FC2ブログ
 
  

ベルギー・アムステルダム・ウィーンの旅も迫り、準備作業開始

今年のヨーロッパ遠征の出発が迫ってきました。もう、本腰を入れて準備をしないと間に合いません。少し焦り気味です。

ということで、昨年の旅の詳細編ももう少しでグランドフィナーレというところ(後4日分)でしたが、残りは帰国後に続きを書くということにして、いったん、休止します。悪しからず。

なお、過去の旅の詳細編も徐々に再アップ中です。現在、2013年の《ライン川を遡る旅》をアップ中で、ロッテルダムからストラスブールの途中までをアップしました。再アップに際して、再編集していますので、既に読まれたかたもご覧いただければと思います。再編集のポイントは以下です。

 1.読みやすいように1日分をひとかたまりで読めるようにしました。(一部、例外はあります。ストラスブールは到着日の夕方から翌日の夕方までの滞在でしたので、これをひとかたまりにしています。) 画面左側のメニューのカテゴリから、《-オランダ・ライン川・ウィーンの旅》のサブカテゴリをクリックすると、そのサブカテゴリ内のすべての記事が一括して表示されます。

 2.移動ルートが分かりやすくなるように、地図を新規追加しました。

 3.地名等の固有名詞はなるべく原語も併記するようにしました。

さて、今日からは今年のウィーン~オランダ~ベルギー~パリの旅の準備状況をアップします。

まずはウィーンです。ウィーンでは、音楽三昧で連日、コンサート、オペラ。それ以外は空いた時間に市街散策です。これは配偶者にプランしてもらっています。ウィーンの音楽三昧は以下の通りの予定で、予習もほぼ完了。

 ウィーン・フィル演奏会(楽友協会) ヤンソンス指揮、フィンク(メゾ・ソプラノ) マーラー:交響曲第3番 (3回聴く予定)

  ウィーン・フィルで聴くマーラーは格別ですが、音響のよい楽友協会とくれば、マーラー・ファンとしてはたまりませんね。それにマーラーの交響曲第3番を得意にしているヤンソンスの指揮ですから、とても楽しみです。勢い、予習も一番、力を入れました。もっとも1時間40分ほどの長大な曲なので、そうそうは予習できません。敬愛するハイティンク指揮のものとウィーン・フィル演奏のものを軸に予習しました。

   ハイティンク指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、モーリン・フォレスター 1966年
   ハイティンク指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、ネス 1983年 クリスマス・マチネー
   ハイティンク指揮ベルリン・フィル、ネス 1990年
   ハイティンク指揮ウィーン・フィル、ネス 1995年 マーラー・フェスト
   ハイティンク指揮シカゴ交響楽団、デヤング 2006年
   バーンスタイン指揮ウィーン・フィル、ルートヴィッヒ 1972年 映像
   アバード指揮ウィーン・フィル、ジェシー・ノーマン 1980年
   マゼール指揮ウィーン・フィル、アグネス・バルツァ 1985年
   ブーレーズ指揮ウィーン・フィル、フォン・オッター 2001年
   ティルソン・トーマス指揮サンフランシスコ交響楽団、デヤング 2002年

  最高の1枚はハイティンク指揮シカゴ交響楽団。マゼール指揮とブーレーズ指揮のウィーン・フィルも素晴らしい演奏でした。ティルソン・トーマス指揮サンフランシスコ交響楽団もうっとりしました。時間があれば、ノイマン指揮チェコ・フィルとクーベリック指揮バイエルン放送交響楽団のCDも聴きたいと思っています。

 ウィーン交響楽団演奏会(楽友協会) ブロムシュテット指揮 ベートーヴェン:交響曲第4番、ニールセン:交響曲第5番

  ブロムシュテットが得意にしているニールセンが楽しみです。予習したCDは以下。

   ブロムシュテット指揮デンマーク放送交響楽団
   ブロムシュテット指揮サンフランシスコ交響楽団
   クーベリック指揮デンマーク放送交響楽団
   ネーメ・ヤルヴィ指揮イェーテボリ交響楽団
   ベルグルンド指揮デンマーク王立管弦楽団
   コンドラシン指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
   コーリン・デイヴィス指揮ロンドン交響楽団
  ヤルヴィが最高。コンドラシンとコーリン・デイヴィスも聴きものです。

 オペラ《テンペスト》(ウィーン国立歌劇場) アデス指揮 (英国現代の新鋭アデス作曲)

  最近、評判のアデスのオペラも聴いてみます。初めて聴く21世紀のオペラです。予習したのはメトロポリタン歌劇場でアデス自身が指揮した映像。

 オペラ《カルディヤック》(ウィーン国立歌劇場) ボダー指揮、デノケ (ヒンデミット作曲)

  これは初めて聴くヒンデミットのオペラ。自分の芸術に溺れた金細工師が殺人を犯す悲劇を描いたものです。デノケが歌う金細工師の娘が楽しみです。予習したのはパリ・オペラ座の映像。デノケが歌っています。

 オペレッタ《伯爵夫人マリツァ》(フォルクスオーパー)

  カールマンの傑作オペレッタ。前から聴きたかったのですが、ようやく聴けます。予習したのはメルビッシュ音楽祭の映像。

ウィーンは音楽の予習で準備はOKでしょう。

次はオランダ。目的はやはり、音楽ですが、日程に余裕があるので、観光も楽しみます。
まず、音楽の予定と予習状況は以下。

 オペラ《ルル》(ネーデルランド・オペラ) ルイージ指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 、ケントリッジ演出、エルトマン、グルンドヘーバー(2回聴く予定)

  ベルリン国立歌劇場(シラー劇場)でもルルを熱唱した美人ソプラノ、エルトマンに期待。今回の演出はメトロポリタン歌劇場とも共同制作のものです。予習したのは以下の映像。

   パリ・オペラ座 ブーレーズ指揮、シェロー演出、ストラータス 1979年
   グラインドボーン音楽祭 アンドリュー・デイヴィス指揮、ヴィック演出、シェーファー 1996年
   ザルツブルク音楽祭 アルブレヒト指揮ウィーン・フィル、ネミロヴァ演出、プティボン 2010年
   ベルリン国立歌劇場(シラー劇場) バレンボイム指揮、ブレート演出、エルトマン 2012年

  グラインドボーン音楽祭の映像が素晴らしいです。

 ユトレヒト音楽祭(ジャニーヌ・ヤンセン主催) バロック・コンサート、ハイドン:十字架上のキリストの7つの最後の言葉(弦楽四重奏と重唱)

  ジャニーヌ・ヤンセンがヴァイオリンを弾くバロック・コンサート(バッハ)とハイドンのコンサートを聴きます。ハイドンの《十字架上のキリストの7つの最後の言葉》が楽しみです。予習したのは以下です。

   ジュリアード四重奏団(弦楽四重奏と重唱)
   エマーソン四重奏団(弦楽四重奏版)
   クイケン四重奏団(弦楽四重奏版)

オランダではアムステルダムに4泊します。アムステルダムでは美術館を中心に周ります。アムステルダム国立美術館は3度目の正直でようやく見られそうです。改装後、無休になりましたので、曜日を気にせずに訪問できます。ここでは、フェルメールの《牛乳をそそぐ女》を見るのが楽しみです。フェルメールだけでなく、レンブラントも見ないといけませんね。あと、ゴッホ美術館と市立美術館にも行く予定です。どうやら、事前にネットでEチケットを購入しておいたほうが並ばずに入館できるようです。割引チケットや各種パスもあるようですが、それらは結局窓口に並ぶようなので、Eチケットを買うのが時間の節約になります。

アムステルダム以外の街も訪問予定ですが、それは明日以降に調べましょう。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico

kicoさん、初めまして。saraiです。

心配ですね。私はそのまま、沈静化するのを待っています。シュターツオーパーのチケットも購入しました。何としても行こうとは思って

03/09 22:12 sarai

はじめまして。私も同じ時期にウィーン滞在の計画をしており、楽友協会でのベルリンフィルのチケットを購入しました。が、新型コロナの件で、そもそも旅行に出られるのかど

03/09 16:59 kico

お役に立てて、なによりです。我が家では今でもメインのCDプレーヤーとして活躍しています。ただ、最近はCDはいったんリッピングしてHDDに格納し、USBオーディオでオーディ

01/18 15:18 sarai

父からアンプとセットで譲り受けたもののトレイが動かず困っていましたが、
ブログを見て自分で購入・修理することができました。
利益目的でもなくまた素人でも分かる記事

01/18 13:50 hisa

のりしんさん

saraiです。コメントお寄せいただき、ありがとうございました。
同じ追っかけ仲間、今後ともよろしくお願いいたします。
彼女の声は素晴らしいですね。

12/01 12:07 sarai

私も中村さんの追っかけやっております。昨日の演奏も圧倒的でしたね。中村さんの歌を聴いていると、なぜか涙腺が緩んで来ます。

12/01 09:39 のりしん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR