FC2ブログ
 
  

会心のマーラー3番:ヤンソンス+ウィーン・フィル@ウィーン楽友協会 2015.6.20

今日はダブルのコンサート。これは1回目。2回目は別稿でアップします。

ウィーン・フィルによるマーラー。そして、演奏会場はウィーン楽友協会とくれば、もう、これ以上はありませんね。そして、マーラーの中でも交響曲第3番はこの組み合わせで聴きたい曲のトップ3には入ります。そして、指揮は以前、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団とこの曲の素晴らしい演奏を聴かせてくれたヤンソンスとくれば、演奏に期待するなと言うのが無理になります。そして、やはり、会心の演奏でした。冒頭のホルンの響きが楽友協会大ホールに満ちて、まさに真正のマーラーを思わせます。第1楽章は金管が主導する重々しい行進曲。長大な楽章ですが、マーラーの音楽を堪能できます。ヤンソンスはメリハリの利いた音楽作りでこの曲を手の内に収めていることを感じさせる指揮です。第1楽章が終わっただけで、もう、普通の曲なら全曲を聴き終わったようなものですが、これはまだ序章です。第2楽章、第3楽章はウィーン・フィルならではと感じさせる演奏。木管、弦の素晴らしい響きに聞き惚れるばかりです。ザルツカンマーグートのアッター湖の美しい自然を描き出すのは、このウィーン・フィルのサウンドが最高です。なお、第3楽章で奏されるポストホルンの響きのバランスは絶妙。こうであらねばならぬという感じに思えます。第4楽章はメゾソプラノのフィンクの歌声が朗々と響きます。表現力はまあ普通でしょうか。コンサートマスターのホーネックの独奏ヴァイオリンが美しくフィンクの歌声に絡みます。第5楽章は合唱が主役。オルガン席に並んだウィーン少年合唱団とオーケストラの後ろに並んだ楽友協会女声合唱団が上下2段に重なるのはヴィジュアル的にも美しいですし、素晴らしい歌声です。マーラー自身がこういう演奏をしたのかどうかは知りませんが、決定版にも思える形態です。そして、第5楽章の終了と間をおかずにマーラーが書いた音楽の中でも最高の音楽、第6楽章のコラールが静かに静かに開始されます。もう、耳をそばだてて聴き入るのみです。目は自然と閉じてしまいます。感覚が聴覚のみに集約されます。人間の切なさ、哀愁、愛がこの音楽にこめられていて、ヤンソンスとウィーン・フィルは大事に大事に一音一音を紡ぎだしていきます。音楽を聴きながら、思わず、音楽に合わせて呼吸している自分に気が付きます。人の思いや感覚を曲の中に閉じ込めているからでしょう。音楽は次第に熱を帯び、感動に誘っていきます。終結部は長い感動の頂点です。ヤンソンスは最後の和音を思いっきり、長く引き延ばします。まるで、人生の最終章のようでもあります。永久に終わらせたくない・・・そんな気持ちを感じさせます。ヤンソンスのこの曲への強い思いを見た感じがしましたし、それはsaraiの思いも同じです。

今日のプログラムとキャストは以下です。

  指揮:マリス・ヤンソンス
  メゾソプラノ:ベルナルダ・フィンク
  合唱:ウィーン楽友協会合唱団(女声合唱)
     ウィーン少年合唱団
  管弦楽:ウィーン・フィル

  マーラー:交響曲第3番ニ短調

まだ、このプログラムは明日、そして、1日置いて、火曜日にも聴きます。何度でも聴きたい音楽です。


↓ 音楽を愛する同好の士はポチっとクリックしてsaraiと気持ちを共有してください

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR