fc2ブログ
 
  

ウィーン最後の日、お買い物タイム

旅の22日目(2013年4月25日(木)@ウィーン)です。

いよいよ長かった旅も最終日。夕方の便で帰国です。

昨夜はオペラ仲間とカフェ閉店ぎりぎりまで楽しくおしゃべりをした後ホテルに戻り、遅くまでWEBチェックインをしたりブログを書いたりしていたので、ゆっくりと朝寝しました。配偶者はきちんと早起きして、せっせとブログを書きながらsaraiの起床を待っていたようです。ようやく起きたsaraiと、またまた朝食の時間ぎりぎりにレストランルームに滑り込んで、今日も最後の朝食客です。

昨夜のうちに荷物をまとめた配偶者は、帰国準備完了・・・と言いたいところだそうですが、お留守番をお願いした御近所の方へのちょっとしたお土産を考えないと帰れないとのこと。もう満足の旅を終えた気分のsaraiは、そんなに早く出かける必要はないと相変わらずパソコンとにらめっこしてブログを作成しながら、チェックアウトの時間は12時だからとのんびり構えています。と、電話が鳴ります。フロントからです。チェックアウトの時間を過ぎていますとのお知らせです。チェックアウトの時間は11時だったようです。はいはい、配偶者がちゃんと荷物をまとめてくれていたので、すぐに部屋を出ますよ。チェックアウト時間は明確に11時と書いて欲しいねと、まだまだ軽口をききながらも慌しく部屋を出ます。しっかり準備完了しておいた配偶者に感謝です。チェックアウトをし、ホテルに荷物を預かってもらいます。

地下鉄に乗って、街の中心に出ます。昨日買っておいた24時間交通チケットはまだ有効です。まずは、劇場連盟のチケットオフィスに寄って、6月のウィーン国立歌劇場の予約済みチケットを受取ります。


G_QCq3o_6i3693.jpg



ついでに劇場連盟カードを作ってもらいます。これで今後オペラを見るたびにポイントがたまります。ポイントがたまると、チケット購入時に有利になるようです。さて、いよいよお土産を買いに行きましょう。レオポルド美術館のショップで、クリムト風のデザインの小皿をお買い上げの予定です。24時間チケットがあるので、1駅ですが地下鉄に乗っちゃいます。レオポルド美術館の前庭は、青空の下で気持ちよさそうに寛ぐ若者でいっぱいです。ところで、心配なことが1つ。レオポルド美術館のショップは、美術館内の展示スペースの中にあったような気がするのです。入場券を購入してまで買いたいわけではありませんのて、行って確認してみましょう。やはり、美術館内にあるようです。でも、ここであきらめてはいけません。ショップに行きたいんだけど入れないかと尋ねてみると・・・なんとパスポートと引き換えに入場券を発券してくれました。30分以内に戻ってきたらパスポートを返してくれるそうです。ありがたいですね。パスポートを取り上げられないように早くお土産を買ってきましょう。お目当ての小皿などを購入して、ダンケシェ-ン! 今回は、ウィーンでは美術館には行かなかったけれど、6月の再訪時には行きましょうね。美術館を出たところで、フラットな路面なのに、何故か配偶者がばったりと転びます。前回の旅に続いてのばったりです。軽く膝小僧を擦りむいただけで大事に至らずにほっとします。我々も歳を取ったものです。

次は、今回の旧市街ブラブラ歩きで発見したスーパーのユリウス・マインルに向かいます。ユリウス・マインルはコールマルクトの端にあるので、レオポルド美術館のあるムージアムクォーターから、美術史美術館、王宮を抜けてぶらぶら散策しながら向かいましょう。ウィーンと言えば、マロニエ。咲き始めたマロニエの花が綺麗です。


Omi6Y0Wfq51344.jpg



美術史美術館と向かい合わせに建っている自然史博物館です。その間を抜けていきます。


7_xWHHng9M2021.jpg



リンク通りに出ました。美しい並木道です。


JzcSe5UIlidbea.jpg



リンク通りを派手な塗装のトラムが走っていきます。


Luk7kD8wg31ce0.jpg



王宮(ホーフブルク)の門の前に出ました。塀の端に見事な鷲の彫像。ハプスブルグ家の象徴ですね。


9pSbrcQIfs34b2.jpg



門の両脇を固めています。


qkERWco3TIdc99.jpg



新王宮の建物の最上部にも翼を広げた黄金の鷲。


fGMrxnf0YDee41.jpg



新王宮前の英雄広場の中央には騎馬像。


r9SghQRKYV0d91.jpg



広場を見下ろす翼のある女神像も青空に映えて美しいです。


omK5FxL2tycdf1.jpg



王宮前では何かイベントが開かれています。車関係の催しのようです。アウディのレーシングカーが展示されています。


dArElsJ85vdc81.jpg



王宮の大きな建物が続きます。


hQ6ELLLeDPf859.jpg



建物の上部には天使像。ともかく装飾が華麗です。


Mgbxfm2xq5887e.jpg



これはシュヴァイツァー門の紋章。


CFSij11zpJ2c6f.jpg



こんな見事な彫像もさりげなく配置されています。つい見逃しがちですね。


ZPcz8EwYt25918.jpg



王宮を抜けミヒャエル広場に出ました。ここからは高級ブティック街のコールマルクトの通りが始まります。


ZbjUKHI8SH9c4e.jpg



振り返ると、王宮のミヒャエル門。見事な建築ですね。


isL0W4HFL74cbd.jpg



コールマルクトの一番端にあるスーパーのユリウス・マインルまで歩いていきます。ここで売っているクラテッロ(パルマ産の生ハムの最高級品)をsaraiが買って帰りたいんです。他に、チョコレートを買い足してお買い物は終了です。
これですべての用事は完了。ランチにしましょう。この後は次回で。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR