fc2ブログ
 
  

旅はオランダから~デルフトの散策・・・フェルメールの足跡を尋ねて

2013年4月6日土曜日@アムステルダム~デン・ハーグ~デルフト/8回目

デルフトはフェルメールが一生を過ごした街ですが、彼の作品は1枚もここにはありません。作品の鑑賞はできませんが、その代わり、街を巡って、フェルメールの足跡を追いましょう。

フェルメールの情報を求めて、ツーリスト・インフォメーションを訪れます。ツーリスト・インフォメーションは、マルクト広場の1本外側の路地にあります。デルフトの地図をもらい、フェルメールが《デルフトの眺望》を描いた場所を教えてもらいます。地図の左下にチェックした場所です。かなり、街外れですね。


2013052402.jpg



このままツーリスト・インフォメーションを出ようとしましたが、あるパンフレットに気が付きました。《デルフトのフェルメール フェルメールの足跡》というパンフレットです。日本語版もあります。


xNFNej3rLve159.jpg



パンフレットの中身は、デルフトにあるフェルメールゆかりの場所を記した地図です。


mM4kLaB8Bkb764.jpg



まずはフェルメール・センターVermeer Centrum Delftを見てみましょう。マルクト広場のすぐ近くです。フェルメールもその会員だったデルフトの画家組合(聖ルカ・ギルド)があった場所に2007年にオープンしました。ファサードは残念ながら昔のものではなく、当時の建物を再現したものです。


1oTg7DTqTrf1f9.jpg



中に入って、びっくりです。単なるお土産物売り場です。よく見ると地下への階段があり、そこがフェルメールの展示をしているところでした。とりあえず、パンフレットをいただきます。


Ly4IhDMzI525f5.jpg



フェルメール・センターという名前は付けていますが、ここにはフェルメールの作品の本物はありません。その代わり、フェルメールの全作品の37枚のパネルを展示しています。今まで見てきた作品がずらっと並んでいます。


riqhIuZZB8124f.jpg



順番に見ていきます。これまでにフェルメールの作品は20枚以上は見てきました。今回の旅でも新たに2枚見ました。それらの作品以外に、まだ見ていない作品も興味深く鑑賞しました。ただ、あまりにも本物に比べて、かなり見劣りするパネルだったのが残念です。大塚国際美術館の陶画のような質の高いコピーを用意してもらいたいものです。


jAInz54w2Xd6d0.jpg



むしろ、映像展示のほうが面白かったです。これは《小路》を中心にコラージュしたものですね。


KDjsJ6jEkw18c4.jpg



これは作品をばらばらに組み合わせたものです。


oX_6YTkILb0dcb.jpg



まだまだ内容が不十分に感じましたが、おいおいと改善されていくのでしょう。
フェルメール・センターを出てマルクト広場に戻り、新教会に入ります。


bedXStz_2n5639.jpg



新教会Nieuwe Kerkはフェルメールが洗礼を受けた教会です。現在は教会としては機能していないのか、有料での入場になります。チケット代わりにパンフレットを渡されました。


zpd51sdyng9aaa.jpg



内部は天井から吊り下げられたシャンデリアが印象的です。


aa6Tki7PNT019c.jpg



ステンドグラスも美しい。


OBcKnUnRwJ537e.jpg



内陣も立派です。典型的なゴシック様式の教会です。


FKr8WBaAChd0a6.jpg



パイプオルガンも美しいですね。


DYUdjL7j7N8163.jpg



次は旧教会に向かいます。新教会のチケットで共通にみることができるそうです。新教会から旧教会への歩き方の地図もパンフレットに印刷されていました。マルクト広場を抜けて、運河沿いに歩きます。


TinHVRcqvq9485.jpg



運河を渡ると、そこが旧教会Oude Kerkです。


l1ONHkgxsQc16f.jpg



ちょっと入口が分かりづらかったのですが、人が出入りしているのを発見。


vDUzSRgJuG2eb6.jpg



これが旧教会のパンフレット(新教会と共通)です。


8T2TPPeT6td188.jpg



旧教会はフェルメールが埋葬され、フェルメール家のお墓があったそうです。
旧教会の内部です。白い壁と柱が美しいですね。


2013052403.jpg



ここにも立派なパイプオルガンがあります。


DIGpUJx5Km63db.jpg



ステンドグラスが素晴らしいですね。


2gOZIqyNyg5ee1.jpg



ところで、肝心のお墓ですが、今はもうフェルメール家の墓石はないそうです。記念碑だけが床に埋め込まれているそうですが、それは最近のものなのでパスして、この旧教会全体をフェルメールのお墓とみなして、天才画家へ黙祷を捧げました。

ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。


2013052401.jpg



これで閉館時間を気にする必要のあるところはすべて見たので、あとはゆっくりとフェルメールの足跡を尋ねて、デルフトの街を散策しましょう。最終目的地はもちろん、《デルフトの眺望》を描いたところです。今日、デン・ハーグでこの最高傑作を見たばかりで、感動が続いていますからね。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



この記事へのコメント

1, Vermeer FBページ管理人さん 2013/06/05 23:10
はじめまして。
saraiさまのデルフト散策レポート、
大変楽しく拝見させていただきました。
フェルメールファンの聖地デルフト、一度ゆっくり訪ねたいものです。

こちらのブログエントリーを、VermeerのFacebookページで、
リンクシェアさせていただきました。
もしよろしければ、お立ち寄りくださいませ。

何かありましたら、なんなりと、お気軽にコメントください。
Vermeer Facebookページ管理人

2, saraiさん 2013/06/06 09:22
Vermeer FBページ管理人さん、初めまして。saraiです。

お互い、フェルメールの絵画を愛するもの同士、今後とも、よろしく、お付き合いください。
関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR