FC2ブログ
 
  

ザルツブルクで音楽三昧:メンヒスベルクの丘で絶景を楽しみながらランチ、そして、ザルツブルグ精霊降臨音楽祭も終幕

2014年6月9日月曜日@ザルツブルク/5回目

メンヒスベルクMönchsbergの丘の上からの絶景を楽しんでいます。

2015053001.jpg


素晴らしい眺めですから、ここでランチしましょう。丘の上のレストランのテラス席が真ん前に見えます。

2015053002.jpg


テラス席に近づくと、スタッフが席に案内するまでここで待てというメッセージボードがあります。

2015053003.jpg


テラス席はほぼ満席で混み合っていて、ちょっと待たされます。

2015053004.jpg


やがて、テーブルに案内してもらえました。美味しい食事を頂きながら絶景を楽しみまよう。残念ながら一番外側の席は予約席でしたが、まだ客が来ていないので、絶景を眺めながらの食事が出来そうです。

2015053005.jpg


我々の案内されたテーブルにはクロスがかけられていません。案内したスタッフがsaraiに食事か喫茶かを確かめて、食事だと言うと、クロスをかけるように別のスタッフに指示します。そのスタッフが入念にクロスをかけますが、先輩スタッフのチェックがはいり、やり直し。ご苦労様。

ようやく落ち着いて座ったテーブルからはホーエンザルツブルグ城の姿がよく見えます。

2015053006.jpg


周りでは、皆さん、美味しそうに食事しています。

2015053007.jpg


我々もメニューをチェックして、オーダーを検討しましょう。おっと、メニューにシュパーゲルを発見。迷わずこれを選択。この旅で初めてのシュパーゲルです。
冷たいミネラルウォーターを飲みながら、料理を待ちます。

2015053008.jpg


パンも運ばれてきました。これを頂きながらメイン料理を待ちましょう。

2015053009.jpg


景色を楽しんでいるうちに美味しそうなシュパーゲルが運ばれてきました。本場でのシュパーゲルは1年ぶりです。saraiはシュパーゲルが大好物なんです。

2015053010.jpg


もう1つ選んだ料理はウィーナー・シュニッツェルです。

2015053011.jpg


どちらもとっても洗練された内容です。美味しく頂きました。
もちろん、食事を頂きながらしっかりと眺めも楽しみました。これはカプツィナー山KapuzinerbergとガイスベルクGaisbergですね。

2015053012.jpg


ホーエンザルツブルグ城も綺麗です。

2015053013.jpg


美味しい食事も終え、またエレベーターで丘の下に下りましょう。最後にもう1度、旧市街の素晴らしい眺めに目をやりました。

2015053014.jpg


下に下りてバス乗り場に向かうと、途中にコンディトライ・フュルストの小さな支店を発見。折角ですから、本家本元のモーツァルト・クーゲルを買っていきましょう。ホテルでおやつにいただきます。

2015053015.jpg


これがささやかなお土産です。ばら売りしてもらいました。

2015053016.jpg


急いでホテルに戻ります。今日は精霊降誕祭の最終日。閉幕オペラ公演を聴きます。配偶者は暑さをものともせず、着物で出掛けます。saraiは仮眠の休息ですが、配偶者は着物を着るために頑張っていました。
いざ、バスで祝祭大劇場に出陣。これが最後のチケットです。パルテッレの3列目の良い席です。しかし、このザルツブルグ精霊降臨音楽祭のチケットはいずれも高価で参りました。

2015053017.jpg


暑さにめげずに、この最後のオペラも無事に鑑賞。ザルツブルグ精霊降臨音楽祭最後を飾るロッシーニのオペラ《オテロ》は、チェチーリア・バルトリの素晴らしい歌を満喫できました。このオペラの詳細はここにアップ済です。楽しいオペラでした。saraiはお隣に座った日本のおじさんと新しいお友達になり、楽しいおしゃべり。終演後には、ずっと一緒だったオペラ仲間の女性ともお別れの挨拶が出来ました。配偶者は、地元の娘さんとお母さんとの2人連れと仲良くなり、着物を褒められ一緒に写真を撮っていました。皆さん上機嫌で、精霊降誕祭最後の夜を惜しんでいました。

明日はいよいよ懐かしのウィーンです。1週間の音楽三昧を楽しみます。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR