FC2ブログ
 
  

ラインの旅:スイス編~シュタイン・アム・ラインからライン川のほとりの街、シャフハウゼンへ

2013年4月15日月曜日@スイス・チューリッヒ~ボーデン湖~ラインの滝/9回目

美しいシュタイン・アム・ラインの街を駆け足で見て、急いで、駅に戻ります。何といっても、たった30分だけの滞在です。慌ただしいこと、この上なしですが、それだけの価値はありました。
また、ライン川に架かる橋を渡ります。


oTlotG7OUS2c59.jpg



ライン川の対岸の岸辺には、旧市街と同じような綺麗な建物が並んでいます。


9epfpW8xqGf251.jpg



帰りは橋の上流沿いを歩きます。上流もこんなに綺麗です。この先にボーデン湖があります。


XArQiQyg7k72fe.jpg



もう一度、振り向いて、旧市街のほうを眺めます。美しい街でした。


MNIEDip0Mpe73f.jpg



ほぼ、橋を渡りきるところで、最後にライン川を一瞥します。ライン川の眺めの中でも、最も美しいもののひとつです。


DHP5Eccq2I6b14.jpg



駅に戻る途中で見つけたお店で、フライドポテトとソーセージのテイクアウトをお願いします。今日は忙しくて、まだ、お昼ごはんを食べていませんでした。


nkVOLEntrue3c6.jpg



田舎ののんびりしたお店で、客の注文を聞いてから作るようで、時間はあるかと聞かれ、5分しかないと答えると、任せろ!という感じで、手際良く作ってくれました。気のいいおじさんです。


9px0ZAEyXA3e65.jpg



なお、このシュタイン・アム・ラインの街はライン川のドイツ領側に張り出していますが、れっきとしたスイスの街で、有効な通貨はスイスフランです。とても通貨がややこしい!勘弁してよ~。
ダッシュで電車に飛び乗り、さっそく美味しく頂きます。熱々で美味しいです。


wGu0jVjCv0f070.jpg



シュタイン・アム・ラインからシャフハウゼンまでSバーンのルートを確認しておきましょう。(青色の矢印)


2013110701.jpg



シャフハウゼン行きのSバーンの電車は各駅停車ですから、次々と5分間隔で駅に停車していきます。これはディースゼンホーフェン(Diessenhofen)です。


MswTdvrVES6e82.jpg



次はザンクト・カタリーネンタール(St.Katharinental)。


qw4BOXRMMne527.jpg



鉄道はずっと、ライン川を離れて、走っていましたが、また、ライン川が見えてきました。ここからは川沿いを走るようです。


ofW2ITlBX3a9fe.jpg



次はラングヴィーゼン(Langwiesen)。


YfM2Q_wvW434d5.jpg



電車は美しいラインの岸辺を走ります。


_hjJOIu6k49e76.jpg



ライン川の南斜面の丘には、ワイン畑。


W3TRxjWiIS6d78.jpg



住宅地の中を走ります。綺麗な家々が立ち並んでいます。庭も広々として、緑が豊かです。ちょっぴり、羨ましい。


19rbLVEEtO45a1.jpg



次はフォイアーターレン(Feuerthalen)。


t_1YNmyJk1db4a.jpg



フォイアーターレンを出ると、すぐにライン川を渡り、シャフハウゼン(Schaffhausen)に到着です。


pMgy6FZUOWb344.jpg



最初の予定では、ここでゆっくりするつもりでしたが、シュタイン・アム・ラインに立ち寄ったので、ここでもわずか30分しか滞在時間はありません。30分後に戻ってくる覚悟でホームから急いで出ます。


GWULJR1rt043be.jpg



この街も不案内なので、また、駅にある街の地図をよく見ておきます。


xQzP1bbjMcdb15.jpg



駅前に出ると、立派な石の塔、オーバー門が見えますが、立ち寄っている暇はありません。


V4JeStVL_q8282.jpg



ともかく、このシャフハウゼンでもライン川を見ておきましょう。ライン川がテーマの旅ですからね。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR