FC2ブログ
 
  

ウィーン・ベルギーの旅の準備 アムステルダムの美術館予約で苦戦

今年のヨーロッパ遠征に向けて、昨日から、急ピッチ(かな?)で準備中です。

昨日、アムステルダムの美術館のEチケットを購入するというところで時間切れになりました。予約する日時を決める必要がありましたが相談相手の配偶者は深夜で既に熟睡中だったんです。
日が明けて、美術館の訪問日時を決めて、チケット予約開始。優先順位はアムステルダム国立美術館、ゴッホ美術館、市立美術館で予約開始。
アムステルダム国立美術館の公式HPはここです。チケット予約を始めると、あれっ・・・。Eチケットは一人17.5ユーロですが、なんと入館日時の入力はありません。ということは入館予約はなく、Eチケットでいつでも入館できるということですね。最初の思いとは異なりますが、まあ、いいかという感じで2人分購入。JCBカードも使えました。
では、次にゴッホ美術館のチケット予約です。公式HPはここです。チケット予約を始めると、またまた、あれっ・・・。Eチケットは一人17ユーロですが、Museumkaartというのがあって、一人0.0ユーロ。ということは、Museumkaartを保持していれば、無料で入館予約もできそうです。慌てて、Museumkaartの情報をチェックすると、一人59.90ユーロで1年間、多くの美術館が無料入館可能になります。それもアムステルダム市内だけでなく、オランダ国内すべて有効です。美術館以外の施設にも使えそうです。これはお得ですね。それに入館予約までできるんです。でも、アムステルダム国立美術館のEチケットは先ほど購入済み。あちゃ、早まった! しかし、このMuseumkaartはネットでは購入できず、オランダ国内の美術館の窓口に並んで購入する必要があります。一番、混み合いそうなのはアムステルダム国立美術館とゴッホ美術館です。アムステルダム国立美術館は窓口に並ばずにEチケットで入館し、空いている筈の美術館の窓口でMuseumkaartを購入することにしましょう。ということで、気持ちの整理をつけて、Museumkaartを購入することを前提にチケット予約を続けましょう。
ゴッホ美術館は無事、日曜の朝1番の予約がとれました。無料です。
次はアムステルダム市立美術館のチケット予約です。公式HPはここです。チケット予約を始めると、またまた、あれっ・・・。Eチケットの予約はありますが、Museumkaartの無料予約がありません。現在、市立美術館ではマティス展をやっているので、通常料金15ユーロに5ユーロ上乗せた料金になっていて、Museumkaart保持者も5ユーロ支払う必要があります。それはいいのですが、ネットでMuseumkaart保持者用の予約ができないと結局、窓口に並んで5ユーロのチケットを購入する必要があります。アムステルダム国立美術館とゴッホ美術館ほどは混み合わないにしても日曜ですから、それなりに混むでしょう。まあ、仕方がありませんね。最後にダメ元でEチケットの予約をやってみることにしました。すると、最後にMuseumkaartを持っているかどうかをチェックするページが登場。ほっとしました。無事に日時指定で入館予約し、一人5ユーロもチケットを購入できました。
これでアムステルダムの3つの美術館の予約ができ、チケットもプリントアウト。並ばずに入館できます。

アムステルダム到着の翌日はオランダのお友達レイネさんご推奨の古都ハーレムと大学の町ライデンを訪問することにしました。まず、ハーレムはアムステルダム中央駅から鉄道で15分~20分ほどです。ここは美しい街で街歩きを楽しみます。フランス・ハルス美術館もあるので、そこも訪ねましょう。ここでもMuseumkaartは使えます。というよりも、ここでMuseumkaartを購入する作戦です。平日だし、窓口は混んでいないでしょう。ランチは有名なJopenビール醸造所でいただくことにします。

ハーレムからライデンへは鉄道で20分ほどです。電車もほぼ10分置きに出ていて便利です。ライデンは日本人にとってはシーボルトゆかりの地。シーボルトハウスでも訪ねてみましょう。そうそう、レンブラントの生まれた町でもありますね。運河沿いの道でも歩いてみましょう。

翌日はユトレヒトを訪ねますが、その調査は明日以降に。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR