FC2ブログ
 
  

旅はオランダから~シュテーデル美術館のコンテンポラリー・アート

2013年4月4日木曜日@東京~フランクフルト~アムステルダム/8回目

引き続き、シュテーデル美術館の収蔵作品の鑑賞です。コンテンポラリー・アートの作品をざっと見ます。
この美術館の外側は古めかしい建物ですが、2011年に大改修を行い、展示空間が広くなったそうです。コンテンポラリー・アートは新しく増床された地下部分に展示されています。コンテンポラリー・アートにふさわしいモダンな空間になっています。


LWbuCvT7Vxa5f7.jpg



膨大な作品が展示されていて、ゆっくりと見て回る余裕はないので、目に止まった作品をランダムにピックアップしていきます。

ジャン・アルプ(ドイツ名ハンス・アルプ)の彫像です。アルプの彫像は今まで、ちゃんと見た記憶がありませんが、彫像も彼の絵画と同じスタイルで、ユーモアをたたえた明るさが妙な魅力を発散しています。


t4s89txPLL36fe.jpg



すぐそばに、パブロ・ピカソの『クラウチング・ウーマン』があります。ピカソでは、よくある構図の作品ですが、モノトーンに近い抑えた色彩が美しいですね。


UJU5vAhyjcff05.jpg



ジャン・デュビュッフェの『タピエ公』です。タピエ公というのは、デュビュッフェなどの新しい絵画グループを支えたフランスの評論家のミシェル・タピエのことではないかと思います。タピエに敬意を捧げた1枚ですね。デュビュッフェの個性がよく表れた作品です。


65nNp7NG3Vd19e.jpg



アルベルト・ジャコメッティの『婦人、壊れた肩』です。典型的なスタイルの彫像ですね。


CJAh5JCrxBb11a.jpg



次もアルベルト・ジャコメッティの『大きな座っている裸婦』です。あまり見ることのない彼の絵画作品です。日本人の矢内原をモデルにした作品を思わせる構図・スタイルですね。ぎりぎりまで切り詰めた禁欲的な芸術。音楽のミニマル・ミュージックを連想してしまいます。


0MTsuLTRsFa61a.jpg



キルヒナーがないなと思っていたら、こんなところにありました。
エルンスト・ルートヴィッヒ・キルヒナーの『盥(たらい)周りの二人の女 (Zwei Frauen am Waschbecken)』です。キルヒナーもナチスに《頽廃芸術》の烙印を押された一人です。彼はそのショックから立ち直ることができず、ピストル自殺を遂げます。悲しい歴史です。
この作品は色彩的にはキルヒナーらしい作品ですが、実にシンプルに描かれたモダンな作風に強い感銘を受けます。先進的な画家であったことを再認識させられました。


cGm9RGKA1o6f18.jpg



アンディ・ウォーホルの『ゲーテ』です。色んな色の組み合わせの作品があります。この作品がここにあるのは、ここフランクフルトがゲーテの生地で、この作品のもととなった有名なゲーテの肖像画はシュテーデル美術館の所蔵だからでしょう。


Epk3MlWVcYfb87.jpg



実際、アンディ・ウォーホルがここに来館して、ヨハン・ハインリヒ・ヴィルヘルム・ティシュバインの描いた『ローマのカンパーニャにおけるゲーテ (Goethe in der romischen Campagna)』の前で撮った写真が展示されていました。


cagjc_EF5zd8e6.jpg



このあたりで、シュテーデル美術館の作品鑑賞を切り上げ、アンディ・ウォーホルも敬意を表したゲーテの生家を訪問してみましょう。
美術館を出ると、なんと暖かそうな陽射しが・・・どんどん気温が上がりそうな気配です。いいですねえ。美術館の前のシュウマンカイの通りはドイツには珍しく、プラタナスの並木が綺麗です。


m89V2JZ4Ti49b7.jpg



次は向かうゲーテハウスへは地下鉄に乗って移動しましょう。マイン川越しには晴天のもと、マインハッタンの高層ビル群が見えています。


RkKV6yEQcJ7735.jpg



地下鉄の駅がどうしても見つからず、結局、美術館前のバス停から、バスで駅に戻ることにしました。やがて、46番のバスがやってきました。


KDkd8uXRSx9c4e.jpg



また、バスの車窓から、街並みを眺めているうちにフランクフルト中央駅の駅前バスターミナルに到着。


O3TgOZvZiO59fe.jpg



駅前から、今日、3度目の出発です。今度はお昼ですが、まだまだ、空気が寒いままです。


Biiaulc8ci7e4b.jpg



今度は徒歩はやめて、トラムで行くことにします。11番のトラムに乗ります。


bqPIUmyIDp4fa6.jpg



トラムの車内は結構、混み合っていますが、何とか座れました。それなりに疲れています。


kp66uI2Bi_81f5.jpg



レーマー広場前の停留所でトラムを下ります。

シュテーデル美術館から中央駅経由でレーマー広場までの移動を地図で確認しておきましょう。


2013050701.jpg



レーマー広場前へも今日は2度目です。パウルス教会の前の広場には、朝は並んでいなかったテーブルが置かれ、オープンテラスのカフェになっています。好天ですからね。寒いけど・・・


ppGlce1Yytfde5.jpg



朝は閑散としていましたが、さすがに観光の中心地です。人で賑わうようになってきました。


kfyBX1h3El1588.jpg



ここからはゲーテハウスはすぐです。前回のフランクフルト訪問時もこのあたりを散策したので、迷わずに行けそうです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR