fc2ブログ
 
  

さすがにバレエの殿堂:バレエ《ラ・フィーユ・マル・ガルデ》@パリ・オペラ座(ガルニエ) 2015.7.8

さすがにパリ・オペラ座のバレエです。実に完成度の高い舞台を見せてくれました。まさにバレエの殿堂にふさわしいものです。とは言え、このバレエ《ラ・フィーユ・マル・ガルデ》自体はフランス生まれのバレエですが、このバレエ振付はフレデリック・アシュトンが英国ロイヤル・バレエで1960年に行ったものをそっくり、そのまま、2007年にパリ・オペラ座に持ってきたものです。そういう意味では、ロイヤル・バレエが作り上げたバレエをパリ・オペラ座のバレエ・ダンサーたちが演じているもので、両者を融合したバレエと言えます。舞台装置も含めて、ロイヤル・バレエと全く同じものです。舞台で踊っているダンサーの後ろにいるダンサーたちの小芝居の仕草までロイヤル・バレエを思わせるものです。

主役のリーズを踊ったレティツィア・ガロニの小気味よい踊りが光りました。驚くことに彼女はまだコリフェ(パリ・オペラ座のランクではエトワール、プルミエール・ダンスーズ、スジェに続く4番目のランク)なんですね。エトワールが踊る役柄に抜擢されたのですから、余程、将来を嘱望されているんでしょう。試されていると言ってもいいのかもしれません。まだ、23歳くらいのようです。第3幕でのタンバリンの踊りの見事さには、目を奪われました。試験としては合格かも知れませんが、年末の昇格試験をパスしないと上には上がれないそうです。頑張ってほしいですね。
コーラスを踊ったマチアス・エイマンはエトワール。見事な踊りに客席が沸きました。日本公演ではバジルを踊った人ですね。

パリ・オペラ座で見るバレエの楽しさは格別でした。

プログラムとキャストは以下です。

  指揮:Philip Ellis
  振付:フレデリック・アシュトンFREDERICK ASHTON
  管弦楽:パリ・オペラ座管弦楽団

  バレエ《ラ・フィーユ・マル・ガルデ》LA FILLE MAL GARDÉE 音楽:フェルディナン・エロール 編曲:ジョン・ランチベリー

  リーズ:レティツィア・ガロニLetizia Galloni
  コーラス:マチアス・エイマンMathias Heymann
  未亡人シモーヌ:Yann Saïz


↓ 音楽を愛する同好の士はポチっとクリックしてsaraiと気持ちを共有してください

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

同日観劇でした♪

sarai様、はじめまして。

偶然ブログを拝見して、大変驚きました。
私も全く同じ舞台を拝見しました。
こんな偶然もあるんですね!

本当に素晴らしい舞台でした。
本場で観られて幸せでした。

突然お邪魔しました。。

No title

みーちゃんさん、saraiです。

それはどうも。ご一緒したんですね。さすがにパリ・オペラ座のバレエは素晴らしいですね。リーズがエトワールだったら、どうだったんでしょうね。
ともかく、雰囲気がお洒落でいいです。

また、当ブログへもお越しください。マリインスキー劇場の来日公演も見る予定です。
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR