FC2ブログ
 
  

ラインの旅:スイス編~ピカソ展@バーゼル市立美術館も見終わり、《風の花嫁》に告別

2013年4月16日火曜日@スイス・チューリッヒ~ヴィンタートゥール~バーゼル/9回目

バーゼル市立美術館で開催中のピカソ展を見てみます。膨大なピカソの作品が展示されています。それも優れた作品ばかりです。ここでは、このバーゼル市立美術館の所蔵作品だけをご紹介します。いつもは常設展示している作品です。

《アフィショナード:熱狂(The Aficionado(The Torredo))》です。1912年、ピカソ、31歳の作品です。これは素晴らしい絵です。ブラックの同系統の絵画とも似ていますが、シャープに感じます。


XCcIVeJXvY5215.jpg



《二人の兄弟(The Two Brothers)》です。1906年、ピカソ、25歳の作品です。スペインの山村ゴソルで描かれました。いわゆる「薔薇色の時代」の作品です。


LfLpI8w8no4a0f.jpg



《テーブルの上のパンと果物の皿(Bread and Fruit Dish on a Table)》です。1908年~1909年、ピカソ、28歳頃の作品です。セザンヌの静物画も多視点の技法で描かれましたが、さらにそれをキュービズムに発展させていく過程の静物画に思えます。


Uzl7l_u7XWf738.jpg



《座るアルルカン:画家サルバドーの肖像(Seated Harlequin)》です。1923年、ピカソ、42歳の作品です。ピカソはたびたび作風を変えていますが、この作品は1910年代後半から古典的表現に回帰した際のものです。アルルカンはイタリア喜劇の道化役ですが、ピカソも初期によく取り上げた題材でした。そして、ロシア・バレエ団(ディアギレフが主宰した団体で、ストラヴィンスキーの音楽でも知られています)の装飾を手がけてから(1919年の《三角帽子》や1920年の《プルチネルラ》が有名です)、ふたたび、このアルルカンの題材を多く取り上げるようになりました。初期のアルルカンはかげりを帯びていましたが、この時代は客観的な表現で描かれています。


oy3DvTZjM2dc19.jpg



《セーヌ川河畔の女性たち:クールベにちなんで(Women on the Banks of the Seine(After Courbet))》です。1950年、ピカソ、69歳の作品です。ピカソは滞在していた南仏のヴァロリスでクールベの《セーヌ川河畔の女性たち(Women on the Banks of the Seine)》(1856年の作品)の複製画を見ます。この絵にインスピレーションを得て描いたのがこの作品です。構図はクールベの写実的な絵とまったく同じで、それをキュービズムで書き換えた腕前には驚嘆します。クールベの原画はここをクリックしてください。


0WfytnNoCfd1f2.jpg



これでピカソ展も見終わり、バーゼル市立美術館の鑑賞は完了。
とりわけ、ホルバインのコレクションは充実し、《死せるキリスト》の迫力、そして、ベックリンのコレクション中、《死の島》は白眉です。ピカソのコレクションも素晴らしく、さらに開催中のピカソ展で、この美術館のコレクション以外の名画の数々も見られました。この美術館にいると、時を忘れてしまい、夜のオペラに備えるお昼寝は時間的に無理になってしまいました。しかし、それも後悔はありません。最後にもういちど、じっくりとココシュカの《風の花嫁》を鑑賞し直し、後ろ髪を引かれる思いで美術館を後にしました。最愛の恋人と別れるような寂しさです。


xCEjXzgnZUf9d6.jpg



美術館の横にはライン川が流れています。ライン川の旅の付録として、バーゼルの立派で美しいライン川を見ていきましょう。
ヴェットシュタイン橋Wettsteinbrückeの上からのライン川の眺めです。


_rPaH1zUnBc459.jpg



川の左側の岸辺には、バーゼルの大聖堂Basler Münsterの尖塔も見えています。


AjhcLowy1M1d5b.jpg



前回の旅で乗ったライン川の渡しの小舟も、未だ健在で動いています。これで本当にライン川に別れを告げました。

この小散策を地図で確認しておきましょう。


2013120201.jpg



トラムに乗ってバーゼル駅に戻ります。この駅にもスーパーがあります。美味しそうなシュパーゲルも置いてあります。


SsbUIsCxJB599f.jpg



夕食用に暖かいお惣菜を用意しましょう。オペラ鑑賞後のワインのおつまみも調達です。
駅前のホテルに戻ります。駅前のホテルは便利です。


pIgyqgY3gA659d.jpg


ホテルで、軽く腹ごしらえをします。


DZibF9BIId76fe.jpg



これはオペラ鑑賞後のワインのおつまみです。


W6viRFQiypedd6.jpg



正装に着替えてバーゼル歌劇場に向かいます。トラムに乗って、すぐに到着。
トラムの6番か8番でBasel Theaterの停留所まで行きます。ルートを確認しておきましょう。


2013120202.jpg



バーゼル歌劇場は現代的な建物です。


halg_kzPgj82c5.jpg



歌劇場の入り口は広い階段を上ったところです。


g03DKxOUPr24dd.jpg



入り口の正面に出ました。電光掲示板には、今日の公演《イドメネオ》が大きく表示されています。


zVQTpSsMSEfa86.jpg



これが建物の内部です。内部も現代的な空間になっています。


zqWesm0jAY2c75.jpg



モーツァルトのオペラ《イドメネオ》を堪能しました。その詳細はここです。

ホテルに戻り、気持ちよく聴けたオペラの余韻に浸りながらワインを楽しみました。

明日はウィーンに移動します。観光モードは今日でおしまい。明日からは音楽三昧の日々が続きます。


次回を読む:14日目:バーゼル~チューリッヒ~ウィーン

前回を読む:12日目-2:シュタイン・アム・ライン~ラインの滝




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

リンク
Comment Balloon

私のツイッターにコメントを入れてくれた方がこのブログをツイートされていたのでお邪魔しました。バレンボイムーブロムシュテットと2日間ご一緒だったようですね。今日は

08/19 02:45 CHIHIRO WADA

steppkeさん、saraiです。
明日は3公演です。クルレンツィスも聴きます。深くは訊かないでください。禁断の果実に手を出しました。これを聴かずして、今回の旅は成り立ちま

08/15 10:14 sarai

sarai さん、ご無沙汰しています。
いよいよザルツブルクとバイロイトの旅が始まりましたね。
本日3公演ということは、Currentzis のチケットも取れたのですね?
音楽祭の

08/15 08:49 Steppke

saraiさま、
極暑です、ドイツもオーストリアも暑いようですね。
わぁ、いよいよご出陣ですね!!!
気をつけて行ってください!
用意万端ですか?ブログ、楽しみにしてい

08/02 05:09 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。

バイロイトが目標通り取れただけでも満足です。ザルツブルクのクルレンツィスはどうやら難しそうです。同日公演のサロメでも狙いますかね

07/10 01:43 sarai

sarai様、
お久しぶりです!
お元気そうですね。
バイロイト、チケットがとれて良かったですんね!
あとはザルツブルクですね!
最後の手段は、Suche Karteですか?
あんな

07/08 22:15 えりちゃ

予習の稿を追加しました。

06/24 03:58 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR