FC2ブログ
 
  

若きヴァイオリンの逸材・・・日下紗矢子&ペーター・ブルンズ デュオ・リサイタル@横浜市磯子区民文化センター杉田劇場 2015.7.25

最近、名前を見ること多いヴァイオリニストの日下紗矢子の演奏を一度、聴いてみようと思って、チェロとのデュオリサイタルに足を運んでみました。聴いてみた結果、その卓抜した演奏にすっかり魅了されました。まず、テクニックがしっかりしていること、これは当たり前かも。芸大を首席で卒業し、読売日本交響楽団のコンミスをやっているほどですからね。それに安定した演奏・・・音楽を十分に把握していることをうかがわせます。そして、最大の美点は超高音の響きの美しさです。ヴァイオリンはやはり、これが一番のポイントですね。スローなパートで美しい高音を響かされると、うっとりとしてしまいます。

最初のラヴェルはそこそこの演奏。ピアノとのソナタと違って、同じ弦楽器のチェロとのソナタなので、同質性の高い弦の響きが美しいアンサンブルになります。綺麗な演奏なのですが、もう一つ、インパクトが感じられませんでした。

次のシュルホフの二重奏曲は素晴らしい演奏。第1楽章からぐっと惹き付けられて、集中して聴いてしまいました。シュルホフの作品を聴くのは初めてです。シュルホフは20世紀前半に活躍したチェコの作曲家。ユダヤ人で左翼的な思想を持っていたために弾圧の対象になり、ソ連に脱出する直前にナチスに囚われて、強制収容所で結核で亡くなりました。そのため、彼の作品はずっと埋もれていて、演奏されるようになったのは最近のことだそうです。このシュルホフの作品はちょっとノントナール風にも聴こえますが、しっかりとトナール音楽です。当時は前衛的だったと思われる響きですが、日下紗矢子は見事に表現します。特にゆったりした部分を実に美しく演奏します。よいものを聴かせてもらいました。シュルホフの曲もよく、日下紗矢子もよしという演奏でした。今日のリサイタルで一番の聴きものでした。

休憩後、コダーイの二重奏曲です。この曲は演奏者がヴィルトオーソ的に弾きまくるような曲の作りになっています。ヴァイオリンもチェロも思う存分、自在な演奏で弾きまくります。演奏者も気持ちよく演奏しているようです。こちらも十分に楽しませてもらいました。日下紗矢子は素晴らしいテクニックで衒いのない演奏。まあ、芸術性を云々するような曲ではありませんが、素晴らしい演奏に耳を楽しませてもらいました。

今日のプログラムは以下です。

  ヴァイオリン:日下紗矢子
  ピアノ:ペーター・ブルンズ

  ラヴェル:ヴァイオリンとチェロのためのソナタ
  シュルホフ:ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲 

   《休憩》

コダーイ:二重奏曲Op.7
    
   《アンコール》
     グリエール:ヴァイオリンとチェロのための8つの小品 Op.39~第4曲《カンツォネッタ》

庄司紗矢香の輝くような個性とはまた違ったタイプですが、室内楽では安定した演奏が素晴らしく、今後、とても期待できそうです。ちなみに庄司紗矢香よりも4歳年上ですが、パガニーニ国際コンクールで庄司紗矢香が1999年に史上最年少で優勝した翌年の2000年に惜しくも第2位になり、キャリア的には遅い登場となりました。ヒラリー・ハーンとは同い年。ユトレヒトで聴いたジャニーヌ・ヤンセンは1歳上。国内外、この世代のヴァイオリニストは才能がひしめいています。saraiはまた、楽しみな逸材を見つけた感じで嬉しいリサイタルになりました。


↓ 音楽の好きなかたはポチっとクリックしてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR