここで演奏会を開き、パイプオルガンの音色を絶賛したそうです。また、ノーベル賞を受賞したシュヴァイツァー医師もこの教会で助任司祭を務め、「このオルガンでバッハのフーガを弾くのは至上の喜び」とオルガンを讃えたそうです。そういうわけで、オルガンの鍵盤の両側にお二人がいました。


H6Adw_ig6Z00e4.jpg



これがパイプオルガンの本体です。バラ窓の前に鎮座しているので、逆光になって写真がぼんやりになってしまいました。このパイプオルガンはストラスブール出身の世界的に名高いヨハン・アンドレアス・ジルベルマンが制作したものです。ジルベルマンは楽器製作で名高い家系の出身で、父アンドレアスも叔父ゴッドフリードも高名なパイプオルガン制作者。ジルベルマンの名を冠するパイプオルガンは色々な教会で見られます。この名高いオルガンの音色が聴けなかったのが残念。


iOVavpHqID672e.jpg



側面にも綺麗なパイプオルガンがありましたが、これは関係ありませんね。


EYutK4MI28bdbf.jpg



正面奥の祭壇には、彫刻の墓石があります。ルイ15世のもとで軍功を上げたサックス元帥の墓石です。中央に立っているのが元帥です。ルイ15世が制作を命じました。


lZ61SwMqh8bd84.jpg



バラ窓の方向に見た豪華な内部空間です。


YEHFOG4F_42076.jpg



パイプオルガンの上にあるバラ窓です。


LAlJrKuZ0ub9d1.jpg



側面のステンドグラスもお洒落です。


vF_V25EpLi69c6.jpg



ところで、この聖トーマ教会堂は建物だけが有名なわけではありません。ルターのヴィッテンベルク、ツヴィングリのチューリッヒと並び、16世紀、宗教改革の中心でした。その中心人物はマーティン・ビューサーで、彼がこの聖トーマの参事会会長に就任し、宗教改革に取り組みました。聖トーマ教会堂は彼の功績とともに歴史に名前を残しています。
残り時間は僅かですが、もう少し、散策を続けましょう。この後は次回で。




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR