FC2ブログ
 
  

旅はオランダから~早朝のフランクフルト散策

2013年4月4日木曜日@東京~フランクフルト~アムステルダム/2回目

早朝のフランクフルト中央駅Frankfurt Hauptbahnhofに着き、駅前に出ると、重厚な建物が並び、その向こうには高層ビル群が見えています。この高層ビル群はマイン河畔のフランクフルトにあるために、マンハッタンならぬマインハッタンと呼ばれているそうです。


6u_pe7iokC8a72.jpg



振り返って中央駅を見ると、現在工事中です。写真で建物のように見えているのは、垂れ幕に描かれた絵(写真?)です。最近のヨーロッパでの工事中の歴史的建造物は、ご親切にも、このようにして建物の様子が分かるようにしてくれています。それにしても、ドイツはどの都市も工事中の建物が多いですね。ドイツの経済力があるということなんでしょうか。


QakdQeESuL0210.jpg



中央駅からまっすぐに伸びるカイザー通りKaiserstraßeを歩き始めますが、寒い! 気温は3度のようです。通りには市場も立っており、野菜や肉、魚、花など、多彩なものが朝の寒空に並んでいます。


0gBoyxIGSae416.jpg



交差点の道案内の表示板を見ると、今日の第1目的のシュテーデル美術館Städel Museumへ行くには、右折して1000メートルと書いてあります。しかし、美術館が開館するのは10時です。まだまだ早過ぎるので、このまま真っ直ぐ旧市街に向かって、街を散策しましょう。


byzIlKDYJf1307.jpg



配偶者は青空市場の花屋さんをのぞいています。何も変わった花はないそうです。


sQ0g_FMid3f2eb.jpg



しばらく歩くと左手に巨大な超高層ビルがあります。古風な建物の間ににょっきりと立っており、凄い存在感です。(この後の写真は、撮影モードのセットを誤りポスター風になってしまいました(苦笑)。見苦しくて申し訳けありません。)。


SWLlweMQC491a7.jpg



ちょっと近くに寄ってみましょう。いやはや凄いビルです。


KTQZjDx02A036a.jpg



どこのビルでしょう。ビルの前の表示を見ると、DB(ドイツ国鉄)の関連企業がはいっているビルのようです。


Cv07sgUlZuafb9.jpg



後で調べてみると、このビルは高さ166メートルで1990年まではドイツ1番ののっぽビルだったようで、シルバートゥルムSilberturm(銀の塔)という名の旧ドレスナー銀行本社ビルでした。なお、ドレスナー銀行は2008年にコメルツ銀行に吸収合併されて、消滅しました。どこの国も金融統合が進んでいますね。コメルツ銀行本社ビルはもっと高層のビルだそうで、このビルは不要になり売却されたそうです。

次に、欧州中央銀行European Central Bank(EUの金融の大元締め)の高層ビルが正面にどーんと見えてきました。ユーロタワーです。


ZINWlHLyVV97bb.jpg



ビルの手前にある大きなユーロマークが面白いですね。あれっ、後で気が付きましたが、ユーロタワーの左手奥に、上にアンテナの付いているコメルツ銀行タワーも見えていますね。先ほどのドレスナー銀行を吸収合併したコメルツ銀行の本店ビルです。一時期、ヨーロッパ1の高さを誇った高層ビルです。


CAFl1eT_f3c615.jpg



なお、欧州中央銀行の新本店ビルはフランクフルトの別の場所に建設中で来年2014年にはユーロタワーから移転予定です。

ユーロタワーの前には、フランクフルト歌劇場があります。


iDGJmpgFby5709.jpg



ポスターを見ると、なかなかよさそうな公演をやっているようです。これからは要チェックですね。


nUa1hE8_CB4673.jpg



この先には大きな工事現場。本当に工事が多いです。


VB2hRGvBrm7ff6.jpg



しばらく歩くと、旧市街の中心のレーマー広場Römerbergが見えてきました。


6YWY10Ypww310c.jpg



レーマー広場に着きました。ここは観光の中心地ですが、閑散として、まだ清掃作業中です。早朝で寒い朝ですから、まだ観光客が来ていないようですね。人込みを気にせずに、いくらでも写真が撮れます。


ITMMQThy3n8b60.jpg



広場の中央には、正義の女神ユスティシアの噴水Gerechtigkeitsbrunnenがあります。通常は撮れそうもない、人っ気のない写真が撮れました。


WvCQqSeZGg2c49.jpg



広場の西側の建物は旧市庁舎で、中央の建物はレーマーRömerと呼ばれています。このレーマーの2階にある皇帝の広間カイザーザールで、神聖ローマ帝国新皇帝の戴冠式後の祝宴が開かれていたそうです。


H90UME0H876a01.jpg



では、その神聖ローマ帝国新皇帝の戴冠式が行われていた大聖堂も見ておきましょう。

駅からレーマー広場への散策ルートを地図で確認しておきましょう。


2013043001.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR