fc2ブログ
 
  

ミンコフスキによる素晴らしきグルックのオペラ《アルチェステ》@パリ・オペラ座(ガルニエ) 2015.7.7

何と言っても、ミンコフスキ指揮のグルノーブル・ルーヴル宮音楽隊のしっかりした低音部をベースにした繊細かつ華麗なアンサンブルの美しさに音楽を聴く喜びを触発され尽くしました。グルックの音楽、オペラがこんなに美しいものだとは思ってもみませんでした。特にひそやかな抒情を歌う場面での音楽ときたら、うっとりするのみです。ミンコフスキがオーケストラの響きを極限まで抑え、タイトルロールのアルチェスト役のヴェロニク・ゲンスが抒情の限りを尽くして歌うシーンでの感動といったら、オペラ好きのかたならば、状況をお察しくださると思います。オーケストラだけが美しい音楽を奏でるところも素晴らしさの限りです。
コリフェ4人(合唱隊の先導役)の素晴らしい歌唱も見事でした。特に若いソプラノの見事な歌唱にはほれぼれ。合唱も素晴らしく、合唱とコリフェが交互に歌うシーンは舞台上の位置をよく考えてあり、素晴らしい効果を生んでいました。
演出は白墨で黒板にリアルタイムに絵を描いていくのが骨子になっていました。演奏開始前からのそういう演技と言い、最近の流行のようですね。まあ、これは可もなし不可もなしと言う感じです。おっと驚いたのが幕間休憩後の第3幕で、それまでピットにいたオーケストラが舞台に上がり、舞台の前面と一番奥、そして、ピット内で歌手たちが演技・歌唱したことです。視覚面では効果がありましたが、これって、演奏会形式のオペラみたいだし、その上、ピットの分、音楽が後ろに引いてしまったみたいで、音楽面では確実にマイナスになっていました。特にそれまで美しく響いていたオーケストラの音が遠くなり、今回の公演で一番素晴らしかったオーケストラの良さを減じてしまった格好です。saraiの個人的な思いでは、演出はあくまでも音楽を美しく聴かせることを最優先にすべきだと感じていますが、残念ながら、最近はしばしば、音楽を軽んじた結果になる演出も見受けられます。今回は音楽が素晴らしかっただけにもったいないことだったと思います。演出のオリヴィエ・ピィはアヴィニョン演劇祭のディレクターをしていた人だそうです。

ところでこのグルックのオペラは最初、イタリア語版で作られて、ウィーンで初演されたものです。グルックの有名なオペラ《オルフェオとエウリディーチェ》と同様にフランスで再演するにあたって、フランス語版に書き変えて、フランス好みに音楽の追加・変更を行い、パリ版としたものが今日公演されたものです。グルックはドイツに生まれ、オーストリアで活躍し、その後、音楽教師として仕えていたマリー・アントワネットに従って、フランスに渡りました。生涯でドイツ語のオペラを一つも作らず仕舞でした。そんな時代だったのでしょう。まるでイタリアの作曲家かフランスの作曲家と誤認してしまいそうですが、最後はウィーンで亡くなったれっきとしたドイツ・オーストリア系の作曲家です。しかし、今日のオペラを聴いていると、いい意味でフランスのバロックの音楽家と思えてしまいます。このオペラはウィーンでは今でもウィーン版(イタリア語版)で上演されているんでしょうか。

プログラムとキャストは以下です。

  指揮:マルク・ミンコフスキMarc Minkowsk
  演出:オリヴィエ・ピィOlivier Py
  管弦楽・合唱:グルノーブル・ルーヴル宮音楽隊Chorus and Orchestra of Les musiciens du Louvre Grenoble.

  グルック:オペラ《アルチェステ》(パリ版:フランス語版)初演1776年4月23日、パリ/Paris,王立音楽アカデミー/Opera national de Paris(パリ・オペラ座)

  アルセスト/Alcesteテッサリア地方ペライの王女(S)
    ヴェロニク・ゲンスVéronique Gens
  アドメート/Admeteテッサリア地方ペライの王(T)
    スタニスラス・ド・バルベイラクStanislas de Barbeyrac
  祭司長/High Priest アポロ神殿の祭司長(Br)、エルキュール/Herculesギリシャの英雄ヘラクレス、アドメート王の友人(Br)
    ステファーヌ・デグーStéphane Degout
  エヴァンドロ/Evandreアドメート王の信頼篤き廷臣(T)、コリフェcoryphée alto
    Manuel Nuñez Camelino
  コリフェCoryphée soprano
    Chiara Skerath
  アボローン/Apollonアポロの神(Br)、伝令官/Herald アドメート王の廷臣(B)、コリフェCoryphée basse
    Tomislav Lavoie
  コリフェCoryphée ténor
    Kevin Amiel
  託宣者/Oracle神のお告げを伝える者(B)、地獄の神/Thanatos死の神(B)
    François Lis


↓ 音楽を愛する同好の士はポチっとクリックしてsaraiと気持ちを共有してください

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR