fc2ブログ
 
  

旅はオランダから~デン・ハーグ市立美術館の珠玉のモンドリアン・コレクション・・・抽象の純化

2013年4月6日土曜日@アムステルダム~デン・ハーグ~デルフト/5回目

いよいよ、抽象絵画の世界を極めたモンドリアンが次々と傑作を量産します。

《コンポジションNo.Ⅳ》です。1914年、42歳の作品です。もはや、このスタイルに到達したモンドリアンはどんな風景もこのように再構成することになります。これが彼にとってのリアリズムなのでしょう。抽象、極めたりの感があります。


O4MAg0GMcsf766.jpg



《面色3のコンポジションNo.3》です。1917年、45歳の作品です。この作品では黒い線が取り除かれ、色彩ブロックのみで構成されています。初めての試みです。ただ、黒い線がないと、モンドリアンっぽくありませんね。


gqDD4u808D84da.jpg



《格子のコンポジション3:菱形のコンポジション》です。1918年、46歳の作品です。これは一体、絵画と呼べるのでしょうか。文様をデザインしただけのようにも思えます。抽象絵画もここまでくると、鑑賞が困難になります。


aeuuTiiwbT6d7d.jpg



《格子のコンポジション8:暗色のチェッカー盤》です。1919年、47歳の作品です。題名通りならば、チェッカー盤ですが、これはパリの街の色だそうです。色彩配置は偶然に任せているそうです。現代絵画では今は当たり前になっている偶然性の絵画の先駆的な作品です。


rP22JzrMaC8256.jpg



《赤、黄、黒、青、灰色のコンポジション》です。1921年、49歳の作品です。典型的なモンドリアンの絵画です。こういう絵を見ると、何となく、落ち着きます。見慣れてしまったんですね。


qCISfz8Hj5a23e.jpg



《赤、黒、黄、青、灰色のコンポジション》です。1921年、49歳の作品です。上の作品よりももっと、モンドリアンの典型パターンの絵画です。なかなか、いいですね。


eWsZxC1J3Q7077.jpg



《大きな赤の色面と黄、黒、灰色、青のコンポジション》です。1921年、49歳の作品です。これも典型的なモンドリアン作品ですが、黒い線が縁まで伸びていないとか、同じように見えるコンポジションも少しずつ、形を変えています。


azTW2YMCjJ2809.jpg



《4本の黄色の線のある菱形のコンポジション》です。1933年、61歳の作品です。モンドリアン特有の菱形の作品です。抽象化も純化していき、どんどん、シンプルになります。線も少なく、色も減ります。ミニマル・ペインティングっていう感じです。


0Db5_Bg07te7f3.jpg



《線と色のコンポジション:Ⅲ》です。1937年、65歳の作品です。モンドリアンのスタイルを踏襲しながら、色を最低限まで切り詰めて、純粋な抽象を感じさせる作品になっています。この作品を見ると、これで十分なフォルムと色彩を感じてしまうから、不思議です。モンドリアンが途轍もない境地に達したことが分かります。


IvnqUhm5sb9ebd.jpg



《ヴィクトリー・ブギウギ(未完成)》です。1942年~1944年、70~72歳の作品です。未完成のまま、遺作となりました。有名な《ロードウェイ・ブギウギ》を菱形にしたような作品ですが、未完成とは言え、彼の作品の集大成とも言える素晴らしい作品です。抽象絵画の最高の美を満喫できる作品です。この美術館のモンドリアン・コレクションの白眉と言っていい作品です。


jN_vXl24Se1418.jpg



思いがけず、市立美術館の素晴らしいモンドリアン・コレクションを堪能することができました。
デン・ハーグ市立美術館には、デルフト焼の作品など、色々と鑑賞できるものが豊富にあり、とても見尽くすことはできません。モンドリアン・コレクションを見たところで、鑑賞を切り上げることにしました。

次はデン・ハーグを辞して、デルフトに向かいます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR