FC2ブログ
 
  

ラインの旅:スイス編~ライン川に沿って、鉄道でシュタイン・アム・ラインに到着

2013年4月15日月曜日@スイス・チューリッヒ~ボーデン湖~ラインの滝/7回目

コンスタンツからはシャフハウゼンSchaffhausenに向かう予定でしたが、急に心変わりして、少し手前のシュタイン・アム・ラインStein am Rheinの街で途中下車することにしました。とても天気がよいので、ライン川のほとりにあるシュタイン・アム・ラインの街が美しいだろうし、予定していたスケジュールも順調にこなせているので、寄り道をする気になったんです。

コンスタンツ(Konstanz)を出発し、クロイツリンゲン(Kreuzlingen)で電車を乗り換えて、シュタイン・アム・ライン(Stein am Rhein)へ向かいます。鉄道ルートを確認しておきましょう。


2013110501.jpg



予定の電車に乗って、クロイツリンゲンの駅に到着。これがコンスタンツから乗ってきた電車です。


TdGrkNClvm636b.jpg



クロイツリンゲンのホームで電車を待ちます。


TIic1S332Z2d30.jpg



5分ほどの待ち合わせでSバーン(S3)の電車がきます。シュタイン・アム・ラインもシャフハウゼンも停車する電車です。


I9AuN15ove87c2.jpg



予定通り電車がやってきました。ここからはライン川を下る旅になります。


4A8TZwI2op04c3.jpg



30分ほどでシュタイン・アム・ラインに到着する筈です。
Sバーンの電車の車内はカラフルで綺麗です。


Ct6hDIWRVd9d6d.jpg



クロイツリンゲンを出ると、すぐに右手の車窓からライン川が見えてきます。この辺りはボーデン湖の河口からすぐ近くです。


3NaYRQkQEy0e5e.jpg



青空の下、広々とした川幅のライン川がゆったりと流れています。


rwxl3IrMXk0a7e.jpg



線路はライン川に近づいていきます。ライン川はますます川幅を広げます。この辺りからは、ライン川はウンター湖(Untersee)と一体化していくようです。


jDgE9GefOlc223.jpg



もう、ここはライン川というよりはウンター湖です。広々とした湖面です。


uFCdJnbKUq3296.jpg



やがて、電車はベルリンゲン(Berlingen)駅に停車。シュタイン・アム・ラインまで半分ほど来ました。


e0InWxU5iSf7ff.jpg



ベルリンゲンを出ると、車窓にウンター湖が広がっています。この辺りがウンター湖の端っこです。左手の方はライン川に続きます。


I2dhVidtaob601.jpg



すぐに次の駅、シュテックボルン(Steckborn)に停車。オレンジ色の屋根の駅舎がかわいいですね。


S4hWul3yfD8305.jpg



シュテックボルンを出ると、ライン川が見えます。川の両岸の緑が美しいです。


VaIStOVPge1416.jpg



次の駅、マンメルン(Mammern)に到着。犬を連れた人が電車を待っています。長閑です。次はシュタイン・アム・ラインです。


G6kljeSH_gefdf.jpg



マンメルンを出ると、ライン川沿いにワイン畑が続きます。


SEZCWnNqI20efd.jpg



その先は野菜畑に変わります。背後に見えるライン川は美しいです。


2ReWU071B9de49.jpg



その先はまたワイン畑。ボーデン湖から、この辺りはワインの一大産地です。


5Plx70a3dHefcb.jpg



シュタイン・アム・ラインに到着し、急いで降車。まずは駅前に出ます。


Vndw5PNLhs95a6.jpg



駅はシュタイン・アム・ラインの旧市街とは離れているようで、どの道を歩けばいいのかよく分かりません。駅前に街の地図の看板があり、助かりました。この地図を見て大筋の見当を付け、ライン川の方に向かって歩きます。


WwlSGkNBK843fb.jpg



駅の近くは新しい住宅地です。一目散に街の中心に向かいましょう。


a_tRaxyi_N1a9c.jpg



大きな通りのロータリーにぶつかりました。ここを右に曲がればいい筈です。


SKTLVq_lhK0074.jpg



遠くの丘の上にお城が見えます。ホーエンクリンゲン城Burg Hohenklingenでしょうか。


53UtSYl0FS00d7.jpg



大通りを少し歩いて、左に折れて歩きます。道の先に教会の尖塔が見えてきました。あれがシュタイン・アム・ラインの旧市街でしょう。


yEHRjYV7ksdd86.jpg



通りには、木組み風のホテルがあります。Hotel Schwanenという名前ですから、白鳥亭といったところでしょうか。


7Ef887kSqR847e.jpg



もうすぐライン川にぶつかり、シュタイン・アム・ラインの旧市街に着きそうです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR