fc2ブログ
 
  

ラインの旅:フランス編~ストラスブールの楽しい散策も完了

聖トーマ教会堂をじっくりと見て、イル川沿いの道に出ました。緑色の水面は綺麗です。


Q1ga8jwC7vc733.jpg



橋が見えてきました。橋の袂にはサン・二コラ教会が見えます。


LRoCv6WBdgd009.jpg



イル川沿いの道は木立に囲まれた可愛い並木道です。


9OtpGYimH_7105.jpg



橋に近づくと、ちょうどトラムがやってきました。このトラムに乗るとホテルまで楽に戻れますが、まだ少し時間があるので、ぎりぎりまで美しいストラスブールの街を歩きましょう。


DCBWFnwSND7bc8.jpg



足は大聖堂に向かってしまいます。尖塔が建物越しに見えてきました。


duK_a5Iqsz4bc7.jpg



もう一度大聖堂を見にいきます。正面に巨大な大聖堂の建物が迫ってきます。何度見ても迫力ありますね。


jO8EDBr3FD7ddf.jpg



もう一度大聖堂に行くことにしたのは、後陣の美しいステンドグラスの写真がちゃんと撮れていなかったからです。ついでに正面の3つの扉の装飾も吟味します。同じような美しい彫刻装飾が施されていますが、3つのグループが競い合って制作したそうなので、その違いを見極めましょう。しかし、どれも同じ様式で統一的に作成されていて、見分けが付きません。せいぜい、登場人物の違いと中央扉が大きいことぐらいでしょうか。技の卓越した職人芸術家がたくさんいたようですね。


Mkz9Iuhx7b3f00.jpg



美しいステンドグラスです。後陣のステンドグラスは19~20世紀と新しいものだそうです。


t4Fyc_jmoOe7cb.jpg



確かにこういう抽象的なデザインは新しいものですね。


xau2P1_I1Ka60f.jpg



一方、バラ窓のステンドグラスはゴシック期を代表するものです。1284~1318年に大聖堂の建築を監督したエルヴィン・フォン・シュタインバッハが制作したものとされています。16花弁の美しいステンドグラスです。


_eDw1Y1KSL7bfc.jpg



側廊上部にあるステンドグラスはとても綺麗です。これはゴシック期のものでしょうか。


XnIpI_LPDY1eb8.jpg



実に見事なステンドグラスが並んでいます。


Kqeipl03fk9adc.jpg



束ね柱の向うには、美しいパイプオルガンが見えています。このオルガンは15世紀に作られたものですが、18世紀になって、聖トーマ教会堂のパイプオルガンも手がけたヨハン・アンドレアス・ジルベルマンが改造しました。


qGlsinvhFN1ee3.jpg



十分に大聖堂の復習も終えました。思いがけず美しい街に出会え、まだまだ心残りですが、この旅で1日限りのフランス滞在もこのあたりで切り上げましょう。ホテルに向かって、戻っていきます。
途中に新教会の堂々たる建物もありましたが、外から眺めるだけにします。


m5Od49yzLF088d.jpg



クレベール広場に出ました。クレベールはナポレオンの配下で活躍し、エジプトでヘリポリスを奪還したこともある総司令官。1800年にエジプトで戦死しました。1840年、アルザス出身の彼の栄光を称えて、この広場を『クレベール広場』と呼ぶようになりました。傍らにスフィンクスが横たわっているのも、彼の経歴をふまえているんですね。


mHNz0o5tsw129f.jpg



このクレベール広場からトラムに乗って一駅分移動し、イル川の運河を渡ります。


f1oPtpDnuEcfb2.jpg



これがイル川の運河です。本流のほうが綺麗なようです。


Vu6CGo6H1z77fc.jpg



ホテルで荷物を受取り、駅に向かいます。ほんの1日の滞在とは思えないほど、ストラスブールの街からは生涯忘れ得ぬ記憶が強く頭に刻み付けられました。



次回を読む:10~11日目:ストラスブール~ベルン~チューリッヒ

前回を読む:9日目:マインツ~バーデン・バーデン~ストラスブール





↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR