FC2ブログ
 
  

ウィーン・ベルギーの旅の準備 ウィーンとオランダの準備は何とか完了

オランダの旅の部分の準備をしている途中でしたが、ウィーンの初日の予定に戻って、ヴァッハウの町デュルンシュタイン訪問の計画を練ります。と言っても、単に往復の鉄道の経路をチェックするだけです。ホテルにいったん荷物を置いていくので、ホテルのあるベルヴェデーレ宮殿のあたりからのルートをチェックします。
ÖBBのRoute Plannerのページが便利です。

71番とDラインのトラムを乗り継いで、フランツ・ヨーゼフ駅まで行き、そこから、REX(急行)に乗って、クレムス駅に行きます。そこからローカル線に乗ってデュルンシュタイン駅まで行くつもりでしたが、どうしてもその部分はバス移動になります。ローカル線は運休中なのでしょうか。仕方がありませんね。1時間に1本のバスでKrems(Bahnhofplatz)からDürnstein Parkplatz Ostまで行きます。ホテルから約2時間ほどの移動になります。帰りは久しぶりにクレムスの町もぶらぶらしてきましょう。クレムスに行く楽しみはクレムス産の白ワインをいただくことです。シュパーゲルを肴にできるといいなあ。クレムスからウィーンに戻る電車は17:02/18:02/19:02と1時間置きにあるので、ゆっくりできるでしょう。

ついでにウィーンの空港の出入りの電車の時刻をチェックして、ウィーンでの移動のプラン作成は完了。

再び、オランダの旅の準備に戻ります。
オランダでの移動は基本的に一昨年にゲットしたOVチップカールトを使うことにします。無記名のスイカのようなものです。スキポール空港で今回のオランダ国内での移動に必要な料金をチャージします。一人60ユーロのチャージです。アムステルダムのトラム、バス、そして、オランダ国鉄NSもすべて、これ1枚で利用できます。
空港からアムステルダムのホテルまでの移動は197番のバスに乗ります。およそ30分ほどで国立美術館前に着く筈です。
アムステルダム市内での移動はGVBのReisplannerのページが便利です。出発点と目的地を入れるとトラムの番号と乗り換えを教えてくれます。トラムの路線図があっても、結構、乗り換えが難しいのでこのページは重宝します。これでアムステルダム市内の移動はすべて解決。

オランダ滞在の3日目はユトレヒト。目的はユトレヒト音楽祭です。音楽祭の監督をジャニーヌ・ヤンセンがやっていて、彼女もいくつかのコンサートにヴァイオリニストとして参加します。この日も午前のバッハのトリオソナタのコンサートと夜のハイドン(十字架上のキリストの最後の7つの言葉)のコンサートで演奏します。その2つを聴きます。アムステルダムからユトレヒトまでは鉄道で30分弱で15分おきに電車が走っています。オランダは都市間の電車が頻繁に走っていて便利ですね。なお、オランダ国鉄の移動検索はオランダ国鉄NSのreisplannerのページが便利です。コンサートはユトレヒトのシンボルでもあるドム教会が会場です。コンサートと観光が一挙にできます。コンサートとコンサートの間の時間はユトレヒト散策とランチ。お友達のレイネさんが駆けつけてくれて、ご一緒してくれるそうです。嬉しいですね。

オランダ滞在の4日目は美術館(ゴッホ美術館、市立美術館)を見て、最後に夜はオペラ《ルル》を聴いて、オランダでのお楽しみは完了。

翌日からはベルギーの旅が始まります。8日間かけて、ベルギーを巡ります。初めてのベルギーなので、周到な前準備が必要ですが、それは明日1日かけて、なんとかやり抜きましょう。明後日は出発ですからね。いつもながら、最後はあたふたとしてしまいます。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR