FC2ブログ
 
  

旅はオランダから~ロッテルダム、ユーロマストから望む新マース川(ライン川河口)の絶景

2013年4月7日日曜日@デルフト~アムステルダム~ロッテルダム/5回目

ロッテルダム中央駅の駅前から8番のトラムに乗ります。向かうはユーロマストEuromast。折角ですから、綺麗な車両の先頭に陣取って、街の景色を楽しみましょう。


oixOXgoAxV830a.jpg



変わったビルを発見。モンドリアン風ですが、特に上部の歪みは・・・絶句です。これこそ、キュビズムではないでしょうか?


pBXFZQEmhM63a8.jpg



一方、古風なオランダ風の建物も並んでいます。


hyhQ6zs_yAe1dd.jpg



ロッテルダムは第2次世界大戦の爆撃で徹底的に破壊され、その復興の過程で、古い家並みを再建した地区と現代的なビルが混在する稀有な街になったそうです。戦後の復興も色々なパターンがあるものですね。いずれにせよ、戦争の傷跡はヨーロッパの各地に確実に残っています。

やがて、トラムは停留所Euromastに到着。ここから、ヘト公園Het Parkの中を散策しながら、ユーロマストEuromastに向かいます。ユーロマストは大きく見えています。


snSJZ5k5pQ51a3.jpg



公園はパルクハーヴェンParkhavenという港に沿って、広がっています。ユーロマストもこの港近くに立っています。ぶらぶらと散策します。


SgKVOckSaPb751.jpg



段々とユーロマストに近づいていきますが、意外に遠いものです。


NZ3QZutxWY6b70.jpg



ユーロマストに到着。

駅からここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2013070101.jpg



まず、ユーロマストの入場チケットを購入します。すると、売り場のお姉さんに、展望レストランのテーブル予約はここでは受け付けていないので、展望レストランに行って訊いてみてねって言われました。それは了解しましたが、何でそんなことを念押しする必要があるのか、よく分かりません。展望レストランで食事するために入場チケットを買ったのに、展望レストランがいっぱいで入れなかったという苦情でも多いのでしょうか? ともあれ、チケットを購入。


oLHqdgRyQabcb2.jpg



エレベーターで100mの中間点まで上り、ここから新マース川を眺めます。夕日を浴びて、河口のほうは水面が輝いています。


6k0GTHUYxZ7b83.jpg



上流は街を貫いて、その先はライン川につながっているのでしょう。


a07iQBdGLk6189.jpg



眼下の公園を見下ろすと、緑の上にユーロマストの黒い影がくっきりと刻み付けられていて、綺麗です。


PY_LDqmgZl7009.jpg



この中間点から上は、ユーロスコープと呼ばれる回転展望エレベーターで最上部まで上がります。ガラス張りの窓のまわりの椅子に腰かけて、展望を楽しみながらゆったりとします。


lG74YWtqOA8236.jpg



座っているだけで、景色がどんどん変わっていきます。360度のパノラマで、しかも少しずつ高度を上げた景色になっていきます。面白いですね。これは街の中心方向です。右上の黒っぽいビルはロッテルダム中央駅付近です。


8urGCV9Q7wbbbe.jpg



新マース川対岸にある港には大型船が停泊しています。


at1mhHytvT49e3.jpg



新マース川の水面はますます輝きを増していきます。


H72jw6glBNf4d2.jpg



街の中心方向(ロッテルダム中央駅方向)の景色もますます見下ろす感じに変わってきました。


M1AE1MkEurb982.jpg



ユーロマストの下の公園や川もずい分、上から見下ろす感じです。もう、ユーロマストの尖端に近くなってきました。


KbwF3cAEgw77d7.jpg



これはユーロマスト前の港と新マース川です。川には船が航行しています。


X0BGZGXgAD56c5.jpg



公園の間の低い部分には、大きな道路が抜けていて、立体交差が綺麗です。


dBmU6FjzW_3c23.jpg



新マース川をひっきりなしに往来する船舶を見ているのも楽しいですね。


8xC0XQtLcj3410.jpg



新マース川(ライン川の支流ですから、実質ライン川)は直下に見え、ずっと河口のほうまで見渡せます。残念ながら、海までは見通すことはできません。それでもライン川の河口付近を見たということで、ライン川の旅の始まりということにしておきましょう。


g6sH18vujgf709.jpg



やがて、展望エレベータは、元の中間点近くまで下りてきました。それでも、これくらいの眺望です。


p95ENYFXhZ6961.jpg



展望エレベータを出て、中間点にある展望レストランの様子をみてみます。できたら、ここからの眺望を楽しみながらのディナーといきたいところです。果たして、予約なしで、テーブルを確保できるでしょうか。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR