fc2ブログ
 
  

ラインの旅:スイス編~バーゼルを経由して、ベルンに到着

ICEはバーゼル・バーディッシャー駅(ドイツ国鉄駅)を出て、夕日に輝くライン川を渡りました。


O9khd76eZT43ee.jpg



ライン川を渡ると、すぐにバーゼルSBB(スイス国鉄)駅に到着です。オッフェンブルクから1時間半ほどの旅でした。これからはスイスの旅が始まります。駅に着くとどっと人が降りましたが、スキーを持っている人をチラホラ見かけます。スイスに着いたという感じがしますね。
ここで別のICEに乗り換えて、ベルンに向かいます。ベルンで、クレーの名画と再会するためです。このバーゼルには、ラインの旅の総仕上げのために後日、戻ってきます。

バーゼルを出発したICEはLiestal駅に到着。


8nzUbThrTxd132.jpg



この駅を出ると、車窓はスイスらしい美しい風景が広がってきます。


cgCHLYjTqDbc5e.jpg



なだらかな緑の丘は美しいとしか言えない風景です。


D2TUkrdQOebdbd.jpg



川が見えてきましたが、ライン川ではありません。もう、ライン川は遠く離れました。


5LKIGl0OMpe226.jpg



オルテンOlten駅に到着。ここは今回訪れるベルン、チューリッヒ、バーゼルのちょうど真ん中あたりにある駅です。


UUa3snlmCr774a.jpg



オルテン駅を出ると、もう夕暮れの風景になってきました。


uysGrODTjecf85.jpg



平原の先には白く輝くアルプスの峰々を眺めることができます。


BoRIzpySlCed8c.jpg



美しいスイスの緑の草原とアルプス、いいですね。目は車窓に釘づけです。


ko2Dd70Vui93bd.jpg



やがて、日が落ちます。美しい落日です。


HACtn18RJFe92e.jpg



日が落ちるとともに、ベルンに到着です。この街も二度目。懐かしい感じがします。ところが、ベルン駅はとても変わった作りで、駅の全貌がよくつかめません。珍しくsaraiの方向感覚が狂います。歩き始めた先にホテルは見つかりません。バス停の前で地図を眺めて考え込んでいると、女性がお手伝いをしましょうかと声を掛けてくれます。どうもホテルとは反対の方に来てしまったようで、教えてもらった通りに駅まで戻ります。が、まだどうしても方向が分かりません。またまた悩んでいると、また別の若い女性が声を掛けてくれて、ホテルへの行き方を教えてくれました。ようやくわかったような気がしてそちらに進みますが、saraiの後ろを歩いていた配偶者が突然、肩を叩かれたそうです。さっき道を教えてくれた若い女性で、彼女がバスを待っていると、私達が曲がるべき角を曲がらずにどんどん進んでいるのが見えたので、追いかけてきてくれたとのこと。もうその親切に涙が出そうです。一緒に戻ってくれて、あの旗が出ている所がホテルよと教えてくれました。ベルンの市民の親切さには感謝あるのみです。

ようやく、ホテル(BEST WESTERN HOTEL BRISTOL)に到着です。駅前の立派なホテルです。早速、チェックインします。


SbkIl9AKQJ33ba.jpg



ロビーも美しいデザインです。


3N7ENo4akMde5d.jpg



お部屋も広々で立派。ベッドも大きくて、満足。


yVKHujtyNc3dfe.jpg



事前にメールで依頼していた通り、バスタブもあります。お風呂に入って疲れを取りましょう。


Uy1kEOhcHl6f1a.jpg



デスクも機能的で使いやすそうです。


pOK8i5v_bxffd8.jpg



壁にかかっている複製画はクレーのようですね。さすが、クレーの街ベルンのホテルです。一挙にクレーのモードに気持ちが盛り上がります。


AncbFeySgCc434.jpg



部屋に落ち着いたところで、saraiはモーゼルのコッヘムで購入したワインを飲みたくなりました。が、ホテルの部屋にコルク抜きがないことが判明。レセプションに電話をします。ワインのオープナーが欲しい旨を告げると、何やら、ホテル・べー・・・(?)にワインを持っていけば、抜いてくれると言っています。そのホテル・べー・・・というのが分かりません。ホテル・バーかと言うと、そうだというので、ワインのボトルを持ってレセプションに行きます。そこでホテル・バーの場所を訊くと、何と、もう一度1階上まで上がり、そこから廊下を突き当たりまで行き、また階段を下りていくと、そこにホテル・バーがあるというのです。どうも変なので、それは別の建物かと訊くと、そうだよとのとこ。ホテルの別館でしょうか。言われた通りに行くと、何やら騒々しい場所に出ました。10数人のロシア人団体客がレセプションでチェック・イン中です。どうやら、ここは我々の泊まっているホテルとは別の姉妹ホテルのようです。先ほど、電話で聞き取れなかったホテル・べー・・・というのは、ホテル・ベーレン(ベーレンはドイツ語で熊のこと、ベルン市のシンボルで、ベルンの名前も熊の意味です)のことだったみたいです。電話で知らない名前のホテルのことを言われても分かりませんよね。ところで、確かにレセプションの奥にホテル・バーがありましたが、暗くなっていて営業停止しているようです。レセプションのお兄さんに訊こうと思い、チェックイン騒ぎが終わるのを待っていると、客の1人が近づいてきて、saraiにホテルバーはクローズしたのかと訊きます。多分そうだと思うよって答えると、重ねてホテルの人間じゃないのかと訊くので、違うよって答えると、むっとした様子。レセプションのお兄さんに直接訊いて、クローズしたことを確認していました。こっちも不要なことを訊かれて、迷惑だったんだよと言ってやりたい思いでした。何とか、騒ぎの合間にレセプションのお兄さんにワインボトルを開けたいと言うと、ノープロブレム、ちょっと待ってねということで、すぐにワイン・オープナーを出してくれました。自分でできるかと訊かれましたが、もちろんできます。自分でちゃっちゃって開けると、後で戻ってきたお兄さんにパーフェクトと褒められました。コルクの開いたボトルを持って、部屋に戻ります。戻る途中でエレベータに乗ろうとすると、中にいた客が降りてきます。気になったので、ここは1階(日本で言う2階)だけどそれでいいのかって聞くと、部屋番号を見せます。部屋は2階です。それはここじゃないからエレベーターに乗るように言い、saraiの向かう4階のボタンを押します。すると、その客は3階のボタンを押します。何を考えているんでしょう。次に2階に停まったので、ここがあなたの部屋のあるフロアだよって言って、エレベーターから降ろしました。これでは、本当に自分がホテルの従業員になった気分です。まあ、首尾よくワインのボトルが開き、美味しいモーゼルワインを飲むことができたので、良しとしましょう。

今夜はベルンのホテルで一夜を過ごし、明日はクレーの絵画を鑑賞します。そして、午後にはチューリッヒに移動し、チューリッヒ歌劇場でオペラを鑑賞します。旅も半分ほど過ぎました。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR