fc2ブログ
 
  

我らがチェチーリア:ロッシーニ《オテロ》@ザルツブルグ祝祭大劇場 2014.6.9

チェチーリア・バルトリに魅了されっぱなしの5日間。ザルツブルグ精霊降臨音楽祭も今日が最終日。最後の公演、ロッシーニの歌劇《オテロ》もその中心にいたのは我らがチェチーリアでした。ロッシーニの歌劇《チェネレントラ》ではコミカルな役柄、今日はシリアスな役柄、何でもパーフェクトに歌いきるチェチーリア。今や不世出の歌手の一人に仲間入りしたと言っても過言ではないでしょう。

ロッシーニの歌劇《オテロ》は恥ずかしながら、今までまったく知りませんでした。歌劇《オテロ》と言えば、ヴェルディしか知らず、今回の公演も最初、ヴェルディと誤認して戸惑ったほどです。今回のザルツブルグ精霊降臨音楽祭の公演はチューリッヒ歌劇場との共同制作(シャンゼリゼ劇場とも)で、そのチューリッヒ歌劇場のヴィデオを見て、今日の公演のチケットを購入することを決断しました。キャストもカマレーナが出ないこと以外はすべて同じ。オーケストラだけは異なりますが、同じ演出の同じ舞台装置です。

生で聴くとますます魅力にあふれたオペラです。今までヴェルディの陰に隠れていたことが信じられません。ヴェルディのものとはかなり、あらすじが違っていますが、柳の歌から後のフィナーレまでの盛り上がり方は同様です。特にチェチーリアの歌う柳の歌は最高に素晴らしいものでした。この1曲を聴くだけでもこのオペラを聴く価値がありました。

今日のキャストは以下です。

  指揮:ジャン=クリストフ・スピノジ
  演出:パトリス・コーリエ&モッシュ・ライザー
  管弦楽:アンサンブル・マテウス
  
  オテロ: ジョン・オズボーン
  デズデモナ: チェチーリア・バルトリ
  ロドリーゴ: エドガルド・ロッカ
  イアーゴ: バリー・バンクス
  エルミーロ: ペーター・カルマン
  エミーリア: リリアナ・ニキテアヌ
  ドージェ: ニコラ・パミオ

まず、今回の演出ですが、カラフルな演出で知られるパトリス・コーリエ&モッシュ・ライザーがあえて、シェークスピアの劇作を意識したのか、落ち着いたトーンの舞台で堅実とも言える演出。黒を基調に悲劇性を強調したんでしょうか。もっともソファや椅子はカラフルだったようなので、中庸を狙ったとも言えます。もちろん、ザルツブルグですから、ヴェネチアらしさは抑えて、現代風の装いになっています。まあ、シンプルで簡素な舞台でした。評価としては可もなく不可もないという感じです。

一方、音楽面では、スピノジも遊びの少ない厳格な演奏。舞台の動きと同期をとった演奏は《チェネレントラ》同様ですが、それほど明確なものではありません。2回目の《チェネレントラ》でブーイングも出たそうですから、少し、抑え気味の指揮だったかもしれません。《チェネレントラ》のときのような楽しそうな雰囲気の指揮とはかけ離れていました。

歌手はチューリッヒ歌劇場以来、ずっとほとんど同じメンバーで安定しています。中でもチェチーリアの存在感は抜群ですが、オテロ役のジョン・オズボーン、ロドリーゴ役のエドガルド・ロッカは素晴らしい歌唱。イアーゴ役のバリー・バンクスは見栄えはともかく、なかなか好演。ベテランのリリアナ・ニキテアヌも美しい歌唱で脇役としての役割をしっかりと果たします。エルミーロ役のペーター・カルマンはこのオペラの主役級では唯一のバリトンで渋く深い響きで重唱を支えていました。そうです。このオペラは珍しく、主役級のオテロ、ロドリーゴ、イアーゴの3人は強い響きのテノールです。このテノール3人の出来がオペラの成否を握っています。激しく戦いあうテノール歌手たちの素晴らしい歌唱で舞台は盛り上がりました。
そして、最後はチェチーリアの綿々たる柳の歌とそれに続くオズボーンとの緊張感の高い歌の掛け合いで最高の盛り上がり。デズデモナが殺されるシーンは衝撃的でもありますが、カルメン同様、死を覚悟した女性の強さが表現されます。
それにしても、チェチーリアのアジリタの見事さはこのオペラでも遺憾なく発揮されました。その素晴らしさは讃えようがないほどです。

こう書いてきて、ふと、こういう悲劇性の高いオペラのしては、強い感動がなかったことに思い当りました。素晴らしい歌唱に感銘はありましたけどね。ヴェルディの《オテロ》に比べると、ロッシーニはあえてシリアスさを少し抑えたのかもしれません。どちらがいいとも悪いとも言えませんが、それが作曲家の個性なんでしょうね。

幕引き後のカーテンコールは音楽祭のフィナーレを讃える聴衆の歓呼の嵐。チェチーリアはまだ48歳。これからは彼女の時代が続くことになる強い予感が脳裏を駆け巡りました。ビヴァ! チェチーリア!




↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR