FC2ブログ
 
  

旅はオランダから~デルフトを出て、ロッテルダムから高速列車FYRAでアムステルダムへ

2013年4月7日日曜日@デルフト~アムステルダム~ロッテルダム/2回目

デルフト駅から、ロッテルダム中央駅経由でアムステルダム中央駅まで向かいます。

デルフトからロッテルダムは15分ほどです。電車は順調に走り、途中でロッテルダム近くのSchiedamという街を通過。


4t10G43r9G376a.jpg



Schiedamを出ると、もうロッテルダムが近くなってきます。


gu57I3A2kKf5e7.jpg



ロッテルダム中央駅に着き、アムステルダム行の高速列車FYRAのプラットホームを探します。


0piaVuvCIGc70b.jpg



そのアムステルダム行の高速列車FYRAの乗り換えが分からず駅員さんに訊こうとしますが、電車が遅れているらしく、その情報を求めて駅員の周りに人が集まっています。


CccLBLULrk7a10.jpg



何とか発車時刻とホームの番号を訊き出して(駅員さんが携帯端末のようなもので検索して教えてくれました、感謝!)、そのプラットホームに行きます。ホームには、アムステルダムに向かう特急電車THALYSが停車中。


cC36GYi6wyc747.jpg



THALYSは全席指定の筈なので、多分、乗ることはできません。無情にも、THALYSは滑るようにホームを出ていきました。THALYSはカッコいいですね。いつか、乗ってみましょう。


N8pvbXhL6Dd413.jpg



saraiが乗る高速列車FYRAは、あと10分ほどで来るようです。


yu_CN34S516692.jpg



プラットホームには、待っている乗客が大勢います。結構、混み合いそうですね。


7BRARoEWMZed6d.jpg



高速列車FYRAは、発車時刻の5分以上も前にホームに入ってきました。先ほどの特急電車THALYSほどカッコよくないので、ちょっとがっかり。


CVga19EgJXee1e.jpg



でも、車体には大きな赤いデザイン文字でFYRAと描かれていて、なかなかの見栄え。見直しました。


iecY9TN63n33d1.jpg



車内に乗り込むと、ファーストクラスはゆったりした座席で、それほど混み合っていません。オランダらしく、シートが大きいのに感心。これなら、でっかいオランダ人が座っても余裕でしょう。


mrwRUNmBr5e976.jpg



配偶者と並び席を確保して、一安心。車窓からは新装なったロッテルダム中央駅の美しいガラス天井が見えます。レイネさんのお話によると、1年前に完成したばかりの駅舎だそうです。ホームも同時期なんでしょう。


eFAaBBHUVK24d0.jpg



電車がロッテルダムを出ると、なんだか雲行きが怪しくなってきました。その雲の下はどこまでもフラットなオランダの国土です。


sBmDk7tx5i1504.jpg



しばらくすると、空が明るくなってきました。青空です。その青空の下、広大な温室栽培の農園です。ところどころで水蒸気が上がっているのは、暖房しているようです。この国もコストをかけた農業をやっているんですね。


JLjYHQfM81ac4c.jpg



いかにもオランダらしい風景が見えてきました。どこまでも続く1本道。並木が綺麗です。


XrS68AZZfH2bf7.jpg



車窓に目を奪われているうちにスキポールの駅に到着。ここからはアムステルダムも近いはずです。


P_oVEya28i56d6.jpg



スキポールを出て少しすると、ビルが目立ち始めます。アムステルダムが近づいたようです。


AStxDqznHR8642.jpg



アムステルダムに到着。配偶者は早起きの疲れからぐっすり眠っているうちにアムステルダムに到着です。結局、ロッテルダムから40分ほどで、さほどの遅れはありませんでした。


1KqRmW4gKv7c99.jpg



電車が遅れるかも知れないと思い当初の予定よりも早く出発したのですが、それほど遅れずに到着したのでまだまだ時間に余裕があります。シンゲルの花市場に寄って行きましょう。
駅前からトラムに乗ります。アムステルダム中央駅は堂々たる構えですね。


IoEGZtcHQO9527.jpg





↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR